リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


「見せる」ではなく、「魅せる」プレイを!!

中日の落合監督の電撃退団は、どうやらお金の問題らしく、好成績を残す落合中日でしたが、守り抜くという方針を貫くせいなのか、分かりませんが、観客動員が減っているらしく、チームが好成績で観客が入らないのは、球団運営にとって最悪のケースで、年俸は上がるが、収益が上がらないというジレンマに陥ってしまうのです。

落合監督自身も高年俸なので、退団は必然だったのでしょうね。
このケースと間逆なのは、阪神タイガースで、成績が悪くても客が入るので、球団からすればある意味理想系かも知れないです。

最近の阪神は、高年俸のFA選手を取りまくっているので、昔に比べると選手全体の年俸は他球団よりも多い金額になっていますが、どんなチーム状況でもファンは球場に足を運んでくれるので、日本一のファンと言っても過言ではないと思います。

最近、私は甲子園に行く機会は何度か有りましたが、敢えて球場には行かず、冷やかに応援していますが、球場によく足を運ぶ友達の戦況を聞いてみると、最近の阪神は甲子園でもあまり勝っておらず、全体の成績が悪くても甲子園では粘りのある強い阪神をみせていましたが、ファンを嘆かせるような負け方が多いように思えるのです。
こんな状況が続けば、辛抱強い阪神ファンでも足が遠のいてしまうかも知れません。

プロ野球だけが、特別な存在ではなくなってきたので、毎試合球場が満員にならないのが、普通なのかも知れません。

大相撲も失態後は観客が激変し、Jリーグも代表の試合ほどは盛り上がらず、スポーツ全体が、沈滞気味で、なでしこジャパンや石川人気のゴルフなどのように、注目を浴びている間は、観にくる人は多いけれど、それは、一過性のものであり、真のファンになって、そのままずっと応援する人は、思ったよりも多くはないと思われるのです。

スポーツとしての魅力ではなく、選手のキャラクター性に憧れ、アイドル的な存在で、スポーツ選手を観てしまうので、ファンが固定されないのだと思うのです。

話は戻りますが、中日の落合監督は、完全試合目前の投手を交代させて勝利を優先しましたが、監督としての仕事はやり遂げましたが、プロスポーツとしてのエンターティメントの面からみると、素晴らしい監督ではなかったと思われます。

特に、プロ野球やプロサッカーは勝利を優先しつつ、高額な年俸を支払う球団経営からみると、スポンサーやファンを喜ばすことも平行してやらなければいけないのです。

面白い試合をして勝つことが、理想なので、これからのプロスポーツは難しい時代を迎えるでしょうが、
「見せる」ではなく、「魅せる」プレイを出来れば、自然とファンは足を運び熱い応援をしてくれると私は思うのです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-23 12:46

ゴール前で、どんどんチャレンジして、ゴールを狙う貪欲さを養ってほしいです!

今夜の男子ロンドンオリンピックサッカー最終予選の初戦であるマレーシア戦は、この予選の試合の中で、一番やり易い試合で、勝つことは当然であり、得失点差をつける為にも、大差で勝つことが目標でもありました。

序盤は、日本のパスまわしが冴え、早い段階で東選手が得点をあげましたが、結局終盤に1点をやっとあげて、2対0という結果になりました。

確かに、日本のショートパスは試合を支配していましたが、ゴール近くになっても決定的なパスを通そうする意識が強くパスの回数が多い為、、シュートに至らず、ゴールの為にパスではなく、パスの為のパスのような感じがしました。

それでも相手はかなり格下のマレーシアだったので、決定的なチャンスも何度かありましたが、決定力に欠け、このようなやり易いゲームでも、シュートの精度が悪く、強い相手との試合で、数少ないチャンスを確実にものにする大切さを感じることが出来ませんでした。

そもそも、何故、センターフォワードに鹿島の大迫選手なのか、疑問が沸きます。
Jリーグでも際立った活躍もせず、マレーシア相手でも、当たり負けするし、高さでも強いわけではないし、ポストプレーに安定性を欠き、兎に角、決定力が無さ過ぎです。

俊足の永井選手を先発で使う方が得点の期待が持てます。
得点を取った東選手でさえも、物足りなさを凄く感じるので、この若き代表たちは、まだまだ、世界レベルとは言えないですね。

A代表でも活躍する清武選手は合格点をあげれますが、他の選手は、たとえこのチームで予選を突破してもオリンピックに出れると思わない方がいいと思います。

一番、期待された柏の酒井 宏樹選手もほとんど有効なセンターリングは無かったし、自慢の低い弾道で曲がるボールはほとんど見られませんでした。

A代表にも言えるのですが、Jリーグでは、アグレッシブルなプレーを見せていても、代表になると別人になってしまうことが多く、酒井 宏樹選手もとてもガッカリしました。

それに、相手が弱いという意識があるのか、直向さに欠け、楽して勝とうという雰囲気を感じます。
後半は、そんな隙を見せ、危ないシーンもありました。

オリンピックに出れたとしても、このメンバーのままでは、上位に残ることは難しいので、香川選手も呼び寄せ、アーセナルに所属する宮市選手も調子が良ければ、試してみるのもいいと思います。

そして、オーバーエージ枠をすべて使い、試合を作れる選手を入れるべきですね。
今日みたいに、ワンパターンな攻めを画期的に変えれる選手が必要で、得点の取れるフォワードも色々と試すべきですね。

兎に角、トラップなど基本中の基本のプレーをもっと練習すべきです。
日本の選手は巧みな技術がある一方、基本的なプレーがお粗末過ぎるケースが多すぎます。

そして、ゴール前で、どんどんチャレンジして、ゴールを狙う貪欲さを養ってほしいです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-21 22:54

国と国の関係は、ダブルスタンダードでいいと思うのです

昨日行われた中国・北京でのSMAPコンサートは単純な興行コンサートではなく、日中の関係悪化を好転させる為の政治的要素の高いものでした。

SMAP自身もその大きな役目を感じ、この大役を無事に終えることが出来ました。
政治的な理由で、2回も中止(延期)となり、忙しいSMAPのメンバーも戸惑いの多いコンサートだと察しますが、流石、日本を代表するアイドルグループとして、大成功をおさめたようです。

保守層の人たちは、日本のトップアイドルであるSMAPを中国の為に利用されたと怒っているでしょうが、
基本的に両国の関係が悪化するより、好転する方がいいに決まっているし、内需が行き詰まっている日本の経済が上向きになるには、中国の市場と中国人観光客は必要な要素であります。

一部の者は、中国と付き合わなくても日本には技術があるから、日本独自に経済を立て直すことが出来ると言いますが、何を根拠に言っているのか、不思議でなりません。

今の日本は、被災の痛手だけでなく、相当な円高が進み、日本から輸出する企業は海外に拠点を移すことも考えている状況です。

円高と放射能汚染で、外国人観光客が激変した日本の観光地にとって、多少マナーが悪くても中国人観光客が来てくれないことは、マイナスだし、死活問題になってしまうのです。

個人的な思想で、「中国人なんて日本へ観光に来なくていい」という人は、観光地に何か救済策を考えているのでしょうか?

そう言えば、対馬で韓国人が不動産を買っていることに怒りを感じ、批判する人は、対馬の人に何をしてあげたのでしょうか?
韓国人が不動産を買う前に、日本人が買ってあげれば、こんな問題は起きなかったと思うのです。

保守層の人たちは、やたら領土問題に危機感をあおり、愛国心を間違った方向に向けようとしますが、
領土問題がすべてという発想ではなく、分けて考えるべきだと思うのです。

確かに、領土問題など国益を損なわれることに関して、毅然とした態度と主張すべきことは、ちゃんとするべきだと思いますが、一部の問題で国同士の関係が左右されることは、あまり良いことではありません。

特に、中国や韓国は大きなデモになり、反日の風潮に流れてしまいますが、日本は熟成された先進国という誇りがあるなら、相手国に同調せず、良いことは良い、悪いことは悪いというスタンスを守るべきだと思うのです。

単純に言えば、「一くくり」にするな!ということです。
国家は嫌いでも、その国に住む人は別で、その国民の中でも嫌な奴も居れば、好感を持てる者もいるので、
今回のSMAPコンサートを喜び、楽しんでくれた中国人が居たというのは単純に良かったと思えればいいと思うのです。

例えば、竹島問題で日韓の関係が悪化しても、だからと言って応援していた韓流スターやアイドルが嫌いになるのは、稚拙なことで、外交問題とエンターティメントは別個に受け入れるべきだと思います。

映画、音楽など政治的なものに利用はされますが、それ自体の本質は切り離して考えるのが自然だと思います。

私は、KARAが大好きですが、韓国で反日活動をする者が日本の国旗を燃やしたとしても、KARA自体を嫌いにはなりません。

これは、日本国内に置き換えれば、旧長州の山口と福島の会津がお互いに嫌悪感を持っていても、個人個人の合性は別問題であり、一つの概念で、すべてを拒絶することは出来ないのです。

同じ宗教を信じていても嫌な人も居れば、違う宗教を信じていても意気投合するような関係は沢山あると思うのです。

要するに、国と国の関係は、ダブルスタンダードでいいと思うのです。
一つの概念で、すべてが同じ方向に向いてしまうのは、あまり良いことではないと思うのです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-17 12:58

世界から共産主義は消えるのか?

日本は軍国主義国家から敗戦と引き換えに資本主義・民主主義国家を得ることが出来ました。
これは、日本国民が勝ち取ったものではなく、アメリカの単独統治がなされ、資本主義と民主主義が日本に根付くことになりました。

私は、本当に国民すべてが幸せになる共産主義があるならば、共産主義を支持しますが、旧ソ連や中国のように、どうみても個人崇拝の全体主義にしか見えない体制しか頭に浮かばないので、共産主義国家というのは、御免です。

旧ソ連のスターリンは、気に入らない者は党の幹部でも処刑し、自国の国民を多く殺したそうです。
中国共産党の毛沢東も文化大革命の下に、多くの知識人などを多く殺しました。
カンボジアでも文化大革命に習いクメール・ルージュのポル・ポトが多くの国民を殺しました。

全体主義国家では、一人の独裁者が強く君臨する為に、その体制を代える力は根こ祖ぎ潰されてしまうのです。

全体主義国家がオリンピックをすると10年以内に崩壊するジンクスがあると聞きますが、中国もそうなるのでしょうか?

中国は、実質資本主義的な政策をとっており、格差はあるものの富裕層の支持が強い為、共産党一党独裁が崩壊することは、難しそうです。

そう考えると旧ソ連のゴルバチョフは素晴らしい人だと思いますが、国内の評価は意外と良くないそうです。
その後、エリツィンが資本主義国家を築くことになりましたが、国の状況は良くならず、結果、プーチンの時に、エネルギー確保などの幸運に恵まれ、都市部の国民は富み、プーチンを支持することになりました。

だけど、プーチンもスターリン時代と変わらず、気に入らない者をどんどん暗殺し、影の恐怖政治をやりました。
その後、大統領を2期務め、自分の配下のメドベージェフに傀儡の大統領を譲りましたが、このメドベージェフはプーチンを凌ぐほどの傲慢な指導者で、特に日本にとっては、とても嫌な指導者になりました。

プーチンでもやらなかった北方領土の訪問や軍事敵な威圧は、次の大統領戦を狙ったものとは言え、日本人としては許せないことばかりです。

現在の日本には、軍事主義や全体主義になる要素はあまりなく、良い意味でも悪い意味でも個人主義的な風潮が強いので、本当に良かったと思いますが、韓流批判に潜む民族差別的な動きは、広がっているように思えるので、民族的な偏った思想だけは広まって欲しくないです。

何故、日本人の一部の者は朝鮮人(韓国人)に対して、根拠のない見下げた差別的な考え方をするのでしょうか?
日常では口にせずとも、ネットでは正体を出さなくて済むので、平然と差別的な書き込みをしています。
はっきり言って、卑怯者ですね!
こんな卑怯者は、私は日本人の恥だと思って諦めるように努めていますが、とても腹が立ちますね!

国力が衰えている時は、国粋的な民族差別の思想が蔓延する恐れもあり、少しだけ不安もありますが、今の日本人は良識のある人が多いので、誤った方向には向かないと思います。

兎に角、内需だけでGDPを上げるような日本の状況ではないので、アジアを中心に海外での経済的な戦略を掲げ、グローバルな商売が不可欠になってきているので、国は関税の面も考慮し、企業をバックアップするような政策をとってゆく必要があると思います。

格差は必ず発生するでしょうが、やはり、資本主義がいいですね。
世界中が資本主義・民主主義国家になり、自由に自国の体制を批判できる国になって欲しいですね。
大切なのは、経済的強者が弱者に対して、配慮をし、底辺を見放さず、優しさのある国家になって欲しいですね。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-12 00:28

事業仕分けの蓮舫議員を悪者にするいい加減な奴ら!

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」が奇跡の帰還を成し遂げたことで、はやぶさを題材にした映画が3作も作られているそうです。

はやぶさの偉業は、日本人の技術の誇りであり、素晴らしいことだと思いますが、事業仕分けで予算を削った
蓮舫議員に対するバッシングが酷いのはちょっと違うような気がします。

別に蓮舫議員のかたを持つわけではありませんが、予算が足りないので、事業仕分けで無駄を無くすことを目標にしているだけで、個人的な好き嫌いで予算を削っているわけではないので、蓮舫議員を悪者にするのは筋が違うように思えます。

はやぶさが打ち上げられた時、どれ程、マスメディアや国民が関心を持っていたのでしょうか?
このプロジェクトに200億円を投じていましたが、国民の誰もが「税金が上がってもいいから、もっと予算を多くしてあげて欲しい」なんて言わなかったと思うのです。

これは、女子サッカーのなでしこジャパンのワールドカップサッカー優勝で、マスメディアで取り上げられ、国民に大きな関心を持たれ、今まで関心が無いというか、全く存在さえも知らなかった人たちが、絶賛したこととよく似ています。

女子サッカーに対して、スポンサーになる企業もほとんどおらず、プロとしてプレーする選手も僅かで、そのプロ選手でさえも厳しい経済状況でプレーしていました。

女子サッカーなどスポーツに国の予算が少なかったので、ワールドカップで優勝した時に、蓮舫議員の仕分けに対する皮肉を言ったり、文句を言ったりする者がいましたが、蓮舫議員が言うように「2位じゃ駄目なんですか?」という言葉の部分だけを切り取って、上を目指す事に異論を言っているかのように、意味合いを変えているのは、マスメディアであり、国の予算を多くの独立法人などが中間搾取することが問題で、ちゃんと末端にまで有効にお金が使われていないことを是正することが本来の趣旨なのに、事業仕分け自体を悪者にする奴らは、偽の正義を装っているだけだと私は思います。

特に、テレビ局は女子サッカーに対し、NHK以外は眼中になく、手の平を返したような絶賛の仕方をしているのだから、蓮舫議員を責めることが出来る人はマスメディアにはいないと思うのです。

確かに、宇宙開発は多くの技術進歩の礎であり、軍事的に大きな意味合いも持つので、日本も大国と競い合うことは大切だと思います。
だけど、少子化が進み、高齢化社会の日本で、宇宙開発に力を入れる前に、やるべきことは沢山あると思うのです。

私は、「はやぶさ」を日本人の愛国心の象徴のように美化しようとする流れが少し違和感があり、日本の技術はこの探査機だけでなく、ips細胞など医学的な発明やLED(青色発光ダイオード)などの経済的な大発明の方が、日常に直接関わりが深く、「宇宙の謎」や「地球の起源」に大金を費やす余裕は今の日本には無いと思うのです。

私は、探査機にお金を使うなら、原発で発生する放射性廃棄物の処理の研究をやる方が大切だと思います。
放射能に汚染されたものを安全に処理することも出来ないのに、宇宙の事に大金を投じるのは、順番が違うと思うのです。

一部の保守評論家は、メタンハイブレードの発掘の為の予算も民主党が邪魔しているように言っていますが、
自民党と民主党の一部の議員たちと電力会社など現在のエネルギー既得権益の兼ね合いがあり、新たなエネルギーに対する予算がつき難いと私は思ってしまうのです。

結局、テレビで本当の事なんて言えないのに、蓮舫議員の仕分けを悪行のように言うのは、フェアーでは無いと思うのです。

本当に国民が目先の利益ではなく、遠い先を見越して国家的な投資を望むなら、多くの我慢を強いられると思うので、それ相応の覚悟が必要だと思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-10 20:38

なでしこジャパンロンドンオリンピック出場おめでとう!!

なでしこジャパンがロンドンオリンピック出場を決めました!
夕方の北朝鮮戦は、ロスタイムに失点し、惜しい引き分けでしたが、
先ほど、中国がオーストラリアに負けて日本の2位以内が決まりました。

北朝鮮戦は、厳しい試合で、日本は本来のパスサッカーが出来ず、北朝鮮に圧倒されていました。
はっきり言って、もし中国がオーストラリアに勝っていたら、凄くヤバイ状況になっていました。

日本選手は疲れがあるのか、動きが悪く、この状態で最後の相手が地元の中国で、しかも日本を逆転してオリンピック出場を決められるかもしれないとなると、大変難しい試合になるところでした。

当然、中国では日本に対するバッシングも行うことも考えられるので、スポーツの枠を飛びぬけて外交問題に飛び火する恐れもありました。

兎に角、なでしこジャパンおめでとう!! 男子も、もうすぐオリンピック最終予選が始まります。
気合いを入れ、気持ちで負けないように頑張って欲しいものです。

それから、ワールドカップの予選も3次予選でも思ったようなサッカーが出来ず、不安が残りますが、最終予選に向け、本田や長友の力は絶対に必要です。

私は、この3次予選は日本とウズベキスタンと北朝鮮の3つ巴になると思いますが、日本が最終予選に残れるだろうと思っております。
だけど、最終予選はかなり過酷な対戦になるだろうと思うし、組み合わせによっては、韓国と同組になることも五分五分であると思うので、強い精神力で戦わなければ、ワールドカップの道は開けないと思うのです。

その為には、怪我の本田選手や長友選手の力も当然必要になりますが、オリンピック代表の選手の中からも今の代表を脅かすような選手が現れないといけないと思うのです。

特に、両サイドで速くて強さのある選手が出てくることを期待したいです。
向上心のあるチャレンジ精神に富んだ突破力のある選手の台頭があって欲しいです。
頑張れ、日本サッカー!!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-08 22:25

唐突に、私はKARAが好きだ!

私は数年前、お正月に大学時代の先輩宅にお伺いした時に、韓流ブームにはまっていた奥さんが録画していた韓国音楽専用のケーブルテレビを観せてもらい、脚のきれいな女性グループの映像を観ていたが、音楽的に興味は湧かず、これは日本では流行らないだろうなぁと思っていました。

当時は、韓流と言ったら、ドラマや映画だけで、音楽は今ほどブームになっていなかったのです。
それから、東方神起の人気が出てきて、リュ・シオンやパク・ヨンハのような俳優が歌を歌う感じで、少しづつ音楽も人気が出てきましたが、日本人が作った歌を韓流スターに歌わせるパターンがほとんどだったので、韓国人がプロデュースした音楽を日本人が受け入れることは難しいだろうと個人的に思っていました。

それから暫くして、芸人の劇団ひとりさんが「KARA」という韓国の女性グループにはまっていることを盛んにテレビで言っていましたが、単なるマニアだろうと思って興味を持てませんでした。

それから、韓流ブームの流れが、音楽にも及び、男女とも多くのグループが日本でデビューを果たしました。
それでも、そんなにいいとは思えず、少女時代とKARAぐらいだったら、聞けるかなぁという感じでした。

KARAのヒット曲「ミスター」は印象的でしたが、音楽的に好きになる感じはありませんでした。
それから、年が明け、解散騒動が起こり、東日本大震災があって、私の中からKARAは消えようとしていました。

それでも、解散騒動の中、「ジェットコースターラブ」という新曲の収益の全額を震災の義援金に寄付すると聞き、好感を持てるようになりました。
更に、メンバーの一人であるハラちゃんが個人で700万円寄付したというのをニュースで聞き、「あれ、事務所からお金をあまり貰えていなかったはずなのに、なんで!」と思いながら、一層好感が持てるようになりました。

それでも、ファンになる程ではなく、解散せずに日本でまた活動して欲しいなぁと思う程度でした。
だけど、2ヶ月ぐらいまえから知人からKARAのCDを借りてから、凄く好きになってしまいました。

誰もが知るヒット曲よりもアルバムに入っている歌が凄くいいのです。
他の韓国グループと違い、歌声が可愛いというか、綺麗なのです。

貸してもらったCDはハングル語バージョンだったので、たまらず、日本語バージョンを買ってしまいました。
それからは、KARAのCDばかり聞き、パソコンではKARAの動画ばかり観ています。

KARAを聞くまでは、ハングル語に対して偏見があり、耳障りがあまり良くありませんでしたが、今は、KARAのハングル語での歌声が日本語よりも耳障りが良く、ハングル語の歌もいいなぁと思えるようになってきました。

今でもKARA以外の韓国グループには興味がありませんが(少女時代はちょっといいかなぁ)、
KARAのメンバーすべての歌声が好きで、キャラもルックスも凄く好きになりました。

KARAの歌はちょっとノスタルジックな感じもして、メロディが綺麗ですね。
劇団ひとりさんは、みんな同じくらい好きだと言っていましたが、その気持ちがよくわかります。
だけど、強いて言えば、私はスンヨンが一番好きですね!
彼女の笑顔と動物の物まねが凄くお気に入りです。

私は、韓国のドラマは「チャングムの誓い」ぐらいで、映画も「猟奇的な彼女」ぐらいしか観たことがありません。
「冬のソナタ」も部分的にしか観ておらず、韓流にはまったとは言えないのですが、KARAは本当にいいですね!

これからもKARAを応援してゆきたいと思っております。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-07 22:24

ウズベキスタン戦を終えて...

先ほど終わったワールドカップブラジルアジア3次予選は、1対1の引き分けとなりました。
惜しい試合だったと言いたいところですが、負けなくて良かった試合でした。

ウズベキスタンに両サイドを簡単に突破され、速い攻めに日本のサイドは全くついて行けず、どちらがワールドカップ出場経験国なのか、分からない試合内容でした。

両サイドだけでなく、全体的に日本のプレスが効いておらず、簡単にかわされる危ないディフェンスでしたが、
吉田選手と今野選手のセンターバックがよく頑張ったと思います。

日本の両サイドバックは、攻めも守りも機能しておらず、駒野選手は距離を開けすぎて、無防備な感じで中央にボールを入れられていました。

内田選手に関して言えば、サイドをえぐるような気持ちは全く無く、相変わらず後方からのハイボールを出すばかりで、しかも蹴るタイミングが悪すぎます。
考えながらじっくり蹴るわりには、ボールの精度が悪く、たまたまアシストボールを入れましたが、このようなプレーの質なら、もっと強い相手とやるには、不安が募るばかりです。

同点ゴールを奪った岡崎選手は、得意のダイビングヘッドでよく決めましたが、足元のプレーがあまりにもお粗末過ぎます。

芝が長すぎたことが理由なのかわかりませんが、岡崎選手だけでなく、トラップなどボールコントロールが日本人選手は下手過ぎます。
ウズベキスタンの選手の技術と差があるように思えました。

今まで、あまり強い相手と真剣勝負をやらなかったせいもあり、厳しい試合でどれだけ技術を出してゆけるかが、大きなポイントですけど、ボールに対する寄せや玉際の競り合いでほとんど負けていたので、気持ち的に本気度があったのか、疑問も感じる試合でした。

ザッケローニ監督も初っ端に清武選手でなく、阿部選手を使った意図が分からないです。
上手く機能していた清武選手を最初から使わず、大事なポジションにあまり使ったことの無かった阿部選手を使う考え方が理解できないです。

ザックジャパンは本田が居ないせいもあり、攻撃のプランが間違っているのか、選手のプレイがプラン通りにやっていないのか、不満ばかり残る試合でした。

まぁ、兎に角、相変わらず攻めが遅く、パスの出しどころを考えながら、余計な横パスが多く、縦に出すボールもフォワードのキープ力が無いのか、出し手が悪いのか、適当に見える攻撃が目立ちました。

今日のような試合を続けていたら、例え、3次予選を突破しても最終予選はとても厳しくなりますね。
結果的に、アウェイで引き分けは評価出来ますが、今日の試合内容は根本的に策を変えてゆかなければいけないかもしれません。

香川選手は、思った以上にプレーにキレがなく、去年のような輝きを見せるには、まだまだ時間がかかりそうですね。

韓国との壮行試合で、日本サッカーは変わったと思いましたが、やはり、真剣勝負の厳しい試合になるといつものつまらないサッカーをするチームなってしまいましたけど、これからもっと進化することを期待して応援してゆきたいと思っております!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-07 01:39

私は河合薫さんを応援します!

今朝の朝ズバを観ていたら、元気象予報士で、現在東京大学で講師をしている河合薫さんが出ていました。
河合さんは、以前、ニュースステーションのお天気お姉さんや平日の早朝番組のキャスターもしていて個人的に好感を持っていたので、
曜日レギュラーになったのかなぁ、と思ってネットで調べていたら、民主党の擁護をするかのようなことを言ったり、韓国の自民党議員が入国拒否されたことに関し、視察に行った自民党議員にも苦言を呈したことで、
左翼コメンティターのレッテルを貼られて、「反日主義者」「成り済まし日本人」という風なバッシングをされていました。


私は、極端な左翼も右翼も大嫌いですが、河合さんは別に左翼という感じはせず、ある事柄を違う角度から見て素直に意見を言っているだけだと思うのです。


前の菅政権でも、菅さんは首相として良くないとは思いますが、すべての報道の仕方やコメントが悪意に満ちていたので、一つの風潮が流れ、イメージがつくと一方的な評価しかしないようになるマスメディアのあり方には疑問を感じます。

好感度のある者は、すべてが善意的に捉え、好感度の無い者は、悪意的な捉え方をします。
だから、風潮に逆らうような、違った角度で視てコメントを言える人が必要だと思うのです。

今は原発反対をマスメディアで言えますが、事故以前は反対意見など言えないような感じがありましたから、マスメディアの誘導には危機感を持つべきだと私は思います。

韓国を視察した自民党議員は明らかな右より思想の者たちで、韓国政府が拒絶することを予想し、問題を大きくすることが狙いのようにも思えます。

まぁ、いろいろな考え方はあるとは思いますが、いつも思うのは、日本人が日本のことを批判したら、反日とか非国民とか言いますが、こんな幼稚で馬鹿な発想には呆れてしまいます。

多分、そんなことを言う人は、日常でも自分が正しく、相手のことを配慮もせず、自己批判も反省も出来ない傲慢な人間だと思います。

国の愛し方は色々な形があるわけで、自分と違うからと言って、勝手に反日とか、非国民とか言って欲しくないですね!

私は河合薫さんを応援します!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-06 09:24

デタラメナ女子サッカーオリンピック最終予選!

11日間で5試合もやるという女子サッカーのオリンピック最終予選ですが、何故、こんな厳し過ぎる日程で、行っているのか、不思議でなりません。

それに、オリンピック予選に出場する中国でのみ行うという不条理さは呆れてしまいます。
それだけでなく、メディアの規制も徹底されていなくて、図々しい中国人記者たちへ世界的な規制の基準をちゃんと大会側が伝えておくべきだし、練習場も日本だけなのかわかりませんが、ゴルフの打ちっぱなし場を提供されていたみたいで、もっと腹が立つのは前日の試合会場でのスパイクの使用を禁止した意図が分かりません。

もし、練習場や前日のスパイク禁止が他のチームにも平等になされていなかったら、中国にクレームをつけるべきです。
そんな中国側の不平等なやり方を許している大会を運営している者たちは、スポーツを運営する資格はないと思います。

すべてが中国に有利で、日本に不利なこの予選は、問題が大き過ぎます。
まぁ、それでも、こんな状況でも日本は2勝し、現在トップですが、残りの3試合がとても厳しい試合になるので、本当に頑張って欲しいです。

明日のオーストラリア戦は、相手にいいセンターリングを上げさせないようにし、速いショートパスを繋いで、ゴールを奪って欲しいです。

後の北朝鮮も結構強いし、中国は相当なプレッシャーがかかるので、オーストラリア戦が勝負どころになると思われます。

それにしても、川澄選手はあんな小さな身体で、中1日の2試合を走り続けるなんて、凄い体力をしていると思います。
可愛いだけではなく、試合の流れを読めるいいプレーも光るし、パワーはないけど、シュートやパスの精度は高く、人気があるのはうなずけます!

多分、川澄選手は先発は無理だと思いますが、宮間選手のラストパスと大野選手のドリブルシュートを期待したいです。
そして、ここぞという時に前線に上がってくる澤選手の勝負強さに大期待です。
頑張れ、なでしこジャパン!!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-09-05 00:32