リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハロプロまで在日コリアン狩りをするネットの卑怯者たち!

日韓併合から、ちょうど100年経ちましたが、戦争など色々な経緯をたどり、両国の関係はかなり様変わりしてきました。

被害国の立場にある韓国では、反日的な考えが根強く残り、日本文化に触れる事さえ許されない時代が長く続いていました。

そんな両国でありますが、2002年の日韓ワールドカップの共同開催は、大きな変換のきっかけになったと思われます。

そして、「冬のソナタ」で始まった韓流ブームは一時のブームに終わらず、日韓関係を劇的に変える社会現象になりました。

最初は中高年の女性だけのブームでしたが、男性にも飛び火し、K-POPという音楽の分野に広がることで、若い世代にも浸透しつつあるようです。

人間というものは、相手に好意を持つことで、相手も悪い気持ちにはならず、相手も好意的に見てくれるものなので、韓国の日本文化の開放が後押しをし、韓国の人たちの日本に対する気持ちも変わりつつあるようです。

単純に、「いいものは、いい」とお互いの文化を認め合うことで、過去の歴史に縛られ続けた両国の新しい未来が築けると思うのです。

当然、日本にも韓国にも友好的に接するなんて出来ないし、今でも敵だと言う人もいるでしょう。
それは、個人見解なので、否定してもしょうがないのですが、根拠の無い差別や中傷は、やはり、許せない事ですね。

私は、「モーニング娘」というか「つんく」さんがプロデュース「ハロプロ」の概念が好きなのです。
今、AKB48におされ、人気が低迷しているようなイメージがあるモーニング娘ですが、私は今のメンバーは、
まとまりがあり、けっこう個性的なキャラクターが揃っていて好きなんです。

中国人メンバーの2人も最初は馴染めず、メンバーに入れる意味があるのか?疑問がありましたが、つんくさんが選考した理由が、よく分かってきました。

当初、中国人や韓国人をハロプロに入れることに嫌悪感を持つものも多くおり、一部の意見ではありますが、
「台湾人なら許せるが、中国人、韓国人は認められない」というのも掲示板の書き込みにありました。

これって、個人の能力ではなく、親日国とか反日国という括りで物事を考える思想信条の考え方で判断しているとしか思えないのです。

こんな考え方は一部の者だけと信じたいですが、ネット上では、相変わらず、「在日コリアン狩り」のような書き込みが多いです。

モー娘のリーダーである高橋愛さんが、韓国の文化に、はまっているということに関し、「在日コリアンだ」という風に中傷したりしています。
あげくは、「ハロプロは在日コリアンばかりだ」と嘆く書き込みもあります。

実際、在日コリアンか、日本人かなんて、どうでもいいことなのに、何故、戦争やその前後の歴史もろくに知らない若い世代に、魔女狩りのような在日コリアン狩りを平気でやるのか?理解に苦しみます。

部落差別の問題も有名人の中で、被差別地区出身であることを憶測で書き込んだりしています。
部落の歴史も発祥の事実は、ほとんどの人が知らないのに、犯罪者のように捉えるネット社会は、確実に弱い者虐めのはけ口になっています。

罪を犯した者を誹謗中傷するなら、まだ理解できますが、在日コリアンや被差別地区出身者の人たちは、非難される根拠はあるはずもないのです。

日常の会話が建前で、ネット上の匿名性になると本音が出ているのであれば、日本に住む人の心はかなり荒んでいるように思えます。

だけど、ネット上で馬鹿な中傷をする者が多いように思えても、実際は、相対数は少ないかもしれないので、日本社会全体を嘆くのは、浅はかかもしれないです。

良くも悪くも、個人が得られる情報の真実性は不確かで、提供される情報も公平中立であるかは信じ難いものがあります。

どうでもいいニュースが前面に出てきて、大切なニュースはほとんど表に出てこない事も多いので、何を信用するかは、個人の選択に委ねられているとしか言えないですね。

中国での大連の石油パイプラインの爆発事故、山峡ダム決壊の恐れ、法輪功への弾圧など、反中国評論家たちでさえ、メディアで言っていないので、世界には伝えられていない大切なニュースが多くあると思うのです。

その点日本は、すべて公開しているなぁ~と思っていたら、大間違いで、日本人も情報操作でコントロールされていることを自覚した方がいいと思います。

去年だったと思いますが、イタリアでの大量のアメリカ国債を持ち込んだ日本人(財務省の者という噂も)のニュースもほとんど報じていないですが、これは、偽造であれ、本物であれ、大変なニュースなのに、真相を追究しないマスメディアは、何かの圧力が、かかっているのではと疑いたくなります。

色んな方向から考えると訳が分からなくなりますが、私としては、根拠の無い差別や中傷だけは、否定し続けたいと思うのです。

だから、自分に関わる者同士の間で、差別的な発言があれば、誤魔化さず差別の無意味さをぶつけていきたいと思っています。

それでも、場の雰囲気や言いにくい立場の人には何も言えないかもしれないですね。
だから、ブログの日記や自分が作る歌などで、伝えてゆきたいと思っています。

兎に角、匿名で誹謗中傷するのは、イタズラ電話と変わらないと私は思います。
批判するなら、堂々とやれと言いたいです!
[PR]

by kurukurutomo | 2010-07-25 12:37
<< 今、気になるシンガーたち! 大国のやる事は、どこも保身とい... >>