リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


頑張れマイナースポーツ!!

女子ワールドカップサッカーで、強敵を撃破し、絶対的な存在のアメリカを倒し優勝した「なでしこジャパン」は
日本中を熱狂させ、大震災や原発事故で暗い日本に大きな明るさと希望を与えてくれました。

だけど、この女子サッカーの事をどれだけの人が知り、女子ワールドカップに興味を持っていたのだろうか?
サッカー好きの私でさえも女子のワールドカップにあまり興味をもっておらず、選手も澤選手ぐらいしか知らなかったので、本当に申し訳なかったです。

断片的に試合は観ても、じっくりと女子サッカーを観ていなかったので、これ程までに女子の技術とパワーが向上しているとは全く知りませんでした。

日本男子のサッカーにも共通しているのですが、世界と比べて、体格差というハンデを「なでしこジャパン」は克服し、見事なパスまわしサッカーをしていると思うのです。

澤選手をはじめ、運動量は世界トップクラスだと思うので、練習の賜物だと言えます。

私は、フェアープレー精神に溢れる「なでしこジャパン」の素晴らしいところは、優勝しても誰も号泣したりせず、明るい笑顔で平常心を保っているところが好きです。

最近は、アスリート選手でなくても、何かをやり遂げた時、やたらと泣く場面を見るし、特に男子が泣くというケースは稀ではないように思えます。

プロ契約もされず、働きながらプレーする選手が多く、プロ契約する選手でも少ない年俸でリーグを盛り上げてきたのは本当にアッパレだと思うのです。

暫くは、マスコミに引っ張りだこでしょうが、オリンピックで金をとった女子ソフトボールのメンバーのことを考えると一過性の人気に終わり、彼女たちのプレーする環境は特別良くなるとは思えないのです。

日本においてマイナースポーツはどうしても人気が安定化せず、当然スポンサーも定着してくれないのです。

女子のワールドカップ以上に、意外な展開になっているのが、南米選手権こと「コパ・アメリカ」ですね。
予選リーグで苦戦していたブラジルとアルゼンチンは準々決勝で敗退しました。
ブラジルは3連覇がかかっており、アルゼンチンも自国開催なのに、スター選手たちが輝きを見せぬまま終わってしまいました。

準決勝に進んだのは、ペルー・パラグアイ・ベネズエラ・ウルグアイの4チームで、敗退したのは、コロンビア・
アルゼンチン・ブラジル・チリなのです。

予想では全く逆になっていたような状況で、世界のサッカーのレベルの差がどんどん縮まってきているように感じるのです。

当然、アジアでもそうですし、ヨーロッパでもユーロ選手権で、弱小ギリシャが強国を退けて優勝したこともありました。

世界のサッカーを観ていて、ちょっと悲しいのですが、個人技が世界を制す時代ではなく、守備力が強く、パスまわしに富み、プレスを怠らない運動量を持ったチームが結果を残しているような気がします。

南米のような個人技で打破出来る時代ではなく、ペレ・マラドーナのような絶対的なプレイヤーが優勝に導く時代ではなくなったのです。

いい例が、アルゼンチンのメッシだと思うのです。
メッシが一人いたら、どんなチームでも強くなるように思えますが、アルゼンチン代表では、メッシはいつもの輝きは見せていません。

メッシの技術は素晴らしいのですが、やはりそれだけでは結果は残せないのです。
バルセロナのメッシは巧みなパスまわしをする周りの選手が、メッシにパワーを与え、イニエスタなどの優れたミッドフィルダーとプジョルなどの堅いディフェンダーがいるからこそ、メッシが輝きを見せれるのだと思うのです。

ブラジルでも移籍の大目玉となっているサントスのネイマールとガンソが、代表ではまだまだヒィットしていないのだと思うのです。

ビッグクラブに2人とも移籍するだろうけど、出来れば、12月の世界クラブ選手権が終わるまでは、サントスでプレーして欲しいです。

メッシがいるバルセロナとこの2人がいるサントスが激突する試合を日本で観れるチャンスはこれからも訪れないだろうから、この夢の試合を実現させて欲しいものです。

日本のサッカーも男女とも秋に最終予選を戦うのですが、この勢いのまま熱い戦いを見せて、オリンピック出場を獲得して欲しいものです。

日本のサッカーもアジアクラブ選手権で優勝するか、Jリーグ覇者が世界クラブ選手権に出場できて、バルセロナやサントスと真剣勝負が出来るので、本当に頑張って欲しいです。

それから、地上波で「なでしこリーグ」を少しでも放送して欲しいですね。
この際、ミーハーでもいいから、女子サッカーを多くの人に観てもらいたいですね。

私のお気に入りは、小柄ながらロングループシュートなどを決めたフォワードの川澄選手ですね!
それに、笑顔がとっても可愛らしく、観ていて爽快感を与えてくれます。

頑張れ、女子サッカー!  頑張れマイナースポーツ!!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-07-19 21:29

波乱の女子ワールドカップ

日本ではあまり盛り上がっていない女子のワールドカップサッカーですが、ワールドカップ2連覇中の強豪ドイツを延長の末、日本が破りましたが、精神的にも技術的にもかなりレベルアップしてきていることを証明しましたね。

私は、大震災の影響で、日本が辞退した南米選手権がすごく興味があります。
日本が出る予定だった為に、放送権を買ったNHKはBS中心ではありますが、数試合を放送しています。

始まるまでは、メッシなど豊富なフォワード陣を持つ開催国アルゼンチンと南米クラブ選手権で優勝したサントスの主力である話題のネイマールとガンソを基本に作ったブラジルと前回ワールドカップのMVPフォルラン率いるウルグアイが当然、上位に来るだろう思っていたら、2戦を消化し、この3強国は、3位で予選の最終戦に勝たなければ、2位以内に入れない状況です。
各グループの3位で上位2チームは決勝トーナメントに進めるけど、このままのチーム状況なら、優勝は難しくなりそうです。

招待国のメキシコも若手中心とは言え、ドスサントスもいるのに、不甲斐ない成績で、このままでは予選敗退になるでしょう。

日本の代わりに出ているコスタリカは意外と頑張っているし、自国(高地)以外では勝てないイメージのあるボリビアも頑張っているし、最近低迷している強豪国コロンビアもスター選手が居ない割には頑張っています。

一番、頑張っているのは、南米の弱小国という勝手なイメージのあったベネズエラが凄く、もしかしたらグループ首位で、決勝トーナメントに残りそうです。

オリンピックのアジア最終予選では日本は目を疑うようなラッキーな組み合わせとなりましたが、南米選手権を観ていると、一見楽勝そうに思えるバーレーン、シリア、マレーシアですが、油断すると足元をすくわれるような気もして、宮市や宇佐美も代表に選出し、万全のメンバーで戦うべきだと思います。

特に、宮市は今シーズンもプレミアリーグでのビザが出ないみたいですし(アーセナル所属)、オランダのフェイエノ-ルトもレンタルの継続もしないようだし、代表でもっと使って欲しいですね。
代表で活躍すれば、プレミアリーグでのビザも取得できるし、一石二鳥だと思うのです。

兎に角、今年は久しぶりに世界クラブ選手権も日本で開催するだろうから、世界のサッカーには目が離せないですね!

p.s メッシはアルゼンチン代表では、やっぱり輝きを見せれないのは本当に不思議だ!!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-07-10 18:45

karaのCDを買ってしまった私!!

最近は、CDを買うこともなく、聞きたいと思うCDはレンタルするようにしていました。
(知り合いのミュージシャンが出すCDは買うこともあります)

最近、日本でも人気のkaraの日本語版アルバム「ガールズトーク」もレンタルをしようとレンタル店に行っても
置いておらず、ネットで調べてみると、K-POPは洋楽扱いで、発売から1年が経たないとレンタルが出来ないらしいのです。

以前は、リッキー・マーチンなどを1年も待たずにレンタル出来たと思うのに、いつの間にか、こんな制度になっていたなんて、全く知らなかったです。

karaもシングルの曲だけで、アルバムで聞いても大したことはないだろうから、11月まで待ってレンタルしようと決めていたのです。

数日前、職場の知り合いの者が、karaのベストアルバムを持っているのを知り、すぐ貸してもらったのですが、そのアルバムは韓国語版だったのです。

ちょっと、がっかりもしたのですが、「ミスター」以外の曲もなかなかグレードが良くて、凄く気に入ってしまったのです。

こうなると、日本語版がどうしても聞きたくなり、今日、「ガールズトーク」を買ってしまいました。

職場の知り合いは、AKB48のベストアルバムも持っていて、それも貸してもらったのですが、個人的には、有名な曲以外は、もう一度聞きたいとは思わず、私にとって、karaの方が、性に合うみたいです。

AKB48はどうしても幼さを感じるアイドルで、karaは大人の可愛さが感じられるのです。
それでも、AKBはAKBの良さがあり、日本人が幼稚化傾向にある象徴かもしれませんが、
私は、幼稚化や子供ぽいことは、悪いことでは無いように思えるのです。

日本の音楽が洋楽志向になり、歌は上手いが邦楽ではなく、洋楽に類似したものに、偏りつつあると思うので、2000年以降はアイドル歌手受難の時代に入ってしまいました。

確かに、モーニング娘はアイドルとして時代を築きあげましたが、ダンスミュージック主体で、従来のアイドルとは少し違うと思うのです。

そういう意味では、売り方は違いますが、AKBの方が従来のアイドル路線に近いように私は思うのです。
要するに、AKB48とkaraや少女時代などK-POPのアイドルグループはスタイルは違えど、完成されたアイドルなのです。

ネットでは、アイドルグループを比べ、どちらが歌が上手いだの、可愛いだのと書いていますが、そんな論議は意味が無いように思えるのです。

中には、「東方神起はブサイクで、イケメンとは言えず、人気はやらせで、日本人は韓国人アーチストを好きにはならない」とまで書き込む者もいます。

未だに、民族蔑視をし、そんなことを心の支えにして生きている日本人がいることに、情けなさと憐れさを感じます。

そもそも、イケメンという定義は個人的な感性であり、絶対的な者では無いので、相対的に皆がそう言うならば、否定も出来ない訳で、応援する人がイケメンだと思えば、それでいいものだとも思うのです。

話は変わりますが、先日、日本人の俳優兼歌手が台湾でコンサートをし、大盛況だったらしいニュースを報じた後で、台湾のアイドル歌手が日本でイベントを行った時、日本人のファンが殺到したニュースを流していて、
そこで、芸能リポーターが台湾のアイドルに「韓流アイドルと自分を比べて、どちらが上なのかと、馬鹿な質問をしていましたが、その台湾のアイドルは謙虚に韓流アイドルを称えましたが、その後、アジアはひとつでお互いに競い合うことの素晴らしさを言っていました。

私は、政治レベルでは到底叶えられない国境紛争の無いアジア全体をひとつの世界と考える発想は、音楽や文化の面では、その壁を打ち破る時が来ていると思うのです。

お互いの良さを認め合うことで、前向きな競い合いが出来ると思うのです。
特に、韓国とは相通ずるところも多く、嫌い合う時代から認め合う時代になったと感じるのです。
私自身、韓国のアーチストのCDを買いたくなるなんて、1年前には考えられなかったです。

あっ、忘れてはいけませんが、日本にも他に頑張っているアイドルが沢山います。
パフュームなんて、映画「カーズ2」の世界共通挿入歌に選ばれたこともあり、日本独自のアイドルグループなので、とても嬉しいです。

アメリカは日本のアイドルに対して、洋楽っぽいものを期待しておらず、日本独自のものを求めているので、以前のパフィーのように、アレンジは洋楽をパロディにしつつも、日本らしさを貫いたところが、アメリカにうけた要因ではないのでしょうか?

それにしても、K-POPのダンスのグレードは高いですね。AKBのダンスはK-POPほどでは無いですけど、メンバーが入れ替わってもグレードを落とさずに対応するところは、凄さを感じます。

幾つになってもアイドルに憧れるおっさんで居たいものです!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-07-06 23:33