リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

平和国家は夢ではないと信じたい!!

私は、日本が日米安保条約を破棄し、軍隊も武器も持たない平和国家になることを一番に願っていますが、
今の状況で安保が無くなれば、近隣国から守る為という風潮から、軍隊や武器も増強する国になってしまう恐れがあるので、今の現状で安保を破棄するのは、反対というか?危険だと思うのです。

安保条約が、ベストではなくベターだと以前の日記に書きましたが、誤解がないように言い換えると「その方がまし」かもしれないということです。

アメリカの軍隊に守られるということは、アメリカが加担する戦争に間接的に関わることになるので、平和主義に疑問を感じる人もいるでしょうが、サン・フランシスコ条約で、表向きな独立国家を得たようですが、実際はアメリカの属州に過ぎません。

ただ、戦争敗戦国である日本が、中国、ロシアがアメリカと戦後処理をされていたら、日本は今の日本にはなっていなかったでしょう。
最悪、資本主義国と共産主義国に、2分されて家族がひき離されていたかもしれないのです。

私は、朝鮮半島の分断は日本の身代わりになったような気がするので、朝鮮戦争での特需も含め、朝鮮半島には、大きな迷惑をかけたと勝手に思っています。
直接的な責任は日本にはありませんが、道義的に責任があるように私は思うのです。

なのに、日本人の一部の者たちは朝鮮民族を差別したり、侮辱したりします。
日常では、そんな差別的な発言をする人はいませんが、ネット上では、自分の正体が明らかにならないことをいいことに、平然と差別的な書き込みをします。

長い歴史の上で、日本は朝鮮半島に侵攻したことはありますが、日本は侵攻されたことはありません。
なのに、このような差別をする者が無くならないのは残念で仕方ありません。

話は戻り、
安保が無ければ、近隣国が攻めてくることは私自身考えられないことですが、日本の今の風潮では、安保もなく、軍備を持たない「丸腰」では、近隣国に領土を犯されて、日本が占領されてしまうと思っている人が大半だと思われます。

中国との尖閣諸島や韓国との竹島問題は、漁業権もあるとは思いますが、それぞれの国の保守層に対する意思表示であり、内政を守る為には、引くに引けない事情があると私は思うのです。

私が考えるに、資源も国土も狭い日本を色んなリスクをおかして侵攻してくる必要は無いと思うのです。
中国やロシアは日本に対して欲しいものは、技術やブランド(安全など)なのです。

だから、日本のものを奪う方法は、軍備ではなく、マネーなのです。
中国は、日本の清流を得る為に、水源のある山を買いたがり、ロシアは技術の高い工場のある町ごと買収したいと思ったりしているようです。

これは、中国やロシアの脅威ではなく、国内問題なのです。
大企業ばかり優遇し、守ってきた日本政府は、中小企業などの町工場の技術を軽んじて、不景気の波から中小企業を守ってきませんでした。

言わば見捨てた感じもあり、そんな状況に中国などの近隣国が、目をつけて手を差し伸べた結果が技術の流出に繋がったと思うので、日本を守るか守れないかは、国内問題なのだと私は思うのです。

中国は脅威と言っても、アメリカを敵に回したら、それ以上の脅威を感じるでしょう。
もし、日本がアメリカと決別することになれば、
アメリカは軍事的な圧力は与えて来なくても、経済的な圧力を与えてくるから、
資源の無い日本は、弱い立場に置かれてしまうのです。

将来、日本が真の独立国家になるには、武力ではなく、技術の躍進しかないと思うのです。
今までのようなエネルギー利権に向かわず、石油、石炭、天然ガスに替わる新たなエネルギーの開発です。

メタンハイドレードやオーランチオキトリューム、水素エネルギーなど安全で無害で、日本の中で作れるエネルギーを予算を組んで、作り出してゆくことだと思うのです。

将来、安保条約もなく、軍隊も軍備も核施設も持たない平和な国を作り、相手を尊重し、「思いやり」や「もてなし」の精神で、日本の良さを世界にアピールし、日本発信の平和主義を世界に広げてゆくことが夢ですね。

だから、日本の技術を良い方向に導いて欲しいです。
だけど、世界の原発の原子炉は日本製が殆どらしく、特に日本製鋼の鋼鉄の原子炉は他の国に真似が出来ないくらいだそうです。

日本の鋳型の技術は、まだまだ他国より勝っているので、これからは原子炉ではなく、もっと安全で平和的な物を造って欲しいものです。

中国で、クロネコヤマトの宅急便が新しい風を吹き込んでいるように
幾つかの日本の企業が日本独自のサービス方式で、中国企業に挑んでいます。

生活レベルが急速に上がっている中国人たちも日本式のサービスを見直していて、日本気質の良さを外国も評価してくれるようになっています。

日本の誇りとは、軍事的な対抗ではなく、日本特有の「思いやり」や「もてなし」の精神だと思うのです。
戦争、暴力、差別の根絶を日本が率先して世界を導いてゆくことを願う私を机上の理想論と馬鹿にするかもしれませんが、理想を失ったらおしまいだと思うので、この理想はこれからも持ち続けます。

以前より、友人からフェイスブックを勧められていて、日記はそちらの方で書きたいと思うので、
このブログでの日記はこれで最後となります。
読んで頂いた方は今までありがとうございました。

フェイスブックでまた会えることを楽しみにしています。
[PR]

by kurukurutomo | 2012-04-07 21:20
中国バッシングする番組は疑って... >>