リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

謙虚さと柔軟さが日本を救う

国内唯一・世界第3位の半導体DRAMメーカー「エルピーダメモリ」が倒産したニュースを聞いて日本の製造業の将来が暗いものだと感じました。

円高の影響も当然あったでしょうが、家電を中心に日本の製造メーカーはとにかく新商品の販売を優先し、アフターサービスよりも商品を買わすことに重点を置いてきました。

最近は、電気製品を修理に出しても買い換えるという選択肢しかないような感じで、デジタル化という波は
テレビ離れという国民を増やす結果になったような気がします。

技術者を大事にしない日本の方向性は、技術が韓国や中国に流出し、日本の宝を蔑ろにしてしまいました。
一部の者の利益を守る為に、国益を損なう結果になったと言っても過言ではないでしょう。

確かに日本の技術は高いものだと思うのですが、近隣のアジア諸国に対する考え方が甘いように思えるのです。
どうしたって、日本に追いつけるはずは無いだろうという過信があったように私は思うのです。
テレビでは、中国のいい加減でずさんなニュースを流し、小馬鹿にしたような報道をします。

私は、中国国家は一党独裁のろくでもない国家だと思いますが、中国の見方が偏見にまみれているように思えるのです。

震災後1年経ち、中国人の観光客だけが震災前以上に増え、形は変われど日本の商品を多く買ってくれています。
そのニュースのほとんどは「爆買い」という表現をしますが、何か見下げた表現で、間違っているような気がします。

日本の商品に対し、信頼度が高く、日本の商品を好んで買ってくれていることに感謝するべきなのに、「爆買い」という言い方はおかしいと思うのです。

昔、バブルの頃に、日本人がフランスでブランド品を買っていた時も現地では日本人のブランド買い観光客をフランス人は小馬鹿にしていた光景と似ていると思うのです。

アメリカでも日本の車に対して、アメリカの車に脅威を与えるなんて初めは思わなかったと思うし、勢いを増してアメリカの象徴的な物を買収する日本企業に対して、批判的な言葉を吐いていたと思うのです。

何か、童話の「うさぎとかめ」のような図式が世界の中で繰り返されているような気がするのです。
現在勢いのある韓国や中国の家電商品も将来、インドネシアやマレーシアのような国に追いつかれ追い抜かれるかもしれないです。

日本がアジアの中で特別な存在である為には、謙虚さと柔軟さを大切にしてゆかなければいけないと思うのです。

例えば、製造大国という誇りを捨て、観光大国に移行する事も選択肢の一つだと思うのです。
日本ほど安全な国はなく、人に親切で、思いやりのある感謝の国というメリットを活かして外国人観光客を増やしてゆくことに進んでもいいと思うのです。

私は、常々日本の高齢化社会と少子化問題を解決する希望として、外国人移民の受け入れをやるべきだと言っていますが、実際、日本の底辺を外国人不法労働者が支えている現状があるので、審査を通し、正規に移民を受け入れ、移民緩和をすると同時に、不法労働者を減らすべきだと思うのです。

日本の企業も外国人留学生の採用を増やしている背景には、その留学生の母国での販売促進の目的はありましたが、大きな要因として、日本人の一般学生より優秀な学生が多いということらしいです。

日本は受験が終わると学ばなくなるという風潮があり、学生生活で目的意識が高い留学生と差が出てしまうようです。

だから、東大などの秋入学はデメリットが大きいにも関わらず、そんな話が出てくるのは、やはり、優秀な人材を海外に求めているからだと思うのです。

日本を立て直すには、日本人だけではなく、日本に住む日本を愛する人たちで行わなければいけないと思うので、民族差別をするような偏見は捨て、個人個人を見極める心が必要だと私は思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2012-03-08 00:04
<< 今日の「たかじんのそこまで言っ... 日本代表のシリア戦を終えて... >>