リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


何故、サッカー日本代表の試合は面白くないのだろう

私は、サッカーファンであり、Jリーグだけでなく、日本代表も当然応援してはいるのだけれど、
最近は、日本代表の試合を観て、勝っても負けても面白いと感じないのです。
Jリーグは、つまらない試合も多いですが、面白い試合も多く観れるのですが、
何故か、日本代表の試合は、監督が変わっても面白くないのです。
よくイタリアのサッカーは、守り中心で面白くないと言われますが、日本のサッカーは、そんなレベルの話ではなく、もっと初歩的な部分で問題があるように思えます。
昨日のアウェイでのバーレーン戦は、全部は観れませんでしたが、前半を観ただけで、日本が得点するのは難しく、引き分けならOKだと思っていました。
試合前に、ちょっと気になったのは、川口を起用する事に私は異論があり、川口は、大活躍する事もあるのですが、安定感に欠けるところがあり、ポジショニングが悪く、二アを開けすぎてゴールされる場面を何度か観ました。
それに、川口は判断ミスをする事も多く、昨日の失点もその判断ミスが大きな原因だと思います。
川口のように小柄なキーパーは、ハイボールの対処にリスクがあり、前に出た時は、必ず、ボールに触らないといけない鉄則を行えないリスクがあります。
昨日の失点もキーパーが絶対にやってはいけない事で、確実にパンチング出来るかどうかを判断する能力が必要になります。
川口にはそれが欠けているのです。それに、キャッチイングにも問題があるので、日本代表のレギュラーに定着すべきかを考え直して欲しいものです。
だけど、日本代表の試合が面白くないのは、川口のせいではありません。
相変わらず、ゴール前での無駄なパスが多く、シュートまで至らず、カウンター食らう事も少なくありません。
中盤でもいつもパスの出しどころを考えながら、プレーしているのは、パスの出してが悪いのか、周りのものが的確に動けていないのか、不明ですが、ワンタッチ、ツータッチでパスをまわし、少ない時間でゴール前に行き、シュートで終わるという練習をしているのを観ましたが、その練習が活きている試合は殆どありません。
だから、ロングボール蹴ったり、一発で通す縦パスばかり目立ち、一か八かというプレーが多い為、運任せ的なパスのように観えます。
日本のサッカーは兎に角、基本が駄目です。
トラップ、パスの精度、シュートの精度など実践では、ミスが多すぎます。
なのに、難しいパスを出したり、トリッキーなプレーをしようとします。
本当に面白いサッカーは、シンプルでシュートを沢山観れる試合が面白いサッカーだと思うので、日本代表の選手は、意識から変えてゆかないといけないと思います。
厳しいようですが、シュートの少ないフォワードは要らないです。
昔から、日本では、運動量が多く、守りも積極的にするフォワードを評価しますが、守りを評価するなら、その選手の変わりに、ディフェンスをいれればいい事と同じなので、極端なことを言うと、殆ど、ゴール前にいて、遊んでいるように思えるフォワードでも、確実に点をとるフォワードが必要なのです。
実際、ロナウドのように、素晴らしいストライカーには、こう言った選手も少なくないのです。
ディフェンスもしっかり出来る方がいいですが、フォワードの仕事はシュートを打ち、点を取ることです。
それから、トップ下の選手もセカンドアタッカーとして、ゴールの意識を高め、アシストする事だけを考えず、自分でゴールする意識も強くしてゆく必要があると思います。
日本代表の試合では、みんなシュートを打つのが嫌いなのかと疑う時が多くあります。
本来、サッカー選手はシュートを打つ事の喜びを持っているはずなので、いい意味での自己中的なプレーが日本には必要です。
ワールドカップ3次予選で2位になれば、最終予選に行けますが、2位になると強い相手と戦わないといけない事も考えられますので、1位通過を目指して欲しいです。
ワールドカップに出るだけでなく、そこで、心躍る観ていて楽しいサッカーをやってもらいたいです。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-03-27 10:37

知事の気持ちも分かるけれど...

暫定税率撤廃で、各地方の知事が、暫定税率を続けて欲しいと訴えかけていますが、
私は、ただ単に、暫定税率を残そうとしても地方に必要な道路が造れるとは限らないと思います。
何十年も暫定と名づけながら、続けているこの制度は、実際は、本当に必要な所に道路を造る事はされず、無駄な道路ばかりか、北海道の余別のように、ずさんな計画により、途中で工事は中止され、大金を使い、山に大きな穴を開けたケースもあります。
それに、道路特定財源であるにもかかわらず、役所のレクレーションなどに使われています。
それよりも、問題なのは、天下り先を確保し、随意落札など、水面下での不正と思われるようなお金の流れもあり、地方の為、国民の為の道路ではなく、やはり、政治家、官僚の利害における「美味しい財源」なのです。
知事は地元に予算を持ち帰ることが仕事の一つなので、気持ちは分かりますが、暫定税率を擁護する考えは浅はかだと思います。
例え、一般財源になろうと必要な道路は造るという制度をつくり、国全体で無駄を無くしてゆかないと自治体だけでなく、日本そのものが駄目になってしまいます。
私は、仕事がら、地方にも足を運ぶ事も多く有りますが、高速道路が無いから、不便だとは思わないとケースもあります。
実際、高速道路を造っても、既存の一般道路を使用してもあまり変わらないケースもあるみたいで、地方の国道を走っていても、高速代も払わず、信号も少なくてスムーズな道路もあるので、そんな所へは高速道路は必要ではないと思います。
こんな事を書くと、緊急を要する急患の病院への時間が、かなり時間が、かかってしまうと言われるかもしれませんが、それは、道路の問題と言うより、病院や医師の都市集中が、問題だと思います。
夕張市のように、破綻した自治体に市民病院が無くなってしまうと言う事を、国がサポートするべきだと私は思います。
専門家ではないので、間違った認識もあるでしょうが、兎に角、暫定税率など道路特定財源は無くし、縦割り税制を止め、不正や無駄の無い、必要な所へ使う税制にするべきだと思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-03-21 13:45

進まない年金問題

年金問題は、未だ解決せず、多大な税金だけが投入されている状況ですが、
社保庁の責任は、言うまでもないことですが、年々、年金を支払う人が減っています。

1000万以上の高収入者でも多くの人が、未納者がおり、この制度自体が機能していないのは、国の責任と同時に、自分勝手な人が増えつつあるのも嘆かわしいものです。

現在でも、こつこつと国民年金を納めても、生活保護費よりも少ないようなこともあるらしく、
何で、こつこつとお金を納めた人の方が、支給が低くなるのか、不思議でしょうがありません。

その生活保護費も、この先、予算が足らなくなるのは、歴然で、年金を納めない人が増える中、その人達に、生活資金が無くなれば、生活保護を支給するとなるとこの国は、大変なことになってしまいます。

私は、単純に、共済、厚生、国民年金の資金源は1つにし、税金同様に、年金を支払う義務を明確にすべきだと思います。
NHKの受信料と同様に、真面目に払う人がだけが、馬鹿を見る事がないようにしなければいけないと思います。

当然、未納者は、脱税同様に、処分対象にし、払う事が出来ない人には、手続きをすれば、救済できる制度を作ればいいと思うのです。
それに、社保庁など、公務員の横領に対し、一般企業よりも重い罪になるように法を作る必要があると思います。

年金運用失敗に対しても、何らかのペナルティを課し、安易に損を生み出しても平気な体質を変えるべきです。

昔の公務員は、一般企業よりも給料が低かったですが、今の公務員は、色んな面で優遇されているので、責任を問われるぐらいのことをしてもいいと思います。
多くの社保庁の勤務者が、離職したみたいですが、再就職し、一般企業に再就職した時に、公務員の有り難さを痛感すると思います。

公務員の方は、何で、公務員ばかり厳しく言われるのかと思われるかもしれませんが、
ただ単に、一般企業で働く労働者と責任を同等にすべきだと言うことに気づくべきだと思います。
公務員の方の一部は、大企業と比べ、不平を言う人が居ますが、大企業と比べる事自体が間違いで、平均年収500万とも言われている日本には、実際、200万以下の低収入者が、多く、
格差は広がりつつあります。

確かに、試験に受かり公務員になった人の言い分もありますが、自分達が恵まれた環境に居る事を認識した上で、国の財源に対し、責任感を持ってもらいたいのです。

どうかんがえても、社保庁の人間は、国民、厚生年金の運用を軽く考え、莫大な損失を生み、そして、天下りの為の箱物を多く造り出し、自分達が将来貰う共済年金は安泰と言うのは、あまりにも無責任と言われてもしょうがないと思います。

真面目に、一生懸命働いている公務員の方が殆どですが、一部の無責任な人間の為に、日本の財政は傾いています。
官僚や政治家や大企業ばかりが、富む世の中ではなく、主権のある国民全体が、潤う世の中になって欲しいものです。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-03-12 14:02

自分の為に頑張る人、他人の為に頑張る人、どちらも素晴らしい

日曜日の夕方のテレビ「バンキシャ」を観ていると、Qちゃんこと高橋尚子選手が今日のマラソン後の記者会見を報じていました。
体調も悪そうで、名古屋国際女子マラソンは、不本意なマラソンだったに違いなく、北京オリンピックの夢も叶わず、引退会見になると思いきや、高橋選手は、マラソンを続けると、笑顔で言いました。
素敵な女性だと感心しました。
素敵な女性といえば、同じく、夕方の「夢の扉」と言う番組で北條さんという77歳のおばあさんが、カンボジアで、私財と募金を集め、今までに9つの学校を作った事を伝えていました。
私は、以前、「スモーキンマウンテン」というフィリピンにある貧困家庭の子供達が、ゴミの山で、空き缶などを拾って、それを売り、辛い生活をしているドキュメントを観て、「幸せさぐり」という歌を作りました。
そのフィリピンと同様に、カンボジアやベトナムも教育さえ受けられず、親の手助けをしながら、生きている子供達が多いようです。
北條さんも、60を過ぎてから、テレビで、この状況をテレビで観て、自分の贅沢のかわりに、この子たちに学校を作ろうと思い、行動にうつしたそうです。
北條さんは、学校が出来ると、子供達に、必ず、「将来、何になりたいか」を聞くのですが、
子供達の多くは、おばあさん(北條さん)のようになりたいと言うのです。
「おばあさんのように、地位のある人になり、困っている人達を助けたい」と言うのです。
私は、優しさは連鎖するものだと確信しましたが、日本など、経済が発達する国の多くは、お金持ちになると自分の為だけに、豪華な家を建て、贅沢をしたがるのです。
日本のテレビでも、セレブを取材する企画の番組を観ますが、残念な事に、社会貢献に身を捧げる人はあまり観られません。
取材する側が、豪華さを見せる方に意識が強い為、社会貢献するお金持ちが居ても、あまり取り上げないのかもしれませんけど...
私も含め、何も出来ない人が殆どですが、こんな素晴らしい人が居ることを知り、機会が有れば、自分が出来る事を何かやりたいものです。
最後に私が作ったゴミの山で住んでた子供達を歌った「幸せさぐり」という歌の歌詞を書いておきます。
                [幸せさぐり]


ゴミの中で 幸せをさぐる   そんな悲しみを背負った子供達

拾い集めた 空き缶を売って 今夜のおかずは 魚の骨だけ

今の自分の環境と比べるのは 違うような気もするけれど

刺激を求めて さまよう人間が  つくる未来は本当の貧しさ




ハエがたかり 埃だらけの  ご飯が一時の家族の晩餐

好き嫌いなど 言える筈も無く 口に入る物 すべてがご馳走

裸足で駆けてく その先に  幸せが待っているかは わからないけれど

今を生きてる 幼い眼差しは  希望を引き寄せて穏やかに揺れてる 
[PR]

by kurukurutomo | 2008-03-09 19:48

吠える犬にも理由がる

私は、動物が好きですが、基本的に、大人しく言うことを、ちゃんと聞いてくれる動物であれば、なお、好きになってしまう。
当たり前のことではありますが、これは、人間関係でも同様で、人間でも、動物でも、好意的でなけれで、こちらも気持ちは離れてしまいます。
ただ、動物が、反発したり、言うことを聞かないのは、それなりの理由があるのだろうと思います。
人の立場で考えても、なかなか、その理由を察する事は出来ない時も多くあり、可愛がっているのに、やたらと吠える犬がいます。
私が仕事でお世話になっている所の犬もよく吠えます。
触ったり、撫でたりさせてくれるし、気持ち良さそうにしているのに、離れる時に、必ず、吠えるのです。
もしかしたら、「もっと、私を撫でてくれ、やめるんじゃない!」と言って吠えているのかもしれません。
その犬は、事情があり、持ち主と離れて暮らす時期があり、その間、かなりのストレスにより、全身の毛が抜け落ちてしまいました。
今は、だいぶ回復してきましたが、皮膚の薬を飲みながら、寒さにも耐えています。(犬用の服は着ています)
だから、少し、甘やかし気味なので、自分が、飼い主の次に一番偉いと思っているのかもしれません。
飼う以上は、躾をすることは、犬にとっても人間にとっても、よい事だと言われていますが、
それも、やはり、人間の都合上の理論でしょうね。
3月中に上映される映画で「犬と私の10の約束」の約束の項目で、凄くうなずいた言葉があります。
それは、「言うことを聞かないときは、理由があります。」という言葉です。
以前、象が暴れて、象使いを攻撃する時があると聞きましたが、そんな時、その国の人達は、象を処分したりしないそうです。
ぞれは、あばれる理由があり、象使いからの虐待やストレスなどが原因だから、象の気持ちも尊重するそうです。
日本では、どんな理由があろうと人に危害を与えれば、処分されます。
危害を受けた方のことを思うと、仕方ないことかもしれませんが、ちょっと可愛そうな気もします。
人も動物も相手を尊重すると言う事が出来ればいいのですけれど...
[PR]

by kurukurutomo | 2008-03-06 16:31