リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


今年のドラフトも巨人が楽して良い選手を獲るのだろうなぁ~

もうすぐプロ野球ドラフト会議がありますが、逆指名制度の無い今のドラフトが公平かと言えば、首を傾げたくなります。

昨年、巨人にドラフト1位で入団した新人の沢村投手は、巨人の単独指名で簡単にゲットしました。
他の球団が指名しなかったので、凄い投手では無いのかと思っていたら、新人らしからぬ快投で、ほぼ新人賞を獲得しそうな感じです。

負け数が多いように思えますが、不運な負けが多く、防御率はもう少しで1点代になりそうで、投球回数から考えると内海投手に匹敵するぐらいの活躍でした。

それに、新人なのに日本テレビの中堅女子アナウンサーと早々と結婚するらしく、交際は大学4年生の頃から続いており、その時から巨人に入団が当確していたのではと疑ってしまいます。

元木や高橋同様に、日本テレビ女子アナと巨人のスター選手の結婚は、繋がりの深さを感じてしまうのは私だけでしょうか?

まぁ、フジテレビの女子アナがヤクルトの選手と結婚した例もありますが、やはりオーナーである読売グループの関係上、職場結婚という感覚かもしれないです。

話が反れましたが、2年目の長野も遠回りをしましたが、巨人に入り、2年目で首位打者を獲得しそうで、逆指名制度からずっと、ドラフトの有力選手は必ずといって巨人に入団するのです。

昔のドラフトでは、江川のように留年してでも憧れの巨人に入るということはありましたが、今のように苦労せず有力選手をゲットし続ける巨人を中心としたドラフト制度は本当にフェアーなのか、疑ってしまうのです。

やはり巨人あっての日本の野球界の図式は変わっていないのでしょうね!
今度のドラフトでも原監督の甥っ子である菅野智之投手(東海大)を指名するのは、予想では巨人だけです。
菅野投手がどれほどの選手か知らないですけど、MAX157キロを投げるアマチュア投手は他の球団も欲しいはずです。

何かの力が働いているのか、他の球団が巨人に遠慮しているのか、分かりませんが、茶番劇のようなドラフトにはウンザリしてしまいます。

私が応援する阪神は岡田内野手以来、何故かドラフトでは目玉選手を獲る事が出来ないので、単なるくじ運だけではないように思えるドラフトなのです。

それにしても優勝した中日には観客が増えず、弱い阪神には客が多く入るのは不思議ですね。
阪神ファンである私ですが、阪神ファンは対東京という意識もあり、巨人を永遠のライバルと思っているようですが、巨人サイドはファンも含め、本音は中日がライバルと思っているように思えます。

昔は、巨人の引き立て役のような感じのライバルだった阪神でしたが、どう考えてもライバルと言えるほどの成績を残していないけど、中日は成績面でみると巨人と対等に戦っている感じがします。

テレビでは「巨人と阪神は永遠のライバル」と称えることもありますが、「巨人のライバルは中日だ」と言って欲しいですね。

阪神の心の支えである巨人のライバルという誇りに傷をつけて欲しいですね。
ハッキリ言って、阪神はファンに甘やかされているので、本当の悔しさを知らな過ぎます。

関西ではいつでもスポーツ紙の一面を飾り、ちょっと活躍すればスター扱いします。
同じ関西のオリックスで活躍している選手でも一面を飾ることは殆ど無いです。

負けても観客は減らないというのは、素晴らしい事かもしれませんが、本当の屈辱を知らないから、
ここという試合で勝てないのだと思うのです。

だから、ドラフトでも目玉選手を獲ってやろうという雰囲気が殆ど見られないです。
ドラフトで最初から無難な選手を選ぶ阪神と苦労もせず大型選手を獲得する巨人をみていると根本的なものが違うように思えます。

まぁ、144試合という長いペナントレースで優勝しても、リーグの半分が出れるクライマックスシリーズの期間に上手く調整し、勝ち抜けば日本シリーズに出れるので、日本のプロ野球は本末転倒な感じがします。

サッカーJリーグのように、地域主体で、最下位チーム(J1では3チーム)が下部リーグと入れ替わるという制度にすれば、もっと面白くなるだろうけど、現存の球団がそんなことをやるわけがないし、いつまでも巨人にすがり付いて行くプロ野球から抜け出せないのでしょうね!

統一球になり、飛ばなくなったと言うけれど、西武の中村選手は48本もホームランを打ちました。
確かに、甲子園ではホームランが出にくいですけど、東京ドームでは、本塁打数は減ったと言えども、「こんな当たりがホームランになるか!」という場面を見ます。

同じ広さで行わない野球において、長打の記録というものは、公平性が無いので、世界でメジャーになれないスポーツなのかもしれないです。

だから、巨人中心の日本プロ野球という図式が崩れるとプロ野球の衰退に繋がるのかもしれないです。
建前のドラフトなんて止めて、好きなところに入れるようにするればいいんじゃないかなぁ。
それか、アメリカのように下位チームから指名出来るようにすればいいではないでしょうか?

個人的に巨人に有力選手が入団出来る現状にはウンザリですね。
巨人に対する憧れもあるでしょうが、巨人の選手になるということは、後々のことにも有利になるので、仕方ない事かもしれないですが、ここから変えてゆかないと日本のプロ野球の未来は暗いものになってしまうでしょうね!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-10-23 14:53

傲慢が導いた日本の家電メーカーの衰退!

大手家電メーカーパナソニックは、テレビ事業の縮小を決めました。
世界でシェアを伸ばす韓国のサムソンやLGに押された事とプラズマテレビの不人気も加わり、縮小する事で
数千人の人員削減を余儀なくされました。

パナソニックと言えば、先ほど、中国の家電メーカーに白物家電分野のサンヨーブランドを売却する事を決めたところです。

日本の家電メーカーは、韓国だけでなく中国にも追いやられ、衰退してしまうのでしょうか?
そう言えば、日本の携帯電話メーカーでも日本は機能が多すぎて価格が高い為に、世界のシェアを獲ることが出来ないと聞きました。
(ガラパゴス現象とか言っていましたね!)

家電においても色々な機能が多いせいもあり価格が高く、それに加え、中国の人民元安、韓国のウォン安そして関税の有無もあって、携帯電話同様に、日本国内しか売れないという「内弁慶」状態に陥っているのだと思われます。

サムソンの社長が言う通り、日本の研究費にかける技術力の高さは水面下の競争力を増し、他の国に簡単に追いつけるものではないと思われますが、日本人自身が日本の技術力という宝をあまりにも過大評価し、技術力があれば、どこの国にも負けないという自負があったのだと思います。

高度成長期なら国内需要だけを考えていればいいが、現在のような不景気の低成長期だと、やはり、国外に向けて販売を広げなくては生き残れないことを予測できなかっただろうか?それとも、価格が高くても技術があれば、国内のやり方をそのまま世界でやればいいと思っていたのか不明だが、私は日本家電メーカーの奢りがあったように思えます。

昔は、家電品が故障しても修理する選択があったけれど、最近の家電品は、頻繁に新機種が現れ、その為、修理のための部品を蓄えることをあまりせず、修理するより買い換える方が得のように思わせ、修理見積もりも高く、出張費だけでもけっこうなお金を取ります。

デジタル完全移行も国民の意思も無視し、新しいものを買い換えさすやり方は、傲慢にも思えるのです。
すべてがデジタルに移り変わるのはいいが、完全品と言える物ではなく、不都合を次の新商品で解消するような、販売しながら進化させてゆくような感じです。

だから、消費者は短いサイクルで新たな商品を買わなくてはならず、リサイクルと言いながら、まだまだ使える商品を処分し、常に新たな商品を買わせるという事を推進させています。

そうりゃ、家電メーカーも商売だから、仕方ない気もしますが、消費者の気持ちなんて少しも考えていません。
メーカーへの問い合わせも、なかなか繋がらず、音声案内も複雑で、お年寄りなどこのようなシステムに慣れていない人は、ウンザリしていると思うのです。

聞くところによると日本の家電メーカーよりサムソンの方がアフターケアーが良いそうです。
日本政府の策略の怠りも当然ありますが、日本家電メーカーのあり方が、今の現状を現しているように私は思うのです。

現在の家電品は、半導体がしっかりしていれば、それ以外のものは、いかにコストダウンするかが、大きな過大で、みんなが必要としない機能ばかり追い続けるのではなく、デジタル製品音痴でも簡単に使える家電品も残しておいた方がいいと思います。

日本の家電メーカーは原点を見つめ直して、頑張ってもらいたいものです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-10-22 23:01

最近のテレビ番組は無駄に長すぎる!

10月に入り、番組編成期ということで、各局でスペシャル番組が放送されています。
以前は、スペシャルと言っても2時間枠だったのに、最近は3時間も4時間も延々とやっている枠が多く、
既存番組のスペシャル番組の他は、大家族ものや衝撃映像などVTR中心の企画が多いようです。

特に、映像をランキング方式で紹介する番組は、ほとんど観た事のある映像ばかりで、各局で映像を共有しているような感じがします。

特に、インターネットでの動画を流用しているものが多く、ハッキリ言って、長々と放送している割には、見所は少なく、放送局の企画力の無さと怠慢をすごく感じます。

以前は、ビデオテープが標準で2時間ということもあり、2時間以上の番組は、あまり無かったけれど、最近は、デジタルレコーダーが普及していることもあり、どんどん放送時間が長くなってきています。
レギュラー番組でも2時間に伸ばしたりしていて、これからは、2時間番組は標準になるのかもしれません。

今のテレビは空前のお笑いブームで、ドラマ、音楽番組、情報番組、バラエティ番組など殆どの番組で、お笑い芸人が登場しています。

意外と本人たちのネタを見せる番組は少なく、逆に一発ギャクがあれば、飽きるほど連発させるという内容が多すぎます。

兎に角、お笑い芸人を出しておけば、視聴率が獲れるという図式は、テレビをより一層画一的なものにし、喜んでテレビを観る人と、全く観ない人に2分化する原因のひとつになっていると私は思います。

後は、物言いの変わった文化人やオネエキャラのタレントが対応し、存在感が大きくなっています。
ただ、グラビアアイドル枠は、少し変貌しつつあるように思えます。

最近はグラビアアイドルの代わりに読者モデルを含めたモデル枠が多くなり、グラビアアイドルはその枠を奪われつつあると思うのです。
そのせいか分かりませんが、今年は人気グラビアアイドルたちが、申し合わせたかのように、結婚、婚約ラッシュで、30歳を間近に迎え、旬を過ぎたグラビアアイドルたちが、仕事より女性としての幸せを切に求めるようになったのかもしれません。

夏川純、ほしのあき、安めぐみ、小倉優子、熊田曜子、和希沙也など売れっ子だったグラビアアイドルが続々と結婚してゆくのは寂しい感じもしますが、ハーフのモデルタレントの勢いは凄いので、仕方ないことかも知れないですね。

それから、個人的にも大好きな動物を扱った番組ですが、面白映像の寄せ集めやタレントとの絡みを扱った番組は、取材にお金をかけず、番組でVTRを見ているだけのタレントのギャラに使われるという感じで、本末転倒になっていると思うのです。

純粋に、動物番組と言えるのは、NHKの「ダーウィンが来た」ぐらいですね。
志村どうぶつ園も観ていますが、原則録画をし、つまらない企画は早送りし、可愛さを強調したような変な擬音が耳障りなので、最近は音を消して観ています。
幸か不幸か、最近は、どうでもよい言動をテロップに貼り付けるので、音を消してもあまり支障がないですね。

テレビは、影響力がある大切なメディアですが、本当に伝えなければいけないことは伝えず、どうでもよいことを大げさに報じます。

東京電力の原発事故の報道においても、やはり真実は伝えず、長いものに巻かれる姿勢は、国民の為のメディアとは言えないですね。

国に守られている現存のテレビ局ですが、このような怠慢だらけの放送を続けていたら、どんどん衰退してゆくでしょうね。

噂では、日本テレビのアナウンサーの給料が激減しているせいで、退局するアナウンサーが増えているみたいなので、テレビ局の収益力には陰りが見えてきているのかも知れないです。

テレビ好きな私なので、何とか、初心に戻り、テレビ制作のあり方を真剣に考え直して欲しいです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-10-10 10:59

ベトナム戦は意義あるものにしなくては!

金曜日のキリンチャレンジカップサッカー「日本対ベトナム」は、11日に行われるブラジルワールドカップ3次予選の「日本対タジキスタン」が不安になる結果でしたが、私は、ベトナムと試合をして良かったと思うのです。

そして、予想通りベトナムに快勝していたら、自分たちのサッカーでワールドカップに出れると勘違いしてしまうところでした。

今の日本は一人の選手が局面を変えるという風なレベルではなく、誰が出ても意気込みと姿勢がしっかりしていなければ、3流のサッカーをしてしまうレベルだと思うのです。

去年は、香川もメッシのような存在になれるような気もしましたが、怪我の影響もあるのか、プレイにキレもなく、今の香川の状態なら、調子の良かった藤本を使った方がいいかもしれません。

どちらにせよ、日本代表でプレイする選手は何故か、Jリーグなどクラブチームでプレイする感じと変わってしまい、リスクをおかさないというか、自分で決めてやろうという責任感が全く感じられません。

シュートよりも決定的なアシストに対する気持ちが強く、シュートエリアの中で、シュートを優先させる気持ちは誰にも感じられないのです。

特に、フォワードの選手が、シュートを打たず、後ろにスルーさせるプレイを観ていると、代表を辞退した方がいいのではと思ってしまいます。

それに、何度も書いているのですが、トラップとサイドキックといった基本中の基本をもっと真剣に練習するべきだと思います。

強い相手を戦う時、激しいプレスの中で、確実なプレイがどれだけ出来るかが勝負の分かれ目になるので、
トリッキーなプレイは要らないから、基本的なプレイを磨き、少しでも速いパスと精度を上げて、常に三角形の形で、相手を崩すような、シンプルなプレイをやって欲しいです。

格下相手に、無様なサッカーをやったことは、ある意味、意義のある試合だったと思いますが、
終盤にハーフナー・マイクを投入しようとした時に、槙野が故障し、吉田に代えてしまったのには、疑問を感じました。

テストマッチで、1点を守りきろうとする戦略は、いくらイタリア出身の監督とは言え、それはアカンやろうと思ってしまいます。

出来れば、長友と酒井の両サイドバックからのセンターリングに長身のハーフナー・マイクがどれだけ機能するかを観てみたかったです。

まぁ、ホームでやる今度のタジキスタン戦は、勝つのは当たり前で、どれだけ多くの得点をとり、圧勝出来るかが問題だと思います。

3次予選で、一番条件の良い試合だけに、もしこの試合で、勝てないようなら、ワールドカップに出ない方がいいですね!

日本は、世界ランキングほどの実力は、まだついていないことを肝に銘じて、謙虚に試合に臨まなければ、同じことの繰り返しで、進歩はみられないでしょうね!

本当に頑張って一皮向けた代表を魅せて欲しいものです!!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-10-09 00:53