リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


今朝のチャンピオンズリーグ決勝は素晴らしい試合だった!


早朝に行われたチャンピオンズリーグの決勝FCバルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、バルセロナが3-1で勝利した。

出だしはマンUの猛攻に、バルセロナは攻めることが出来なかったが、10分過ぎから試合が落ち着くと
バルセロナのショートパスが流れを変えてゆき、バルセロナが試合を支配するようになりました。

ペドロのゴール後、オフサイドぎりぎりのギグスからのパスをエースのルーニーが決め同点となり、マンUのペースになると思いましたが、バルセロナのパスワークはマンUのプレスにあせることもなく、自分たちのペースで試合をすすめていました。

ルーニーはよく動き、守備もしっかりとしていましたが、メッシはサイドに流れる動きも少しはありましたが、
ほとんど中央で、ゆっくり歩いているような感じで、前半はキレもあまりなく、体調が良くないのかなぁと感じました。

私自身、バルセロナの試合をいつも観ているわけでなく、メッシを中心とするゴールシーンをスポーツ番組のダイジェストと観ているだけなので、よく考えるとメッシのプレースタイルはスペースに素早く入り込んだり、  ボールを受ける為に、動き回るスタイルでは無いのでしょうね。

メッシは他の選手と違うのは、静からトップスピードに切り替えるタイミングが鋭く、ディフェンスが多くいても
ドリブルで中央突破してゆくのです。
普通なら無謀なチャレンジに思えても、メッシは無謀ではなく、観ている側を納得させるだけの技術があり、
特別な選手なのです。

確かに、今日のメッシは国内リーグ戦のようなキレは無かったように思えますが、僅かな隙間を切り裂きゴールという結果を残す選手で、決勝点も堅守のキーパー・ファンデルサールも届かないところにシュートを打ちました。

駄目押し的な追加点をあげたビジャもマンUに抑えられていましたが、このゴールもキーパーが絶対とれないような技術の高いゴールでした。

バルセロナの選手のシュートは相手ディフェンスを上手く利用しているように思え、キーパーがシュートの軌道を見えないような上手いシュートを打つのです。

メッシは凄いですが、こんなスーパースターでもアルゼンチン代表では本来の輝きは見れず、メッシの凄さの裏に、ゲームを作る中盤の選手の素晴らしさが目立つのです。

バルセロナは、イニエスタとシャビで成り立ってるチームで、この2人がメッシの良さを引き出しているのです。
特に、イニエスタは派手なプレーはしませんが、本当に視野が広く、効果的なプレーをします。

メッシは世界最高の選手でありますが、他のどのチームに入っても同じように活躍できるかは少しだけ不安はありますが、イニエスタはどのチームに入っても同じような効果的なプレーが出来ると思うのです。

実際、スペイン代表でも攻撃の中枢となり、無冠の王者を返上し、ユーロ、ワールドカップという栄冠を勝ち取りました。

メッシもイニエスタも日本人と同じというか、それよりも小柄な選手なので、日本サッカーが目指すサッカーに大きな希望と勇気を与えてくれると思うので、バルセロナの優勝は日本人としては夢が広がることではないでしょうか?

今年のクラブワールドカップは久しぶりに日本に戻ってきそうなので、本当に楽しみです。
以前、日本でのクラブワールドカップにバルセロナが来た時は、メッシが故障して出れなかったので、今年は万全な状態でプレーをして欲しいですね!

アジアチャンピオンズリーグでは、日本勢はセレッソだけが残り、多分韓国が優勝するだろうけど、
Jリーグチャンピオンも出れるので、凄く楽しみです!

そのJリーグですが、馬鹿で愚かなサポーターが、また問題を起こしています。
静岡市のアウトソーシングスタジアム日本平で行われた清水―磐田戦の試合前、磐田の10代サポーター2人が清水のゴトビ監督を中傷する内容の横断幕を掲げ、騒ぎとなりました。横断幕には、イラン系米国人のゴトビ監督に向けて「ゴトビへ 核兵器作るのやめろ」とあったのです。

以前も人種差別的な問題を起こしたこともあり、熱烈な応援の影でストレス解消的な安易な行動が出てきているのは本当に残念です。

アジアの国と試合をする時に、旭日旗を掲げるサポーターの無知と無神経さは個人的に不快感を持ち、愛国心は相手を傷つけたり、威嚇するものではないと私は思うのです。

国同士の試合に限らず、基本的に相手を尊重し、お互いを称え合う精神を養うことがスポーツの素晴らしさだと思うのです。

バルセロナとマンUの試合は、汚いプレーもなく、イエローカードはありましたが、質の悪い反則では無かったので、観ていて気持ちが良かったです。

フェアープレーこそが、レベルの高い試合の要素だと思うので、日本の技術が上がったのは、フェアープレーの精神が高かったからだと思うのです。

サッカーに関して言えば、中国の選手は悪質な反則が多いので、フェアープレーを心がけないと真の強さは培ってこないと思います。

裏を返せば、中国の選手がフェアープレーを心がけてプレーをすると日本や韓国の脅威になると思われます。
ブラジルワールドカップを目指し、ザックジャパンは日本らしいスタイルを築き上げて、アジアを制し、ワールドカップのベスト4に入って欲しいです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-05-29 11:49

くだらないことを国会で延々とやり合う馬鹿な政治屋たち

今朝の読売テレビの「すまたん」を観て、辛坊治郎氏が菅首相が命令したと言われる海水中断の件について、昨日の国会の半分以上を費やし自民党が追及していたことを痛烈に批判し、それを報道するマスメディアも批判していました。

私は、全く同感で、辛坊治郎氏が言うように、既に済んだことに対しての「言った言わない」という追求に意味は無いし、それに、この海水中断がメルトダウンに繋がるような大切な失敗なら追及するべきですが、
この中断があっても、なかっても大勢に関係なく、こんなことに大金を使って国会でやりあうのは本当に馬鹿なことです。

自民党もやはり民主党と同様に、政局しか頭にない愚かな政治屋たちの集まりです。
それに、それを長々と報道し、批判するマスメディアも今報道すべきことは何なのかを真剣に考えるべきだと思います。

マスメディアが馬鹿だから政治も馬鹿になると言われないように、もっと大切なことを個々に見出し、談合的な報道をせず、真実を客観的に報道して欲しいものです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-05-24 09:18

テレビは、大切な娯楽の提供なのです

福島第1原発の報道でみられるように、テレビがすべてを客観的に情報を流していないということが分かりましたが、スポンサーとの兼ね合いもあるでしょうが、NHKでさえもニュース番組ではすべてを明らかにはしていません。
NHKのドキュメント番組のような、意気込みはニュース番組では存在しないのは仕方のないことでしょうが、
テレビからは、真実は得られないという現実に、多少はがっかりしてしまいます。

テレビには限界はあるでしょうが、政治や外交問題などの大切な事については、もっと客観性を貫いて欲しいと思うのです。

私は、アメリカを正義の国だとは思いませんが、中国やロシアよりも信用性が高く、アメリカとの同盟関係を続けるべきだと思います。

保守系番組で、震災の各国の支援について、アメリカは多くの兵隊を送ってくれたけど、中国は15人を送るのみで、しかもスパイ的な行動をしていたというのです。

実際、人的な援助はアメリカには大感謝で、中国にはほとんど何もしてもらってはいないけれど、
現実に安保を結ぶ同盟関係のアメリカが多くの軍隊を日本に入れても、違和感はないけれど、中国軍やロシア軍が要請があったとしても、受け入れるハズはないし、向こうもそんな馬鹿な支援は言ってこないと思うのです。

今回の災害は阪神淡路大震災と違い、津波での被害がほとんどだったので、ドイツ、スイスなどの救助隊が活躍する場はほとんど無かったと思うのです。

だから、自衛隊と米軍とで、復興活動するのが、一番自然であり、それで良かったと思うのです。
だけど、中国とロシアが何もしてくれなかったわけではなく、中国の原油やロシアの天然ガスなど、エネルギー不足に悩む日本にとって有難い支援であったと思うのです。

テレビで、「中国は15人しか送って来ず、スパイのようなことをしている」というならば、日本にとって有難かった支援についても、ちゃんと言うべきだと思うのです。

結局は、その人間の思想、心情と言うふるいにかけて、自分が主張したい事にプラスになることは言い、都合の悪いことは言わないのです。

こんなことを書くと、「お前は、親中派か!」と言われそうですが、私は、どちらかと言えばアメリカ派であり、アメリカは自国の国益が優先され、その為には戦争も辞さない国という嫌な面も持っていますが、中国、ロシアにない自由主義と民主主義が守られている国だし、戦後、アメリカの実質上の単独統治であったから、国が分断されず、奇跡的な戦後復興と経済発展があったと思うのです。

最近は、アメリカが作った日本国憲法を諸悪の根源のように言う人もいますが、矛盾はあれど平和で温厚な日本が築きあげられたのはこの憲法のおかげもあったと思うのです。
憲法の改正は反対ではありませんが、この憲法の意義は大きかったと私は思うのです。

それから、浜岡原発の菅首相による停止の発言は、思いつきなのか、アメリカからの命令なのかはわかりませんが、
結果的には、私は正解だと思うのです。
ただ、ちゃんとした説明が出来ず、他の原発への不信感が広がったのは、信用性が無い無能な首相だったから、批判的に捉えていますが、これが小泉元首相だったら、良い方に評価されたかもしれません。

この問題でも菅首相が嫌いだから、全否定する者もいますが、そんな者は、浜岡原発が近い将来に大地震が起きる可能性が高く、地震の被害が大きいと予想される地域にあり、その為の安全対策をなされていないことをちゃんと言い、他の原発とはリスクの違いを説明するべきだし、原発が無ければ、日本の電力は提供出来ず、経済は大変になると当たり前のように言っていますが、火力、水力発電所で、稼動していないところがあり、それを稼動させると原発の代わりをある程度は出来るし、電力が余っている点も効率性を高めることで脱原発も将来的には不可能では無いことを言うべきだと思うのです。

本筋とは反れてしまいましたが、テレビと言うのは、単なる娯楽であり、生活には不可欠であるけれど、テレビの情報やそこで述べることをまともに受け入れてしまうのは非常に危険なのです。

テレビで、色んな立場の者が、自分の都合のいいことだけを言い、それが真実だと言ってしまうのはあまりにも偏っていると思うのです。

テレビはシンプルに楽しむ娯楽の媒体なのですから、思想を広める道具になってはいけないのです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-05-22 15:47

日本を内から蝕む奴ら!

私は今の民主党を支持しないし、菅首相には首相の資格なんて無いぐらいの気持ちを持っていますが、
菅首相を批判していれば、国民の支持を得られると思っているマスメディアも呆れるぐらい幻滅してしまいます。

今朝、民法ラジオの局アナが、いつものように、菅首相の批判をしていたのだけれど、明日、訪日する韓国の大統領と中国の首相で行われる日中韓首脳会談を菅首相のパフォーマンスに思え、延期するべきだと言うのです。

確かに、パフォーマンスだと思えるのだけれど、そもそも日本の政治家は真に国民の為だけに、活動しているのではなく、自分の為の政治活動がほとんどと言えるので、パフォーマンスであっても、国に対してプラスになれば、それでいいのだと思うのです。

原発の放射能汚染による風評被害を緩和するきっかけになれば、この会談は、意味あるものになり、最悪の日本経済の助け舟になると思うのです。

日本は領土問題で、周辺国と微妙な外交関係にあり、民主党の外交下手から、立場の悪い状況が続いていて、中国やロシア、そして良好関係である韓国でさえも強きに出られていて、日本国民として腹が立ちますが、だからと言って、首脳会談を延期するというのは、感情的で稚拙な考えだと私は思います。

中国を中心とする日本食品の輸出激減や同じく中国人を中心とする日本への観光も激減しています。
どこかの馬鹿は、「中国に輸入しなくていいし、中国人も日本へ観光に来なくていい」と言うでしょうが、
中国向けに野菜や果物を輸出していた農家や中国人相手の電化製品店、観光地などは死活問題になっているほど深刻で、風評被害を早く改善していかないと日本経済に大きな痛手を負うことになってしまいます。

私は、中国国家の有り方やロシアの大統領、首相を中心とする政府には嫌悪感があり、とても好きにはなれませんが、だからと言って、中国やロシアを一括りにして、嫌いにはなりません。

特に、中国人の若者たちは日本で低賃金、重労働という日本人が見向きもしない仕事をし、私たちが日常口にする食物の流通を支えていました。

福島第1原発の事故で、多くの中国人の若者が中国に帰り、農家や工場で人手不足の為に、大変なことになっているみたいです。

中国に対し、領土問題や著作権などの問題で、感情的に嫌中国のようになっていますが、中国人に支えられている現状もすべて理解し、物を言うべきだと思うのです。

それに、このような風評被害は東京電力を中心とする原発推進者たちの嘘つきとも言える隠蔽が、大きな原因で、東京電力を批判できない各メディアは、本当のことを追求しようと深いところまで取材をしたのだろうか?と不満が残るのです。

原発事業は国家プロジェクトなんだから、無人で操作できるロボットの開発を何故してこなかったのか?
汚染水を処理する設備をフランスにならって、日本独自のものを何故作らなかったのか?

すべてが、日本の原発は安全と言う根拠の無い想定があり、その想定もそれぞれの利権から適当に想定されたと言われても仕方ない感じがします。

原発に頼らないと日本の電力は絶対に不足するという理論が正論となり、原発批判をする者は排除される風潮もあったと思うのです。

日本の中にある国に補償された既得権益はアンタッチャブル化し、郵便事業など規制緩和を許さない事業もまだまだ多くあるのではないでしょうか?

日本を脅かすのは、中国やロシアだけでなく、日本の既得権益に関わる大儲けをしている日本人なのかもしれないです。

特に、個人の儲けしか考えない特別な日本人たちは、日本の内から蝕み、腐らそうとしていると思えるのです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-05-21 01:07

容疑者の前科を公表しないメディアの姿勢に不満

舞鶴・女子高生殺人事件は、中被告が無実を訴えるも状況証拠の信用性が高く、
京都地裁は、無期懲役という判決をくだしました。

今まで、無理やり自白させられたことによる冤罪は少なくなく、
本人が否認する状況で、死刑判決を出すのは、とても難しいのですけど、
真犯人でも否認し続ければ、死刑にはならないという風になっても困ってしまいます。

それから、容疑者の素行や前科で偏った見方をしてしまうのも非常に危険だと思いますが、
前科というのは、服役をし、刑を終えて出所しても刑事罰が済んだだけで、被告が犯したことは
一生背負っていかなくてはいけないと思うのです。

だから、今回の事件での中被告が、まだ容疑者であった時でも、メディアは前科を公表する義務はあったと思うのです。
軽犯罪なら、伏せてあげることも有りですが、殺人や強姦といった被害者を酷く傷つけるような犯罪は公表する必要性があると思うのです。

日本は、個人の人権を守る為に、公表しない風潮になっていますが、強姦など再犯の可能性が高い
性犯罪は、公表することで、危険を回避することに繋がるかもしれないのです。

確かに、一度罪を犯すと、犯罪者というレッテルを貼って生きなければいけないのかという問題もありますが、今回の事件のように、状況証拠に信用性が高く、過去の犯罪と類似性が高ければ、
前科を公表することは必要だと思うのです。

昔、新聞には前科何犯という風に、当たり前のように載せていたのに、いつの間にか、新聞でさえも
公表しない方向に向かっていたとは、知らなかったです。

大変、難しい問題ではありますが、犯罪だけでなく、個人情報の守秘は強まる一方です。
安全性は大切ですが、不便さを感じることもあり、行き過ぎという感じもするのです。

犯罪者の家族がさらし者になるようなことは避けて欲しいですが、犯罪者の人権問題が行き過ぎると
被害者やその家族がより一層の苦しみを味合うことになるので、メディアは、慎重さを持ちつつも
正義に基づく勇気ある対応をしてもらいたい気持ちがします。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-05-19 15:23

【宣伝】です!桂雀三郎withまんぷくブラザーズライブ!!

今年も恒例の桂雀三郎withまんぷくブラザーズライブin Another Dreamが
あります!

私も雀三郎師匠も大相撲ファンで、大相撲を応援する新曲も披露します。
現在もテレビ放映されず、密やかに行われている大相撲をリピート山中のセンスで楽しい応援歌となっております。

是非、お越し下さい!


5月28日(土)19:00開演(18:00開場)
出演:桂雀三郎withまんぷくブラザーズ
会場:Another Dream 06-6211-5759
   大阪市中央区千日前1-9-7 フローラルイン難波B1F
料金:前売り3500円(当日3800円)<1ドリンク付・自由席・税込>
チケット:ぴあ P-コード411-635
主催:問い合わせ:米朝事務所 06-6365-8281(平日10:00~18:00)


*8月に、ソロコンサート(神戸・元町ロッコーマン)を懲りずにやる予定です!
 よろしくお願いします!!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-05-12 23:13

原発事業にもみ消された新たなエネルギー開発!?

福島原発事故の影響で、東海地震が起きると、同様の事故が起きる可能性が高い浜岡原発の停止を促した菅首相ですが、ある噂によるとアメリカからの要請からこのような決断をしたのではないかとも言われています。

私は、浜岡原発の停止はどちらかと言うと賛成です。
原発に関わる仕事をする方には申し訳ないのですが、
やはり、この原発はリスクが大き過ぎるようです。

各地方の電力会社は国が勧める原発事業を展開していますが、九州、北海道、四国を除く、本州の原発は関西電力以外の原発は、沸騰水式原発なので、単純に言うと汚染された水蒸気でタービンを動かすというリスクの高い原発が中心なので、大地震が起きる可能性が高い地区の原発は第2の福島原発になってしまう恐れは否めないのです。(ちなみに、関西電力は加圧水式原発)

福島原発の事故を原発推進派の学者たちは、「事故」と呼ばず、「事象」と言い、最終的にレベル7になった事故を明らかに過小評価していました。

通産省を中心とする役人、原発事業推進派の議員、東京電力、そして東京電力から研究費などお金を受け取っていた東京大学の学者たちは、既得権益を守る為、真実を隠し、原発事業を肯定する考えを押し付けていました。

原発事業を神格化した者への批判的な意見は、テレビではあまり出されず、政府の対応の悪さという表現で誤魔化していました。

当然、現政府は無能で責任は大きいですが、この原発事故の責任を政府に押し付けるということは、国のお金(税金)で賠償することで落ち着いてしまうでしょうが、国のお金で補償するのは、最後の足らない部分であり、原発事業で大儲けをした者たち、特に東京電力の上層部の人間は退職金無しの辞職をしてもいいぐらいだと思います。

だけど、トップクラスの幹部でも報酬ゼロは今年度のみで、ほとぼりが治まったら、また大金を得る気持ちでいるのかと腹が立ちます。

この原発事故は想定外の津波の為に起きたので、東京電力には責任は無いと言いたいだろうけど、
日本の原発は「安全」だと言い続けたのだから、想定外だろうが、結果事故になったのだから、全責任を負うべきです。

それに、本当に津波だけが事故の真の原因なのだろうか?
地震の段階で、既に事故になっていたのではないかという疑惑も持たれます。

色んな風評被害も海外からは収まる気配もありませんが、本当のことを明らかにしてこなかった事が、事態を大きくしているので、天災と人災の2重苦を日本国民は与えられています。

事故現場に取材をしないマスメディアなど、安全性を主張しても信用出来ない状況は、どこまでが風評被害なのか、誰も判断できないような感じがします。

事故が起きるまで、原発が無ければ、日本の電力は供給出来ないし、電力を蓄えることは出来ないと言われ、私自身も納得せざる負えませんでした。

日本が勧めるウラン型の原発でなく、トリウム型原発への移行は可能なのか?
本当にリチウム技術の向上により、近い将来、電力を蓄えることが出来ないのか?
風力、太陽光のコストや効率の問題は改善出来ないのか?
火力発電は温暖化の原因になっているのか?(二酸化炭素と地球温暖化の因果関係)
オーランチオキトリウムを筆頭に、新エネルギーの開発は可能なのか?

私の勝手な空想ですが、日本の技術力があれば、新エネルギーの開発は可能だと思うのですが、
ここで、立ちはだかるのは、これを阻止する既得権益を持つ大きな力の存在によって、それを打ち壊されていると思うのです。

実際、テレビ局という大きな既得権益(テレビ局は規制が強く守られているのです)に挑んだライブドアの堀江氏は、粉飾決済という罪で検察に狙われ刑に服することになりましたが、日本にはアンタッチャブルというものがあり、それを犯すと大きな代償を払うハメになるということです。

豊田商事やオウム事件での不可解な殺人事件は真実が漏れない為の口封じという説もあり、国民が知らない真実が多くの事件の裏には隠されているのかもしれないです。

だから、この原発事故も真実を隠すということが、今も行われているような気がするのです。
そして、私が空想するような新たなエネルギーの開発を許さない大きな力が働いている感じがしてしょうがないのです。

あくまでも私の空想なので、真実は分かりませんが、色んな情報を疑いながら斜めに観てゆくことが必要だと悲しいけれど思ってしまうのです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-05-10 23:32

「KKK」ではなく、「KKEK」でいいんじゃないの?今のタイガース!

今年の阪神タイガースは投手陣が頑張るも打線が振るわず、なかなか勝てない試合が続いていますが、昨日の横浜戦は、勿体無い逆転負けをしました。

今年の阪神はロッテから小林宏投手が加入し、久保田投手、藤川投手と3人で「KKK」を売りに、7,8,9回をこの3人で抑えようと決めていました。

その一角である小林投手の乱調で、負けたのですが、以前の「JFK」というネーミングを真似て、「KKK」というパターンに固執することが間違いだと思うのです。

そもそも、久保田投手、ウィリアムス投手、藤川投手は、右~左~右というバランスの良さがあったので、機能しましたが、この「KKK」は、すべて右利き投手なのです。

久保田投手と藤川投手はコントロールがいい投手ではなく、球の勢いで投げるタイプなので、間に入る小林投手はコントロールが良くなければ、打ちやすい投手になってしまう恐れがあります。

だけど、小林投手は今までの結果をみるとファボールが多く、昨日もファボールの連発から自滅をしました。
何とか勝った巨人戦でも四球からピンチを広げて最後もボールを振らなければ、四球で自滅していました。

兎に角、ボール球が多すぎます。本来のピッチングでは無いような感じがします。

私は、「KKK」ではなく、「KKEK」でいいと思うのです。
ルーキーの榎田投手が凄くいいので、藤川投手の前に投げさせれば、左投手が入ることで、バランスが良くなり、中盤の中継ぎで小林投手が投げることで、本来の良さを取り戻せるのではないかと思うのです。

それに、一人必ず1回づつ投げさせるという決め事ではなく、この4人の内2人が出て、最後だけは藤川投手と決めていればいいと思うのです。

藤川投手も以前のようなストレートの球威は望めないだろうから、休養も入れていかないと消耗が激しくなって、後半までもたないでしょう。

投手リレーを方程式化せず、臨機応変に対応すべきだと思うのです。
根本的に、長いペナントレースで、後半に投げるこの3人が常時調子が良いというのはありえないので、3人の内、誰かが調子が悪ければ、試合を落とすというリスクは避けるべきだと思うのです。

今年の阪神は、走れず、打線も淡白なので、1点を争うゲームが多くなりそうなので、後半の投手リレーが大きなポイントになります。

個人的には、もっと機動力があり、守備能力の高い選手をもっと使って欲しいですが、城島選手や金本選手のようなビッグネームの選手を使い続ける宿命にあります。

今の阪神打線は繋がりも無い、自分勝手な打線で、しかも走れない選手が多すぎるので、チャンスからのダブルプレーが多いと思われます。

その悪影響が若い選手にも出てくるようになれば、上位には入れなくなるでしょう。

先発投手陣が報われず、惜敗が続ければ、投手陣の崩壊に繋がるので、ある程度走れて、守備力のある選手をもっと使ってもいいのではないでしょうか?

城島選手の引っ張るだけの単調なバッティングとセオリーを無視した無謀な内角への配球やワンバンド投球への対処の悪さを観ると、たまには他のキャッチャーを使うことも考えてもいいと思うのです。

金本選手もキレの無いバッティングや守備での送球を観ると、先発から使わず、途中からの出場でいいと思うのです。

交流戦では、指名打者専門でいいと思うし、5番以降の打順は考え直し、繋がりを持てる打線に組み替えるべきだと私は思うのです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-05-08 14:50