リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


やはり、スポーツもフェアーでは無いのだと痛感するばかりなのです!

TPPの参加において賛否両論あり、ほとんど国民はTPPによって発生するメリット、デメリットは理解していないと思われます。

単純に、関税が無くなるだけなら、ある程度の予想も出来ますが、日本の皆保険や労働力の範囲までも影響を及ぼす恐れがあるという噂もあり、もしかしたら、アメリカの為だけのTPPという協定を結ばされるのかとも考えてしまいます。

環太平洋において、アメリカと中国の覇権争いがこれからの焦点になりますが、皮肉にもアメリカ国債を大量に買っている中国とアメリカは相互に切っても切れない関係になっています。

WTOが機能しない世界経済は、大国中心の不平等な図式になっていますが、せめてスポーツだけは、
公平性とフェアープレーを貫いて欲しいです。

だけど、先日のワールドカップ3次予選での北朝鮮と日本の試合は、アウェイというハンデだけでなく、アンフェアーなやり方には、怒りというより情けなくなります。

ホームのサポーターには、国旗を振らせ、アウェイのサポーターには、国旗を取り上げ、そして、国歌斉唱の時に、ブーイングでかき消すという失礼な行為は絶対に許してはいけないと思うのです。

別に私は、君が代を特別に愛しているわけではなく、単に日本の国歌という概念しかありませんが、
相手の国の象徴や文化などを中傷するのは、最低の行為だと思います。

北朝鮮の国民が悪いわけでなく、ろくでもない国家だから、こんなことは予想できるわけで、ワールドカップを運営するFIFAは、こんなアンフェアーで失礼なことをする国は、予選に参加させるべきではなく、今回の試合の状況を観て、何らかの制裁を加えるべきだと思うのです。

FIFAは、試合前にフェアープレイの旗を先頭に掲げるなら、試合中のプレイだけでなく、すべての行為において、フェアープレイの精神を貫くべきだと思うのです。

そう言えば、女子オリンピックの最終予選で、予選に参加する中国で開催するIOCの姿勢も不満があります。
お金を出せば、公平性は無くなってもいいのだろうかと怒りを感じます。

こんなことを書くと、中国は汚いと思う人もいますが、現在、日本で行われているワールドカップバレーボールなんて、最近はず~と日本で開催され、オリンピック予選も兼ねているのだから、こんな不公平な大会は無いと思うのです。

バレーボールは日本のテレビ局が大金を出しているのか、公平性なんて微塵も感じられません。
ワールドカップバレーボールで、女子は僅差で4位になり、惜しくも出場権を得られませんでしたが、
来年行われるアジアでの予選は、日本でやるし、最終予選は、やはり日本開催です。
特に、女子は日本の単独開催のようです。

これから予選の変更は行われるかもしれませんが、日本優位の条件は変わらないでしょう。
IOCもFIFAも所詮金が物を言うのだから、スポーツにフェアーは存在しないことを認めるべきですね。

日本のプロ野球でも、相変わらず、巨人中心で毎年、巨人に大物新人が入団する実情をメディアでは、誰も文句を言わないです。

今回の巨人の内紛においても、清武元代表に対して批判しても、渡辺会長には誰も批判をしません。
挙句は、日本人が崇拝する長嶋氏まで、渡辺会長を擁護するコメントをし、清武氏だけの暴走として取り上げているように思えます。

確かに、会見する時期が悪いし、巨人内の不満をわざわざ会見をするべきではないように思えますが、
ただ、渡辺会長のプロ野球界に及ぼす影響に苦言する意味では、理解できる部分も多いと思うのです。

やはり、スポーツもフェアーでは無いのだと痛感するばかりなのです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-11-20 11:47

竹内まりやが、松田聖子をプロデュースする!

日本以外のアジアの音楽にあまり関心がなかった私ですが、k-popのkaraは、あらゆる面でファンになり
車の中では、karaばかり聞いています。

確かに、ルックスも好きなんですが、他のk-popには無いメロディの作り方が好きですね。
それに、日本も韓国も全体的に欧米化する音楽の中で、歌声という意識で歌を聴けるのはkaraだけですね。

代表曲以外の歌でも可愛いメロディの歌も多く、ラップやコーラスも可愛らしい雰囲気があり個人的に凄く感性があいます。

だけど、「ルパン」や「ステップ」のように、カッコいい歌も歌えるところも魅力の一つですね。
元々、「kara」という意味は「甘いメロディ」という意味もあり、「ハニー」や「ウイズ」のような甘い歌声は
karaの原点なのだと思うのです。

そんなkaraにはまった私ですが、デビューからずっと好きだった松田聖子さんが新曲を出すそうで、今度は竹内まりやさんが作詞作曲を手がけてプロデュースするみたいです。

私は、松田聖子さんが自ら作る歌よりも他のアーチストが作る歌を歌う方が好きで、特に、作詞は松本隆さんが、凄く良かったですね。

松本隆さんは、松田聖子さんの単なる作詞だけを担当していたのではなく、作曲を誰にするかをプロデュースしていたみたいです。

だから、松任谷由実さんや細野晴臣さんなどの多彩なアーチストが作曲を手がけることが可能になったみたいです。

私は、以前から竹内まりやさんが松田聖子さんの歌を作ったら、凄く合うだろうなぁ~と思っていたので、とてもうれしいです。

その歌は「特別な恋人」という大人の恋愛を描いた歌ですが、ベタな感じもしますが、なかなかいい感じの歌です。

出来れば、竹内まりやさんプロデュースのアルバムも作って欲しいですね!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-11-03 10:50