リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


猫ひろしさんのオリンピック出場について

晴れて、カンボジア代表として、ロンドンオリンピックに出場が決定した芸人の猫ひろしさんについては、賛否両論あるようですが、テレビのメディアでは祝福ムードで猫さんのニュースを放送しています。

私は、個人的に反対の意見で、猫さんがカンボジアにどれほど定着し、言葉などの文化を受け入れて、カンボジアという国のことを理解しているのか不明で、オリンピックに出る為の手段だけの感じがします。

オリンピックが済んだら、日本へ戻り、カンボジアと疎遠になるのなら、国籍という概念は凄い曖昧で、何の意味もなさないいい加減なものだと思ってしまいます。

まぁ、カンボジアの国籍に対する基準が甘いのは、仕方ないにしても、IOCがこれをあっさりと認めてしまうのはおかしいと思うのです。

それだったら、オリンピック基準以下に達しない国に対する特別枠なんて作る必要は無いと思うのです。
今回のカンボジアのマラソン枠は、陸上競技でカンボジアはすべて基準以下だったので、特別枠で、男女一人づつ参加を認めるということなのに、こんな形で外国人が貴重な一枠を奪ってしまうのはおかしいと思うのです。

猫さんがカンボジア国籍を取り、オリンピックに出ることで、カンボジアにとって、何かしらのメリットがあるのだろうけど、カンボジア国民の人たちはどう思っているのだろうか?

テレビでは、何の反対も無いような雰囲気だけれど、ワタミの社長であり、カンボジアで学校を作ったりして支援をしている渡邉美樹氏が言うには、国民は反対しているみたいです。

猫さんには、頑張って走ってもらいたいものですが、それ以上に、オリンピックを通じて、そしてオリンピックが終わった後も、カンボジアに何かしらの貢献をして欲しいものです。

ところで、直ぐに日本に帰化することは可能なんでしょうか?
もし、オリンピックが終わり、直ぐに日本に帰化できたならば、猫さんを軽蔑するし、国籍という概念に、より一層の不信感を抱いてしまいます。

それにしても、記者会見ぐらいカンボジアでやった方がいいと思うのですけど…
[PR]

by kurukurutomo | 2012-03-27 09:32

満身創痍のkaraは、痛々しいけど頑張って欲しい!!

昨日は、まんぷくブラザーズだけの3人で、ライブをしました。
一部は、個々のソロをして、2部はオリジナルの新曲を15曲ほどし、最後は桂雀三郎師匠とのユニットで演奏している「それぞれの味」「そよ風のラブソング」「ヨーデル食べ放題」で締めくくりましたが、3人でやる歌が出揃ったのが4日前だったので、本当に大変でした。

納得した出来にはなりませんでしたし、個人的にも課題ばかりが見つかったライブでしたが、
いい経験にはなりました。
来場して頂いたお客様には本当に感謝でした。

今日は久しぶりにパソコンを開く時間が出来て、先日、抽選の応募をしていたkaraのコンサートの抽選結果が出ていたので見てみると、やっぱり、落選でした。

ぴあの一般発売も既に、売り切れていて、どうやら、あっといおう間に立ち見まで売り切れたそうです。

先日、ツアーの初っ端だったソウルでのコンサートが噂によると、入りがもうひとつだったみたいなので、
もしかしたら、抽選で当たるのではと思っていましたが、残念な結果になりました。

それでも、会場がガラガラより、チケットが取れないぐらい人気が高い方が、ファンとしては嬉しいので、生で観ることは出来無さそうだけど、落選したことが少し嬉しい気もします。

私は、人前で演奏したりするのですけど、人ごみが苦手で、多くの人が集まるコンサートは行く気持ちには、
なれなかったのに、karaだけはそんな苦手な事以上に、生で観てみたいという気持ちが勝ったのは、自分でも不思議な感じがします。

ただ、メンバーのギュリさんは声帯の手術で喉に不安があるし、二コルさんも足の靭帯を痛めているみたいで、今日のMUSIC JAPANでも踊れない状態なので、日本ツアーが近づいていることを考えると、楽しみな反面、心配にもなってきます。

無理はしないで欲しい気持ちもありますが、ベストのフォーマンスも演じて欲しいし、複雑な気持ちになってしまいます。

karaって何故か、怪我が多いように思えますね、確かスンヨンさんも以前足を怪我していたみたいだし、怪我をしないのもプロとしての条件ですけど、karaの場合は頑張り過ぎている事が、怪我に繋がっているような気がしますね。

私は、「STEP」のような激しいダンス曲より、「アンブレラ」のような可愛いくゆったりとした振りの曲が好きなので、身体に負担の無いような、可愛い振りの曲をもっと歌って欲しいですね。

karaファンの中でも人気の高い歌では無いのですが、「スイートデイズ」(日本語版はウィズ)の歌っている動画を観た事がないので、是非、コンサートで歌って欲しいですね。
そして、コンサートを収録したDVDを発売して欲しいです。

コンサートのチケットが手に入らなかった者のささやかなお願いです。

歌だけでなく、バラエティでも楽しませてくれるkaraは、これからも日本と韓国で活躍して欲しいですね!
[PR]

by kurukurutomo | 2012-03-25 22:40

今日の「たかじんのそこまで言って委員会」を観て思うこと

東京の人は観れない読売テレビで制作する「たかじんのそこまで言って委員会」は、保守を強調するレギュラーメンバーで、中国や韓国をバッシングするある意味画期的な番組です。

私は、呆れながらも毎回録画して観ておりますが、私のように斜めから観る人は少なく、保守的、国粋的な考えを持ち番組を称えながら観ている視聴者がほとんどかもしれません。

この番組が東京で放送をしないというか、放送できない要因はあまりにも偏りのある番組内容だからだと私は思います。

この番組で、言いたい放題に物を言うコラムニストの勝谷誠彦氏は、誰も言わない裏の話や真実を主張し、言い切るところは、視聴者に受けているようで、私も同感することは多いのですが、この人は防衛問題になると自分の思想信条に沿った見方しか出来ず、特に中国に関する事になるとすべてを否定的に述べてしまうのです。

それから、軍国主義下の軍隊に関しても擁護することをよく言い、核兵器を容認しているようなことも言ったりします。

本当に、日本の国民の為に真実を語るのならば、何故、原爆投下を軍部は知って黙認した疑いがあることを何故、取り上げ、当時の軍隊は国民の幸せを第一に考えてはなく、自分たちの保身を優先したり、国体の事しか考えていなかったことを言わないのかと私は不信感を持ってしまいます。

勝谷氏に関わらず、特に保守論者は自分たちの思想に都合の良いことだけを主張し、過去の戦争責任を軽視するようなことを言います。                                                 まぁ、右左関係なく、自分の思想信条で偏るのは仕方ないことですが、番組全体がひとつの方向に向いているのは問題があると思います。

関西の番組ではよく観られるのは、ある一部の事例を取り上げて、すべてがそうであるかのような言い方をすることです。

今日の「そこまで言って委員会」でも勝谷氏はコンビニの中国店員の対応について文句を言い、日本に来ている中国人がそうであるかのような言い方をします。

確かに、中国に限らず、外国では店員の対応は悪く、日本は接客態度の面ではズバ抜けていいと思います。
だけど、私自身色んな外国へ行き、買い物をしたりしたことはほとんど無いので、テレビを通して聞いた情報をそのまま受け入れているだけで、分かったようなことを言うのも危険だと思います。

私は少なくとも日本で働く外国人、特に中国人の店員を見ていてそんなに悪い印象は無く、結構、日本のやり方を学んで頑張っていると思うのです。

あるラーメン屋で日本語にもまだ不慣れで、色んな客が注文する対応に戸惑いながら、店主に教わりながら一生懸命に頑張っている光景をみると、日本人が中国でこれほど前向きに頑張れるだろうかと考えてしまうのです。

勝谷氏は頭も良く、情報力も豊富なのに、このような偏った考えをするのは勿体無いような気がします。
はやく、民族単位で考えるのではなく、一人の人間としてのグローバルな考え方をしてもらいたいものです。

そう言えば、この番組には、奇抜な保守論者が出てきますが、今日は惠隆之介 という元自衛官の評論家が出ていましたが、この人は沖縄出身でありながら、沖縄戦を美談的に捉え、集団自決を愛国心の反映のように言い、逆に、軍が自決をしようとする沖縄の人たちを自決しないように食い止めようとしたみたいなことも言っているみたいです。

当時の軍隊は沖縄民に手榴弾や銃を渡して、自決を促した部分もあり、自決を防ごうとする軍人もいたかも知れないですが、それは極一部だったと思われます。

戦争体験の証言でも壕の中で、泣く赤ん坊を黙らすように母親に口を塞ぐことを命じたり(殺してしまわなければいけないケースもあったようです)、一般市民を壕の外に放り出したりした軍隊もあったようです。

私は、当時の軍人が悪いという発想ではなく、軍国主義という体制と中枢にいた人たちに大きな問題と責任があったと思うのです。

絶えず、戦争に対して全否定してゆく必要があり、もし、太平洋戦争で日本が勝っていたら、このような自由で高度な経済成長した国にはなっていなかったと思うのです。

それに、アメリカに単独的に占領されたことは、国が分割されることなく、急速に復興したのは、すごくラッキーだと思うので、それを忘れ、憲法9条や日米安保を全否定するのは、思い上がりだと思うのです。

惠隆之介 は、番組の冒頭に、たった一回の敗戦で、日本は自信を無くしたかのようなことを言っていましたが、こんな考えを持つ者が自衛隊にいたと考えると怖い気がします。

それに、テレビでこんな発言を許す番組にも問題があると思います。
戦争を肯定するような発言は、断じて許すべきでは無いのです。

私は日米安保を正しいとは言い切れませんが、少なくとも今の日本の選択肢の中ではベターであり、仕方ない選択だと思います。

実際、60年以上日本が戦争に関わることなく、平和に暮らし、徴兵制度で無理やりに兵役に入ることも無かったので、メリットの方が、断然大きいと思うのです。

安保を解消し、日本が独自に軍隊を持てば、当然、軍事費も増え、核兵器も持つことになるでしょう。
徴兵制度も必要となり、私たちの生活は変貌してしまうでしょう。

日本が、今やるべきことは、無駄な既得権益を無くし、新たなエネルギー開発に投資し、外国に負けない技術で日本特有の資源確保をしてゆくことだと思うのです。

日本に住み、日本を愛する者であれば、民族は関係なく、日本にとって有益になるならば、外国人を積極的に受け入れてゆくべきでしょう。

何もせず、日本の誇りとか言って、民族差別をするようなネット上の馬鹿こそ、日本にとってマイナスになってしまうと私は思うのです。
[PR]

by kurukurutomo | 2012-03-18 16:09

謙虚さと柔軟さが日本を救う

国内唯一・世界第3位の半導体DRAMメーカー「エルピーダメモリ」が倒産したニュースを聞いて日本の製造業の将来が暗いものだと感じました。

円高の影響も当然あったでしょうが、家電を中心に日本の製造メーカーはとにかく新商品の販売を優先し、アフターサービスよりも商品を買わすことに重点を置いてきました。

最近は、電気製品を修理に出しても買い換えるという選択肢しかないような感じで、デジタル化という波は
テレビ離れという国民を増やす結果になったような気がします。

技術者を大事にしない日本の方向性は、技術が韓国や中国に流出し、日本の宝を蔑ろにしてしまいました。
一部の者の利益を守る為に、国益を損なう結果になったと言っても過言ではないでしょう。

確かに日本の技術は高いものだと思うのですが、近隣のアジア諸国に対する考え方が甘いように思えるのです。
どうしたって、日本に追いつけるはずは無いだろうという過信があったように私は思うのです。
テレビでは、中国のいい加減でずさんなニュースを流し、小馬鹿にしたような報道をします。

私は、中国国家は一党独裁のろくでもない国家だと思いますが、中国の見方が偏見にまみれているように思えるのです。

震災後1年経ち、中国人の観光客だけが震災前以上に増え、形は変われど日本の商品を多く買ってくれています。
そのニュースのほとんどは「爆買い」という表現をしますが、何か見下げた表現で、間違っているような気がします。

日本の商品に対し、信頼度が高く、日本の商品を好んで買ってくれていることに感謝するべきなのに、「爆買い」という言い方はおかしいと思うのです。

昔、バブルの頃に、日本人がフランスでブランド品を買っていた時も現地では日本人のブランド買い観光客をフランス人は小馬鹿にしていた光景と似ていると思うのです。

アメリカでも日本の車に対して、アメリカの車に脅威を与えるなんて初めは思わなかったと思うし、勢いを増してアメリカの象徴的な物を買収する日本企業に対して、批判的な言葉を吐いていたと思うのです。

何か、童話の「うさぎとかめ」のような図式が世界の中で繰り返されているような気がするのです。
現在勢いのある韓国や中国の家電商品も将来、インドネシアやマレーシアのような国に追いつかれ追い抜かれるかもしれないです。

日本がアジアの中で特別な存在である為には、謙虚さと柔軟さを大切にしてゆかなければいけないと思うのです。

例えば、製造大国という誇りを捨て、観光大国に移行する事も選択肢の一つだと思うのです。
日本ほど安全な国はなく、人に親切で、思いやりのある感謝の国というメリットを活かして外国人観光客を増やしてゆくことに進んでもいいと思うのです。

私は、常々日本の高齢化社会と少子化問題を解決する希望として、外国人移民の受け入れをやるべきだと言っていますが、実際、日本の底辺を外国人不法労働者が支えている現状があるので、審査を通し、正規に移民を受け入れ、移民緩和をすると同時に、不法労働者を減らすべきだと思うのです。

日本の企業も外国人留学生の採用を増やしている背景には、その留学生の母国での販売促進の目的はありましたが、大きな要因として、日本人の一般学生より優秀な学生が多いということらしいです。

日本は受験が終わると学ばなくなるという風潮があり、学生生活で目的意識が高い留学生と差が出てしまうようです。

だから、東大などの秋入学はデメリットが大きいにも関わらず、そんな話が出てくるのは、やはり、優秀な人材を海外に求めているからだと思うのです。

日本を立て直すには、日本人だけではなく、日本に住む日本を愛する人たちで行わなければいけないと思うので、民族差別をするような偏見は捨て、個人個人を見極める心が必要だと私は思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2012-03-08 00:04