リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

把瑠都への「帰れコール」は間違っている

 大相撲初場所は、 把瑠都の初優勝となり、来場所の横綱への夢が膨らむ場所となりました。
場所の後半になるにつれ、落ち着いた相撲を取り、大きな身体を活かした相撲をとっていたように思えます。   
ただ、稀勢の里との対戦は好取組になる予想を裏切るような一瞬で終わるはたき込みという結果に終わったのは私も残念でしたが、それ以上に残念というか、怒りが湧き起こったのは、一部の観客が把瑠都へ「帰れコール」を浴びせたことですね。

例え、期待の一番があっけない幕切れになったとはいえ、観客が把瑠都へ「帰れコール」を浴びせるのは、マナーに反するし、失礼なことだと思うのです。

その光景を見ていた相撲関係者たちもそれに対して肯定的のような感じがし、ある局のアナウンサーは、「相撲は勝ち星を積み上げるだけのものではない」と言って、把瑠都を批判していたのです。

横綱審議委員もこの勝負について、凄く批判をしており、「品格」が問われるとまで言い、次の大阪場所で連続優勝したとしても、横綱昇進は認めないという風にも言っていました。

私は、稀勢の里との対戦は、立合いのしきりが合わず、中途半端な立合いで、頭の下がった稀勢の里をとっさに引き落としてしまったのだと思うのです。
相手が格下ならともかく、同じ大関同士なので、ここまで叩くのは、おかしいと思うのです。

もし、これが逆に優勝のかかる状況の稀勢の里が、他の大関を変化して勝利したなら、ここまで批判はしないと思うのです。
要するに、相撲ファンからすると日本人関取に優勝の目があったのに、堂々と勝負せず勝ったのが気に入らないのです。
時に相撲を神儀と言い、感情を表に出すことも許されないという美学がありますが、相撲協会のやっていることは
興行であり、メディアもスポーツの枠で相撲を語っています。

ルールに反するなら駄目ですが、優勝がかかる大事な取り組みで、1番このような決まり手があったからと言って、観客が「帰れコール」するのは、人としての品格を疑われると思うのです。

品格、品格と大層に言うならば、それを観戦する者たちにも最低限のマナーを守る義務があるでしょう。
私は、外国で日本人選手が活躍したにもかかわらず、勝ち方が悪いからと言って、「帰れコール」をされたなら、その国や文化に対して嫌悪感を感じてしまうでしょう。

相撲道、美学的に残念なことではあるでしょうが、これほどまでに批難するのは間違っていると私は思うのです。
取り組みで、相手が変化してもそれに対応しつつ、すばやく前に出る姿勢の裏には、足の運びや頭の位置だとか、技量を向上させる日頃の稽古だと思うのです。

この取り組みで簡単に引き落とされた稀勢の里の技量がまだ未熟なところがあり、負けた方が悪いという見方も有りだと思うのです。
実際、この後の取り組みで大関、日馬富士が、変化により横綱、白鵬に勝った時も、白鵬は「変化すると思わなかった」と言いつつ、「負けた自分が悪い」とも言っていたそうです。
やはり、勝負事なので、真剣勝負の勝ち星は大切なもので、ましてや優勝するには「どうしても繋げたい勝ち星というものはあるはずなので、多少は寛容に観てあげるべきだと私は思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2012-01-24 15:31
<< 貴重な外国人介護士候補をもっと... 日本国民よりアメリカを優先した... >>