リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中国を非難するばかりではなく、自分の国の足元をしっかりとみるべきだ!

今年を振り返ると、東日本大震災という大惨事は、大きな犠牲を伴い日本にとって大きなターニングポイントになったと思います。

原発の安全神話という嘘が明かになり、日本という国は、やはり一部の特権者の為の既得権益が一番に優先されていることがよくわかりました。

当然、マスメディアも利害関係があり、国民にすべてを吐き出してはいません。
日本は、アメリカと同様に巧みに国民を欺くことに長けていると感じました。

隣の中国という国は、共産党の1党独裁でありながら、世界第2位のGDP経済大国になりました。
経済大国でありながら、中身は問題だらけの最低な国家だと思います。

列車事故の車両を地面に埋めようとしたり、近隣国の海域を脅かしたり、汚職まみれの不公平だらけの社会など、そんな卑劣な国家の影響なのか、国民も個人主義に走り、日本人の常識では考えられないことが多いです。

だけど、そんな中国を軽視したり、馬鹿にしたりした番組作りは私は快く思っていません。
中国みたいな民主主義も無い国を日本の常識で比べて「中国はなんて国だ!日本に生まれて良かった」という発想になるのは、あまりにも浅はかだと思うのです。

確かに、中国国家のやり方は稚拙で、誰が見ても否定的にみるのだけれど、日本という国家も国民を欺きながら、巧みに国民を騙していることが少しづつ明るみ出てきているのだから、他所の国の事ばかり中傷するのではなく、自分たちの国家がやっていることに真正面から真剣に考えなければいけないと思うのです。

私は、130億円も費やし研究していた「スピーディー」の公開をしなかったことの罪は大きいと思うのです。
何故、すぐに公開しなかった理由として、内閣はスピーディーに対しての把握が甘かったとしているし、文部科学省や安全委員会、保安院は内閣への報告義務の責任の押し付け合いをしていて、挙句は「スピーディーの情報の正確さを裏づけできていない」とも言っているようです。

原発事故の為の「スピーディー」なのに、いざと言う時に、これを活かさないというのは、この情報は被災国民の為に行った事業ではなかったということが明らかになったと考えられます。

被災地の人たちの避難を30キロ円形にして、放射性物質が飛散する方向が判っているのに、その情報を流さなかったのは、中国国家がやっていることと大して変わらないと私は思うのです。

そして、悲しいのは、マスメディアではその責任問題を積極的に追求しないことです。
このスピーディーの問題はすぐに公表すれば、都合が悪い事情があったと推測されます。
そうでなければ、放射性物質に犯される危険性が判っているのに、この情報をつかさどる主な機関の者たちの誰も声をあげようとしなかったのは、非人道的なことだと思うのです。

正しい情報を流していれば、余計な被曝をせずに済んだのに、怒りが込み上げてきます。
中国の幼児ひき逃げ事件での助けようとしなかった者たちと変わらないと思うのです。

自分たちに火の粉がかからないように、知らんぷりをするのは、中国だけのことだけでなく、日本でもあるのです。

隣国の事を日本の常識で裁く前に、自分の国の隠蔽された汚れた部分をもっと訴えてゆかなければいけないと思うのです。

前にも書きましたが、韓流偏向デモをやる者たちは、本当に日本の国の危機に対して行ったというならば、向く矛先が誤っていることを自覚しなければいけないと思うのです。

デモする相手は、東京電力にまつわる電力利権に絡む大きな力に対してやるべきだと思います。
国粋主義的な民族差別者に利用されてデモに参加するのではなく、日本を駄目にしているのは、日本の外ではなく、内にあることを理解しなければいけないと思うのです。

私は、来年も差別、暴力、不公平に対して正直に発言してゆきたいと思っております!
皆様、良いお年をお迎え下さい!!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-12-31 13:39
<< 賢い評論家たちもテレビの中のた... 紅白に、K-popが出ることを... >>