リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


韓流批判の狙いは『 外国人参政権』、『人権侵害救済法案』の反対なんだ!

フジテレビの韓流偏向へのデモ活動は9月にも、やろうとしていますが、この呼びかけをしている者たちの狙いは、韓国に対するバッシングでありますが、どうやら、近く法案が成立しようとしている『 外国人参政権』、『人権侵害救済法案』に対する反対運動が一番の狙いみたいです。

確かに、日本でデビューする韓国のアーチストたちはフジテレビを中心に強い後押しがあり、やらせ的な部分もあるかもしれないと思ってしまいます。

フジサンケイグループと言えば、保守のメディアであるのに、韓国を推し進めるということは、保守の人間にとって、裏切り行為にみえるかもしれないです。

もしかしたら、裏で大きなお金が動いているかもしれないと思うのは当然かもしれないです。
だけど、裏でお金が動いていたとしても、別に政治的な裏金でなく、商業的な戦略なら、文句を言う必要はないし、今までもメディアが流行を演出し、商業的に利用してきたことは当たり前のように行われてきたので、
韓流だけに敏感に反応するのは、やはり、民族的な思想からくるもので、「日本人が韓国の文化に憧れたり、好意を持つのは許せない」という嫉妬だと思われます。

本当に日本の裏に潜む陰謀や危機を嘆き、デモをするならもっと大切なことに向けるべきだと思います。
例えば、原発事故で明らかになった原発推進における日本を蝕む利権に対して、デモを起こす方が、よっぽど日本の未来にプラスになると思うのに、民族差別を平気でするネット右翼を巻き込んで、国粋的な思想を広めようとするのは、本当に愚かなことだと私は思います。

保守層が反対する『人権侵害救済法案』は、人権をネタに不貞な儲けをする輩を生む恐れもあり、今問題になっている個人情報厳守の行き過ぎのように、悪法になる要素はあります。
だけど、この法律自体は悪いものではなく、人権を守る必要がある場合にはとても重要な法律になると思うのです。

法律は完璧なものではありませんが、痴漢冤罪のように、本当に相手を傷つけるような言動かどうかを加害者側の言い分も聞き入れるものにして欲しいです。

大体、この手の法律に反対している者は、外国人、とくにアジアの外国人に権利を与えたくないという偏向があり、日本以外のアジアの隣国を同等に見ることに嫌悪感を持ち、特に、理由もなく見下すコリアンの人たちには、未だに根拠のない差別を平気でしている者が少なくありません。

昔、アメリカの映画では黒人差別が酷かったので、黒人の役柄を白人よりも、いい役を演じさせたという噂を聞いたことがあります。
日本も韓流ブームで韓国に対するイメージはかなり変わったので、私は良いことだと思うのです。

話は戻りますが、いくら「さくら」や「やらせ」があったとしても、ブームに火が着かなければ、売れないものを推し進めることはしないと思うのです。
グレードが低いものであれば、ブームは続かないので、企業は利益が生まれないものは、思想信条で応援し続けるなんてことはあり得ないのです。

何度も書きますが、日本人だろうが、韓国人だろうが、中国人だろうが、素晴らしい人もいれば、ろくでもない人もいます。

共通して言えることは、自分たちが正しく、自分たちと違う価値観や文化を認めようとせず、愛国心があれば、相手を侮辱してもいいという者は、どこの国も可愛そうなくらい視野が狭く、自分に誇れるものが無いので、民族的なことに固執してそれを拠り所にしてしまうと思うのです。

中国で日本サッカー代表にバッシングする者、韓国で日本の国旗を燃やして叫んでいる者、そんな人の顔を見てみると本当に哀れに見えてきます。

同じように、民族主義的な思想を叫ぶ日本人も同じように哀れに見えてきます。

私は、何人であろうが、相手を配慮し、相手を思いやる心の優しい人が好きですね。

だから、韓国人の従軍慰安婦問題でも、嘘をついている人もいるかもしれませんが、すべてを頭から否定する人は優しさの欠片も無い人だと思います。

すべてを捏造(嘘)だと言ってしまうことで、もしかしたら、本当のことを言っている人がいるとしたら、二重に傷つけることになってしまいます。

レイプを訴える女性に対して、「嘘を言っているだろう」と言えるのだろうか?
嘘かもしれないと思っても、1%でも可能性があるならば、頭ごなしに否定することは出来ないと思うのです。

セカンドレイプという可能性も心に留めて、意見をしなければ、安易な否定の言葉は言葉の暴力になってしまいます。

人としての思いやりと優しさが少しでもあるならば、人権を守る、差別を許さないとこを優先すべきである。
私には、『人権侵害救済法案』の反対は、ネット上で差別コメントをする者たちの保身を守る為の言いがかりにしか思えないのです。

『人権侵害救済法案』という法案に反対するのではなく、その法律の使い方に意見を述べるのが筋だと思うのです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-31 00:39

靖国神社に拘る保守派は戦争を否定出来るのか?

今日の読売テレビ「やしきたかじんのそこまで言って委員会」は、ローカル番組とは思えないほどの豪華なメンバーでした。

麻生元首相、安倍元首相そして、大物俳優の津川雅彦氏がゲストに出ていました。
安倍氏は、保守派の憧れ的な存在であり、この人をもう一度総理大臣にしたいと願っているそうです。

津川雅彦氏は、ガチガチの保守というか、右寄りの思想の強い方ですが、靖国神社の総理大臣参拝を支持し、そこに合祀された東條英機を崇拝するかのような立場をとっているように私は思えます。

日本は敗戦後、天皇を象徴とし、靖国神社を軍事的なものと引き離したにもかかわらず、保守派の聖地のようになっていると思うのです。

靖国神社を否定することはしませんが、他の神社と同等に考えるべきで、特別な存在にすべきではないのです。

靖国神社のことを批判すると「英霊を汚すとか」言って、話を摩り替えてしまう人がいますが、戦争で亡くなった方の犠牲があって、今の平和があり、慰霊の念は忘れてはいけないと思っています。

だけど、それが靖国神社を通してでないといけないのは、納得がいきません。
私は、早く合同慰霊碑を造り、靖国神社の合祀から開放するべきだと思うのです。

戦争を反対と言いながら、靖国神社を崇拝する者は、本当に戦争を否定しているのだろうかと疑問を感じます。

天皇陛下を一番だとする保守派は、天皇陛下が東條英機を合祀してから参拝を拒否していることから、目を背けていると思うのです。

それに、街宣車で威圧するような暴力的な右翼団体もそんな活動が天皇陛下が喜ぶはずはないことを素直に受け入れて天皇陛下が望むような活動をするべきだと思うのです。

戦争は勿論、個人的な責任だけでは済まされないものであり、日本だけでなく、アメリカにも責められるべき問題はあると思います。

だけど、発端は旧満州の保有権に固執し、陸軍の驕りと無謀さで戦況は広がり、悪化しました。
戦争終結においても、天皇の意思に反し、国体を守ろうとした軍部の者たちは、大切なモノを見失い国民あっての国家なのに、玉砕こそあるべき姿のように、本末転倒な考え方に偏りすぎました。

軍人だけでなく、国民も軍国主義教育下で間違った価値観を植えつけられ、多くの日本人が必要の無かった死を遂げてしまいました。

東條英機の戦陣訓だけのせいではありませんが、自決者を増やし、特攻隊など自爆死を遂げた兵士を多く生んだ責任は大きいのです。

だから、昭和天皇は東條英機に対する嫌悪感は強く、侍従長の日記に書かれている通り、靖国参拝を拒否する姿勢を日本人は素直に受け入れるべきです。

私は、平和を願う今の天皇陛下や皇室は好きなので、保守派も平和という根源をもっと願って行動するべきだと思うのです。

私は、今、NHKの戦争体験証言を多く、聞いていますが、南方作戦での餓死、病死兵士を多く出した生き残りの人はずうっと生き残ったことを罪だとし、楽しむことに違和感を抱き生活をしていることを知りました。

それに、人間を狂気に追い込み、人肉を食したり、僅かな食料を奪う為に、味方の兵士に手榴弾を投じた兵士もいたことを証言していました。

特攻的な任務を与えられた兵士の中にも大本営に対する不満を述べる兵士もいたみたいで、すべての特攻隊の兵士が「天皇陛下万歳」と言って死んだわけでなく、無念と母親、故郷を思いながら死んだ人も多くいたようです。

沖縄戦ではガマ(壕)を占拠する兵士が民間人を蔑ろにし、泣く幼児や赤ん坊を殺したり、外に追い出したり、挙句は民間人を盾にして自分たちを守ったそうです。

それに、足手まといになる重症の兵士も自決をすすめるだけでなく、青酸カリを静脈注射して殺したりしたのです。

満州でも関東軍は民間人や少年義勇軍を守らず、先に逃げてしまったような有様です。

純粋に日本の将来のことを思い、命をかけて戦った人がほとんどだと思いますが、
戦争は奇麗事では済まされず、海軍と陸軍の利権の奪い合いや財閥と軍閥の利権と保身の為に、日本人の多くを犠牲にしました。

今は中国共産党や北朝鮮やロシアと言った劣悪国家のせいで、日本人は嫌悪感を増していますが、軍国主義の日本が犯したアジア諸国に対する罪は別問題で、その当時の軍国主義政権を少しでも弁護したり、擁護したりすることは言ってはいけないのです。

実際、中国大陸には明らかな侵攻であり、おおくの民間人を巻き添えにしてしまいました。
フィリピンでもゲリラに悩むあまり、部落全体を皆殺しにしてしまったり、補給路を持たない兵士に強盗をして食料を確保することを命じました。

戦争はすべてを狂わし、人間が人間としての心を持てなくなる状況を作り出すものなので、戦争に繋がることは全否定しなくてはいけないのです。

是非、NHKの戦争体験証言をより多くの人に聞いてもらい、戦争の悲惨さを心に残し、子孫に語り継いでゆく義務があると思うのです。

この日記を見て不快感を持つ保守派の人たちは、靖国参拝推進をする前に、南方で無念の死を遂げた日本人兵士の遺骨の回収を呼びかけてゆくことが先だと思うのです。

沖縄でさえも残されたままの遺骨は多くあるように聞きます。
本当の慰霊の気持ちはもっと大切な次元にあると私は思うのです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-28 16:07

テレビの限界

島田紳助氏の引退会見は、やはり会見の内容と真実とは食い違いがあり、このタイミングでいきなり引退というのは、不自然に思えます。

まぁ、犯罪性もなく本人が暴力団の交際を認め、引退するのだから、これ以上追求する必要はないのかもしれません。

ただ、テレビでコメントする中で、同じ事務所の芸人や親交のある芸能人はあまり多くを語らず、中には擁護する者もいます。

吉本に所属するコラム二ストの勝谷氏でさえも、数年前に自分のマネージャーが暴行を受けて提訴問題になった事件に近い人物であるにも関わらず、殆どこの件でコメントを述べていません。

同じ事務所なので当たり前な話でしょうが、圧力に屈せず、真実を語るといつもは意気込む勝谷氏ですが、所詮、自分の保身が一番であるのですから、勝谷氏のキャラはテレビ的なものとして理解し、彼にとって言い易いことと言い難いことを見極めて、聞く必要があると思うのです。

別に勝谷氏が悪いというのではなく、テレビの限界という壁には誰もそれを崩すことは出来ないのです。
テレビはギャランティの面だけでなく、より多くの影響を与え、宣伝効果は他のメディアを凌ぐので、この美味しい枠を自ら捨てる者はいないのです。
だから、メディア批判をしつつも、保身を犯すところまでも攻撃は出来ないのです。

最近は、専門的な知識も無いタレントが政治的なコメントをしますが、自分なりの思い入れで正論のように述べるのは不快感を感じます。

メディアが批判対象にしている事に対しても、メディアからの一方的な情報で、一般人と同レベル知識のタレントがいかにも事実かのように批判するテレビのあり方はいい加減としか言いようがありません。

原発事故後はテレビで原発反対の意見を言えるけど、事故以前はご法度であり、タブーであったので、今になって正義感ぶるのは風見鶏的な感じがして腹が立ちます。

政治に芸人が意見を言うな!というのではなく、客観性も欠き、上辺だけの情報で、分かったようなことを言うのは危険だと思うのです。

もっと酷いのは芸能リポーターですね、今回の島田氏のことでも、親交がある芸能リポーターは擁護しているようなことを言います。

芸能リポーターは大物であったり、親交があったり、後ろ盾が大きい時は、擁護するような立場をとります。
いつもは、揚げ足をとったり、マイナスの面だけを強調して問題を大きくしようとします。

所詮、テレビは偏りのある娯楽メディアなので、楽しむだけの範囲にし、その情報は絶えず、ふるいにかけて受け止めなければいけないと思うのです。

特に政治的なことは、コメントを述べる人の思想信条や好みという偏りが出てしまうので、すべてを鵜呑みにすることは非常に危険なのです。

例えば、民主党の歴代総理大臣を酷評する三宅久一氏は、今国民に評価と信頼性を持たれているようだが、
以前から原発がなければ今の生活は出来ないと断言し、安陪元首相についても首相の時に不運にも体調を崩したけれど、もう一度総理にしたいと述べていましたけれど、不運にもではなくて、首相だった時に、野党だった民主党の小沢一郎氏との対処に悩み胃腸を壊したのは明白であり、首相としての技量が無かったと私は個人的にそう思っています。

これも当然、私の信条に基づいた主観的な思いですが、テレビのカメラの前で、人気があるからと言って、個人的な主観をごり押しすることは、やってはいけないのです。

それだけ、日本人にとって、テレビという媒体は影響が大きく危険なものなのです。
大きなお金や利権が動き、大きな組織や企業がメディアを巧みに支配するテレビは、国に守られながら巨大化しましたが、単なる娯楽媒体だと割り切って観る事を心に命じなければいけないと私は思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-27 11:58

フジテレビ前のデモに物申す!

昨日、お台場のフジテレビ前で、韓流偏重放送に訴えるデモ行進があったそうです。
テレビでの報道は殆ど無く、ネットニュースで知りました。

ネット上では、「何故、どのテレビ局も、このニュースを放送しないのか?」と言ったメディアの報道のあり方に疑問を感じている書き込みが多かったのですが、

私は、元々、メディアは自分たちの都合の良い報道しかせず、今に始まった事ではないと思うのです。

私は、このデモの様子をすべて報道すべきだと思うのです。
ネットニュースでも写真の顔には、ぼかしが入っていますが、顔を出すべきだと思うのです。

はっきり言って、これはフジテレビやテレビ局に対するデモではなく、矛先は韓国であることは間違いないと思うのです。

日の丸を掲げ、街宣車を使ったデモ行進は、単なるテレビ番組の編成に対する批判ではなく、国粋的な思想を国民に正当化しようとするデモだと思うのです。

実際、フジテレビの韓流ドラマの放送枠を見ると、お昼の午後2時~5時の間の視聴率が取りにくい時間帯で、主婦層が多くテレビを観る時間帯とも思われます。

実際、主婦層に人気のある韓流ドラマを低予算で視聴率を有る程度確保出来るのは、商業的に不自然ではなく、午後7時以降に韓流ドラマを揃えれば、偏重と言えるかもしれませんが、これは明らかに何らかの思想的な言いがかりだと私は思います。

BS放送では、フジだけでなく、他局も韓流ドラマはやっているし、フジより日テレの方が、多いようにも思えます。

結局は、韓国の文化を日本人が好むという現象に苛立ちを感じている国粋的な者たちが、1人の俳優の愚痴のような呟きに便乗し、騒動を膨らませたのだと思うのです。

どうせ、デモをするなら、こんなどうでもいいことではなく、原発事故後の東京電力をめぐる一連の利権を守ろうとする権力に対してデモを起こすべきだと思うのです。

以前のカルデロンのり子さんの自宅前で、追い出しのデモ行進をしたように、国粋的なプロパガンダを掲げた時に、盛り上がる風潮には残念さを感じます。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-22 15:09

戦争体験の証言を多くの人に聞いて欲しい!

この時期、私は戦争のドキュメントを多く観ています。
残念なことに、民放では殆んどやらず、NHKの番組を主に観ました。

8月14日から15日の天皇陛下の玉音放送の録音盤を奪おうとした陸軍青年将校のクーデター未遂事件なんて、                                                               もし録音盤を隠した侍従長の機転が利かなかったら、日本は戦争を続けてより多くの被害者を生んだかもしれないのです。

子供の頃は憧れた零戦ですが、特攻隊の青年たちは空中戦もせず、燃料を抱えて空母に投入することには無念さがあったと思われます。                                                          
志願せざる負えないという状況だったことも証言していたし、当時、お国の為に死んでゆくことに、名誉を感じていた親族も戦後には、強烈な後悔をしていたようです。

南方戦線で得た領土の利権をめぐり、海軍と陸軍が競い合い、ミッドウェイの海戦で、海軍が大敗したことを海軍は隠そうとし、                                                       そのことの報告を受けた東條英機はその事実を隠すことで、陸軍と海軍のバランスをとったらしいのです。

天皇陛下が靖国神社に行かないのは、一連の陸軍の傲慢なやり方に不満があったのだと思うのです。
天皇陛下が自分のことを犠牲にしてでも戦争を終わらし、国民の命を守ろうとしたにも拘らず、
陸軍の幹部たちは、天皇陛下の言葉に背き、戦争を続けようとしていました。
その陸軍のトップにあたる東條英機が靖国神社に合祀されたことには、相当な怒りがあったのだろうと思います。

一部の右より思想の人間は、それを認めようとはしませんが、侍従長の日記でそれを書いているので明白なことだと私は思います。

そもそも、インパール作戦など、無謀な作戦を立てた陸軍本営は、戦うこともなく、餓死や病死の兵士を多く生んだことは大きな罪を犯したと言えます。
それから、自決を教育した軍国主義下の指導者は、この世の地獄を作り出した責任が大き過ぎます。

捕虜になることへの辱めと嘘の情報は、死ななくていい人の命を奪い取りました。
自決を日本人の心だと美談にしている者は、NHKの戦争体験アーカイブスを観るべきです。
そんな不幸な軍国主義から、幸いにも日本は人命を尊重できる民主主義国家になりましたが、
一部の権力者の利益の為に、国民の命が軽んじられているところは、変わっていないのかもしれないです。


今の福島原発事故と同じく、権力者たちの保身と利益の為に、国民に大事な真実を隠した罪は大きいです。

私は一番びっくりしたのは、戦争中に起きた大地震の情報をほとんど国民に伝えず、国民が戦意喪失しない為に黙殺していたのです。
おまけに、原爆投下の情報を察知したにも関わらず、投下される市民には伝えなかったみたいなのです。
それに、731部隊の実験データと同様に、原爆投下後の被爆データも自分たちの保身の為に、アメリカにすすんで提供したのです。

世界中をみても、軍が政権を握ると、ろくでもない国家になってしまうのは歴然で、日本にもそんな時代があったことを忘れてはいけないと思うのです。

今の日本が軍国主義にはなるはずもないと殆んどの人が思いますが、明治、大正、昭和の流れで、ずっと軍国主義ではなかったので、 どこかで歯車が乱れ、誤った方向に向いてしまうことは、国力が衰えている時こそ、注意すべきだと思うのです。

今度、東アジアで戦争が起きれば、どこの国も壊滅的な打撃を受けるだろうと思うので、絶対に戦争は回避してゆかなければいけないのです。
悲しいかなアメリカは軍需産業の為に、戦争を絶えずやってゆかなければいけない宿命にありますが、日本も偽りの愛国心をあおり、場合によっては戦争を肯定するかのような意見を持つ者も多くいます。

戦争体験者が少なくなる中、戦争の悲惨さと無意味さを忘れないように、強い気持ちで戦争否定をしなくてはいけないのです。
とにかく、戦争体験の方の真実の肉声をより多くの人に聞いてもらい伝えてもらいたいです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-21 23:23

ソロコンサートをします!

8月21日(日) 神戸・元町「ロッコーマン」4階で、
b0115914_23414452.jpg午後2時から(1時半開場)ソロコンサートをします。
全曲オリジナルソングで弾き語りで歌いますので、良かったらお越し下さい!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-17 23:41

終戦記念日の前に思うこと

私たち日本人にとって、8月6日と9日は特別な日です。
菅首相の言動に、あげあしをとるようなマスメディアの風潮は不快感も感じますが、長崎に原爆投下された日を公の場で間違えることは、単なるミスではなく、心が無いのだと私は感じました。

テレビドラマでも「リトルボーイ」と書いたTシャツを着ていた映像をそのままオンエアーしてしまったこともこの時期に原爆に関する事への配慮を少しでも考えていたら、これはまずいだろうと誰かが言っていたと思うのです。

ただ、私も日常で原爆の事を意識せず、配慮もしていないことは多々あるので、自分も反省すべき点があると思います。

NHKでは毎年、原爆被爆や戦争体験の証言を集め、特集で放送していますが、今年は福島原発事故もあり、被爆に関するテーマが強いように思えます。

被爆者や家族の原爆投下後の体験記を聞いていると、この世の地獄だったことが想像できます。
こんな悲劇は二度と起こしてはいけないと誰もが思うけれど、被爆した日本が原発事故により、多くの方が
被曝し、そしてその被害が今も広がっているのです。

東京大学の児玉教授は、衆議院労厚委員会で福島原発事故による放射線量は広島原爆の29,6個分に相当するものが漏出していると述べており、原発事故の本当に現状をすべて公表せず、一部の利権を優先する体質には本当に怒りがこみ上げて来ます。

アメリカが投下した広島と長崎の原爆を日本軍は知っていたという情報も流れていますが、本当に知っていたら、何故、広島と長崎市民に知らせなかったのだろうか?

これは推測にすぎませんが、原爆投下後の日本の対処に理由があるのかもしれないです。
絶対にあってはいけないことですが、戦争という免罪符の元で原爆を落とし、人体実験をしたアメリカに日本の中枢にいた者はそれに協力をしたのではないかということです。

実際、証言で原爆投下後に日本の医師や学者たちは被爆者を治癒目的ではなく、データを取るために、色んな試験をしたり、亡くなられた方を解剖したりして、そのデータを被爆者の為に使うのではなく、アメリカに対する捧げものにしたのです。

終戦間際に中国で行われた731部隊の人体実験の証拠隠滅をやっていた中で、そのデータをアメリカに提供することで、戦犯逃れの道具にしたように、原爆被害のデータも戦犯逃れの道具に使ったのかもしれないのです。

戦犯を逃れた731部隊の医師たちの何人かはミドリ十字に入り、後の薬害エイズという人の命を犠牲にして自分たちの利権を守ろうとした卑劣さは、戦争中から変わっていないのかもしれないのです。

福島原発以前は、「平和利用ならば原発は仕方ない」という理念が当たり前のように、国民に刷り込まれ、国民の知らないところで、原発推進という国家プロジェクトで、大きな利権が生まれてしまいました。
そして、事故後もその利権を守る為に、真実を隠し、国民の命を軽視しています。

一部の保守層は勿論原発推進をすすめ、中には核兵器保有をも唱える者も現れだしました。
もし、原発事故が無ければ、日本は中国、北朝鮮、ロシアの脅威を理由に、核兵器保有の方向に向かっていたかもしれないのです。

私は、どんなに矛盾していても武力を認めたくないし、核の全否定をしたいのです。
放射能を生み出す核を人間の手で手がけることは、無理があると思うのです。

核廃棄物でさえも人間の手で処理できないのに、そんなものを安全だと嘘をついて推進してゆくことは大きな罪だと思うのです。

明日は終戦記念日ですが、戦争は悲しみしか生み出さない人間のエゴだということを心に刻み込んで欲しいです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-14 12:21

フジテレビ前のデモは、結局は民族差別の道具に過ぎない!

フジテレビの韓流偏重を訴える昨日のお台場デモは、やはり国粋主義者のコリアンバッシングであることがよく解りました

このデモは、フジテレビの韓国よりの放送に意を唱えるのが本筋なのに、
デモの中には、君が代を合唱し、「朝鮮人は半島に帰れ」と叫んでいたそうです。

結局は、韓国(朝鮮人)を嫌う者たちの道具にしたに過ぎず、
一人の愚かな俳優の呟きで、国粋主義者の思想の宣伝に使われたのです。

よく考えれば、ゴールデンタイム以降の番組は韓国の番組を放送しているわけではなく、
昼間の数時間帯のことであり、関西のような地方局に枠があるところは、韓国の番組を放送していないのです。

昼過ぎのほとんどの人が働いている時間帯で、韓国編重と言うなら、単純に観なければ済むことで、デモを呼び掛けること自体が、おかしな話です。

確かに、フジテレビはBSを含め、韓流寄りな感じはしますが、数字が取れなければ、番組を変えるだろうから、
放送料を取っていない民放局を愛国心をあおって批判するのは筋が違うと思います。

私は単なる国粋的な民族差別だと思うのです。

日本人が素晴らしいなら、毅然とし、他の民族をも配慮するぐらいの懐の大きさをみせるべきで、弱い犬ほどよく吠えるように、自分に自信がないから、相手をバッシングするように見えるのです。

このような人の心を平気で傷つけるような者は、韓国や中国で日本をバッシングするアホな奴らと変わらないということです。

思想や信条は個人の自由ですが、差別的にバッシングすることで、心を痛める人が居るということをしっかりと認識すべきです。

特に、在日コリアンに対しては、異常なまでの差別意識が残っていますが、帰化した人を含め、日本には多くの在日コリアンがいますが、もし、自分が友達になったり、恋人になった人が、在日コリアンの血筋だと判ったら、軽蔑し国へ帰れと言えるのでしょうか?

日本人とか、在日だとか、外国人だとかいう概念で、差別するのは、原始的な考えで、日本に住み一緒に共存する者同士という考えでなければ、何時まで経っても閉鎖的で内向きな考えしか出来ないと思うのです。

以前、不法入国の問題で、カルデロンのりこさんの自宅周りで、追い出しデモ行進をしましたが、これは正義ではなく、ある種の暴力だと思うのです。

それに、今の日本で、デモをしなくてはいけないことには無関心で、このような愛国心をあおるようなデモだけが発生するなんて、情けないことです。

百歩譲って、日本を愛する為のデモをするなら、今も原爆投下を正当化し、アメリカ国民の半数が正しい判断とすることに対して、何故デモで抗議をしないのでしょうか?

アメリカは良くて、韓国は許さないというアジアを見下すような風潮が、根強く残っているのだと思うのです。


以前は、アメリカのテレビドラマばかり放送していましたが、それに対してデモを起こしたりはしなかったと思うのです。

単純に、製作費をかけず面白いものを提供するということだけで、スポンサー重視の視聴率を無難に稼ぐという民放局のやり方に、国益問題のように騒ぐのは馬鹿げています。

大体、ネット上で差別を平気でするネット右翼は、自分の正体も明かさず、勝手なバッシングをするのは、卑怯者でしかないのです。

これこそが、日本人の恥であり、人の痛みを微塵も感じない奴らは、愛国という理念をすり替えているだけで、何もない可哀そうな者だと思うのです。

民族を語る前に、人としてのあり方を謙虚に考えるべきだと思うのです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-08 15:44

韓流ブームと愛国心!

今の民主党政権は既に自分たちで舵をとることが出来ず、徐々に自民党議員たちの圧力に屈している。
私は、民主党も自民党も自分たちの思想信条と個人的な利益にしか動かない反国民目線の政治家だと思っています。

特に、鬱陵島視察を公言し、韓国に入国しようとした3人の自民党議員は、私から見れば確信犯だと感じました。

自分たちが、竹島を視野に鬱陵島視察をすると公言し、入国拒否をされることを予想し、そして、不正な入国拒否という事実を元に反韓国意識を高め、竹島における領土問題に関心を持たせ、愛国心をあおるやり方をやったに過ぎないのです。

当然、私は少数派でしょうが、領土問題で挑発することで日韓関係が悪化することが何の利益があるのでしょうか?

尖閣諸島や北方領土と違い、竹島の領土問題はアメリカ統治下のGHQとの関わりもあり、論争などでは解決はしないのです。

結局、領土を得るには武力で戦って奪い取るしかないのです。
日本が、戦争を覚悟でやるというのであれば、仕方ないことですが、漁業権を確保という線で交渉することが今の段階ではベターではないかと勝手に思っております。

私は、別に韓国の肩を持っているのではなく、この件で騒いでいる韓国の保守主義者たちは馬鹿な奴等だと思っています。

私は、どこの国であっても自分たちの主張だけが正しいと思い込み、相手を尊重しない国粋的な思想主義者は大機嫌いなのです。

こんな奴等がいるから、戦争が無くならないと思うし、こんな奴等は、愛国心という武器をいつも利用し、国民を惑わすのです。

単純に、この件で日韓関係が悪化し、経済的にマイナスになれば、国益が損なわれることになり、「国を守ろう」といつも言っている保守主義者にとって、経済的な打撃は、国益を損なうとは思っていないのでしょうね。

例えば、貿易業を営む人が、外交悪化で商売が出来なくなり倒産したら、この議員たちはその後の生活の保障をしてくれるのでしょうか?
極端な例ですが、個人個人の経済的なことも大きな国益ではないでしょうか?

まぁ、韓国政府も毅然として入国を許可すれば、この問題は大きくなっていないし、まだまだ成熟していない国だと感じてしまう結果になりましたね。

入国拒否された3人の中でも稲田議員はかなり右より思想を持っており、自民党の女性議員は多くの右より思想を持っているので、個人的にはすごく不快な感じがします。

まぁ、最近は少なくなった極端な左より思想の者もあまり好きではありませんけど、右より思想の者の方が、
パワーを持っている分、厄介な感じがします。

そういえば、韓流批判をした宮崎あおいさんの夫が、下らない呟きをしたせいで、それに便乗した保守層は、
これぞとばかり、韓流ブーム批判をしていますが、元来、ブームや流行は商業的な仕掛けがあり、それが波に乗れば、行けるとこまで突き進み、そして、飽きられた頃に、また次のブームを仕掛けるのです。

ブームや流行と言っても、それに興味や関心度が薄ければ、盛り上がらないので、韓流ブームが、例え、やらせから始まったとしても、質が悪ければ、多くの人に受け入れられないと思うのです。

高岡氏の呟きは、個人的な愚痴に過ぎず、単純に観なければ済むことで、それを日本文化の危機という風に話を摩り替えたのは、裏を返せば、日本のドラマなどが面白くなくなってきている嘆きだと思うのです。

個人的な見方ですが、ドラマは漫画などの原作に頼り、音楽もアメリカのR&Bの模倣したような感じが強いので、独自性という面で壁にぶつかっているのだと思うのです。

私は、日本のテレビが好きで、無くてはならないものになっていますが、私の周りにはテレビから離れてゆく人が増えています。

画一化し、どこの番組も観ても同じようなメンバーで、同じような企画をし、やたら長々と枠を取って番組を流しています。

それに、中立性に欠き、大切なことは隠してしまうテレビの媒体としての役割は失墜してしまったと思うのです。
そのくせ、電波の傲慢な独占権は、異常なまでの著作権保持に走り、国民無視の完全デジタル化と次世代製品の乱立による買い替え促進主義は、エコを唱える国策と矛盾していると思うのです。

修理してでも長く使い切る方がエコだと思うのに、「修理するより新しい物を買え」というやり方は、本末転倒だと思うのです。

情報の面でも中国政府がインターネットの書き込みで、政府に不都合なことを削除しまくることを日本人は、馬鹿にしますが、中国と言う社会主義の仮面を被ったろくでもない国家だから、仕方ないことかもしれないのです。
だけど、成熟した国家である日本も原発に関することで、不利益な情報は表には出さないのです。

動画サイトで出ていた東大の児玉教授の衆議院での熱弁が、どうやら何かの圧力で、削除されているそうなのです。

日本でも中国と同じようなことがなされていると思うと情けなくなります。
いまだに、東京電力を守ろうとする流れに、テレビのコメンティターは無力でしかありません。

中国や韓国のことを激しくバッシング出来ても、日本のアンタッチャブルなことは、触れられないのです。
戦争をしなければいけない宿命にあるアメリカも平等と自由の水面下で、真実を隠し続けています。

要するに大きな国家になってしまうと大きな権力が生まれ、それを保持する為には、国民を犠牲にして、嘘と偽りを繰り返しながら、大切なものがどこかに追いやられてしまうのだと思うのです。

戦争を繰り返す時、国の威信や国益を守る為に、避けられないことのように言う人がいますが、国民の利益や幸福感を踏みにじってまでもいいというものではないと思うし、愛国心の概念も偏った見方をし、私のような完全武力否定主義を非国民、非愛国者のように捉われてしまいます。

私自身、愛国心に関して言えば、国の愛し方が違うだけで、胸を張って愛国心は誰にも負けないと言えます。
君が代や日の丸を否定したりはしませんが、私は愛国心の拠り所にはしていないのです。

単純に、日本に生まれ、日本人として生き、これからも日本人で居たいし、日本で暮らしてゆきたいという愛着心に似たものなのです。

だから、そんな愛する日本も日本以外の人たちが認め、好きになってくれたら、これほどう嬉しいものはありません。

そんな日本人に好感を持ってくれる人は好きになるし、日本に興味を持ち、日本を訪れる外国人には、日本の良さを知ってもらい、少しでも日本を気に入って欲しいのです。

甘過ぎると言われるでしょうが、アメリカ、中国、ロシアなど力を持つ大国に同じような概念で肩を並べるのではなく、人を大切にする国であって欲しいのです。

日本人を平和ボケで駄目だと言いますが、平和ボケが駄目なんではなく、平和を脅かす者が悪いのであって、世界中が平和ボケ出来れば、これ程理想的なことはないと思うのです。

日本が、外交をすすめる上で、背景に軍事力の必要性を唱えるなら、徴兵制度や核兵器保有というところまで、覚悟を決める必要があると思うのです。

原発投下、原発事故を経験した日本が、核兵器を保有するということは、自ら希望を捨てるということになるので、これだけは避けたいと思うのです。

最近の日本人は海外で絶賛されるほど心温かい人ばかりではなく、優先座席でも当たり前のように、誰もが座っています。

それでも、震災後の日本人の秩序厳守と相手を思いやる気持ちと犠牲者への尊厳の気持ちは、個人主義で自分勝手と言われる中国人にも高く評価され、尊敬されました。

武力ではない、人としての崇高な精神の力で世界を変えるというのが、私の理想です。
愚かな考えだと言われるでしょうが、このような理想を矛盾していても絶対に失わないことが一番大切だと私は信じています!

私は、人種を超えて人を愛することが出来なければ、国を愛する権利はないと思うのです。
だから、戦争を完全否定出来ない人間は、愛国心を建前に国を愛しているフリをしているだけだと思うのです!!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-08-06 11:51