リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

猫ひろしさんのオリンピック出場について

晴れて、カンボジア代表として、ロンドンオリンピックに出場が決定した芸人の猫ひろしさんについては、賛否両論あるようですが、テレビのメディアでは祝福ムードで猫さんのニュースを放送しています。

私は、個人的に反対の意見で、猫さんがカンボジアにどれほど定着し、言葉などの文化を受け入れて、カンボジアという国のことを理解しているのか不明で、オリンピックに出る為の手段だけの感じがします。

オリンピックが済んだら、日本へ戻り、カンボジアと疎遠になるのなら、国籍という概念は凄い曖昧で、何の意味もなさないいい加減なものだと思ってしまいます。

まぁ、カンボジアの国籍に対する基準が甘いのは、仕方ないにしても、IOCがこれをあっさりと認めてしまうのはおかしいと思うのです。

それだったら、オリンピック基準以下に達しない国に対する特別枠なんて作る必要は無いと思うのです。
今回のカンボジアのマラソン枠は、陸上競技でカンボジアはすべて基準以下だったので、特別枠で、男女一人づつ参加を認めるということなのに、こんな形で外国人が貴重な一枠を奪ってしまうのはおかしいと思うのです。

猫さんがカンボジア国籍を取り、オリンピックに出ることで、カンボジアにとって、何かしらのメリットがあるのだろうけど、カンボジア国民の人たちはどう思っているのだろうか?

テレビでは、何の反対も無いような雰囲気だけれど、ワタミの社長であり、カンボジアで学校を作ったりして支援をしている渡邉美樹氏が言うには、国民は反対しているみたいです。

猫さんには、頑張って走ってもらいたいものですが、それ以上に、オリンピックを通じて、そしてオリンピックが終わった後も、カンボジアに何かしらの貢献をして欲しいものです。

ところで、直ぐに日本に帰化することは可能なんでしょうか?
もし、オリンピックが終わり、直ぐに日本に帰化できたならば、猫さんを軽蔑するし、国籍という概念に、より一層の不信感を抱いてしまいます。

それにしても、記者会見ぐらいカンボジアでやった方がいいと思うのですけど…
[PR]

by kurukurutomo | 2012-03-27 09:32
<< 中国バッシングする番組は疑って... 満身創痍のkaraは、痛々しい... >>