リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


インドの象が暴れた事情

インドで野生の象2頭が、群れから外れ、市街地に迷い込んで暴れて市民が巻き添えになって
死傷者が出てしまいました。

日本だったら人間に危害を与えたので、殺してしまうでしょうが、インドでは殺すことなく
鎮静剤で大人しくして捕獲し、自然に帰してあげるそうです。

心情的に人が亡くなっているので、殺処分は仕方ないと思いますが、人間中心に考えるという事自体が、人間のエゴだと思うのです。

インドでも今回のケースは、人間の開発により、自然が壊され、象の生息地が減ってしまい、餌を求めて市街地に迷い込んでしまったという考え方をしているようです。

インド、タイなどの宗教色の強い国は、動物に対する敬意を持ち、神との繋がりも唱えられているので、日本人からすると少し違和感を感じてしまうのかもしれないです。

そもそも、日本を始め先進国は自分たちの必要性に応じて乱獲したり、時には思想信条のイデオロギーで、どこまでが知的動物とか言って、過度の保護を訴えたりします。

シーシェパードのように、自分たちが大切だとする動物を守る為に、人を安易に傷つけたり中傷するのは、命の尊さを考えると本末転倒だと言えると思うのです。

人間も食物連鎖の頂点にいて、生きる為に多くの動物の命を絶っています。
当たり前に牛肉や豚肉、鶏肉を食べていますが、殺す時の映像を見せられれば、いい気持ちはしないはずです。

そんなことを考えると何も食べられなくなりますが、有り難く、無駄なく、感謝して頂くということしか出来ないと思うのです。

ただ、人間の勝手な立場で、処分してしまうことだけは避けて欲しいものです。
[PR]

by kurukurutomo | 2011-06-10 15:29

偏見のある愛情の無い突っ込みは観ていて不快だ!

私は、やしきたかじん氏の番組は好きで、ほとんど観ていますが、「そこまで言って委員会」のやしき氏は
あまり好きではありませんね。

好き嫌いで言いたい放題言うキャラは笑えるのですが、この番組は政治・外交などのシビアな内容なので、
好き嫌いで偏った物言いをするのは私は嫌悪感を感じるのです。

自他とも認める中国嫌いのやしき氏は、中国国家に対して文句を言うのならまだ許せるのですが、中国人自身を中傷する言葉を吐く事もあり、それはちょっと言い過ぎやろうと個人的に思ってしまいます。

この前、「そこまで言って委員会」の増刊号で、中国出身のタレントであるチェン・チューさんに厳しい突っ込みを入れていました。

突っ込みを入れるのはタレントにとっては有り難いことですが、どうみても愛情のカケラも無いような突込みで、民族差別とも思えるような突っ込みでした。

中国から好んで日本に来ている中国人を中国が嫌いだからと言って、頭ごなしに中傷するのはフェアーではなく、特に関西圏で影響力のあるやしき氏が、こんなことを言うと日本に住む在日中国人のイメージは悪くなると思うのです。

好き嫌いは自由ですが、日本に住む中国人にその人のこともあまり知らないのに悪く言うのは、
日本が犯した戦争での行いを今の日本人に詰め寄る中国人と一緒だと思うのです。

何故、すべてを一括りにして、人を責めてしまうのか?私には理解出来ません。

何気ないテレビでのやり取りに過敏ではないかと言われそうですが、
私が知る程度の中国人でも、イメージ通り我が強く、自己主張ばかりするような人もいれば、その場の空気を読み余計な事は言わず、周りに信頼されている人もいました。

それに、現代の中国人気質の一部は毛沢東の政策により作られたところもあると思うし、日本人にしても昭和と比べると良くも悪くもかなり変わってしまったような気がします。

領土問題では相反する考え方をする隣国であっても、個人個人の人間関係は別物であるべきだし、過去の戦争や国家の概念、民族的な慣習が違うからと言って、その人を認めないということにはならないと思うのです。

そう言えば、先日、車で走っていたら、朝鮮高校の女子高生が2人で下校していて、一人はブレザー風の制服で、もう一人は朝鮮の民族衣装であるチョゴリの制服を着ていたのです。

昔は、朝鮮学校の女生徒と言えば、みんなチョゴリだったけど、最近はチョゴリを着る女生徒はあまり見かけないのです。
その理由の一つが、チョゴリを着ることで、嫌がらせやハサミで切られるということが起きて、危険が伴う恐れがある為です。
日本人として情けなく悲しいことですが、私も中学生の時は、隣が朝鮮高校で、色んな悪い噂を聞いていた為、このチョゴリの制服を見ると嫌悪感を持ち、不快感を持っていました。

子供だったとは言え、在日韓国・朝鮮人の人たちへの偏見は強いものがありました。
差別はした覚えはありませんが、心の中には偏見が残り続けていたし、アジアの中で、日本がズバ抜けて優れていて、中国や韓国に劣ることはほとんど無いとも思っていたと思うのです。
特に、東南アジアの国々に対しては見下ろすような考えもあったと思います。

自分も成長するにつれ、日本だけが特別な存在ではなく、戦後のアメリカの対日本の政策に日本の技術が上手く開花し、いち早く先進国になれたのだと気がついたのです。

確かに、真面目で向上心に長けた日本人だからこそ、世界2位になれたとは思うのですが、その地位は絶対的なものでなく、アジアの国々と尊重しあい傲慢にならないようにしていかないとその地位は崩れてしまうのだと気がつくことになりました。

話は反れましたが、噂話で民族的な偏見を持ち、優越感を持っていましたが、そんな偏見を持った自分自身のどこが、優れていて誇れるのかと問い質してみると、結局は何も無いのです。

優れた素晴らしい人は、根拠の無い話で、人を見下したり、偏見を持ったりはしないのです。
偏見に飲み込まれ、差別をする者は中身の無いくだらない人間なのです。

私の考え方は現代では自虐的だと思われるでしょうが、私も日本に対する愛国心が強く、愛し方が少し違うだけだと思うのです。

私は、日本を好んで来てくれる外国人には良く思われたいので、応援したい気持ちが強く、
逆に、外国で暮らす日本人は、その地で成功し、その国の人たちに愛されることを望んでいるのです。

要するに、世界中の人が日本に対して好感を持って頂きたいという純粋な愛国心があるのです。
自分の国を好きになってもらうには、対する国のことも理解し、尊重しなければいけないと思うのです。
ただ、言うべき事は言うべきだし、意見をぶつけ合うことを恐れてはいけないと思うのです。

日本は色んな意味でバランスが悪いように思えます。
ただ、チョゴリにハサミを入れたりするような風潮があった日本人が、今や空前の韓国ブームで、日本人が韓国人を認めることで、長年続いて日本文化を閉ざしていた韓国も日本を認めつつあるようです。

すべてを理解し合えるわけではないでしょうが、民族的な偏見を捨てて、人対人としての付き合い方が出来ればいいと思うのです。

中国人でも好感が持てる人もいれば、嫌な奴もいる。韓国人でもそうであるように、日本人同士でも同様だと思うのです。

だから、テレビの中で民族的な中傷は突っ込みであっても、私は笑えないのです。
やしきたかじん氏は面白いし、人間味もあると思うので、このような突っ込みはちょっと残念ですね!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-06-04 21:46

やはり、日本も隠蔽体質国家だった!

内閣不信任案をめぐる民主党の茶番劇は呆れるばかりで、駄目な菅内閣であってもこの体制で、震災復興と原発問題を党派を超えて政治家たちが一致団結して、いち早く対処して欲しいというのが、国民の願いでしたが、自分たちの事しか考えていない日本の政治家たちにそれを望むのは無駄なことでした。

特に、原発問題は終息のめどがつかず、どこまでが風評被害で、どこまでが本当に危険なのか?正しい情報が提供されないので、国内外に不安と不信感が募るばかりです。

民主党の原発事故の対処は本当に駄目ですが、責任は自民党にも当然あり、自民党政権下で、原発基本法を餌にして税収の少ない地方自治体に危険な原子炉を造ってきたのは自民党であり、東京電力やそれに関わる者たちと利権を分け合ってきたのだから、自民党は民主党の批判ばかりせず、自分たちの愚かな政策を恥、一致団結してこの国難に立ち向かうべきです。

消費税も震災を理由に、大幅に上げてゆく方向にありますが、そんな事より、被災地の方のことを第一に考えて動き出すのが先だと思うのは、日本国民にとって当たり前の思いだと考えます。

テレビでは、不信任案をめぐる駆け引きの話題ばかりですが、本当に伝えないといけないことは、他に沢山有るはずなのに、マスメディアも政治家同様に、堕落しているように思えます。

ところで、ネットニュースでこんな記事がありました、
『東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。

 経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。原発から約38キロ離れた同県川俣町では3月15日、雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた。

 事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」と釈明した。』

そもそも隠す意図はなかったという言葉が、通用すると思っているところが、本当に馬鹿だなぁと感じてしまいます。

責任問題をあまり追及されていないスピーディー(放射性物質飛散影響予想)を公表してこなかった件は
安全委員会、安全保安院、文部科学省は責任を転嫁していますが、莫大な予算を使って研究していたスピーディーの情報を各部署が率先して、情報を提供し、公表してこなかったは、ハッキリ言って犯罪です。

実際、この情報を流さず、周囲数十キロが危険地域だと誤った情報をだけを流し、アメリカを筆頭に非難区域を広げていたことに対して、過剰だとし、安全性を誇張してきた政府や原子力推進派たちの嘘は多くの被爆者を生むことになり、10年、20年後に人体に何らかの悪影響が出てしまうかもしれないという酷い負担を負わせました。

どうせ、その時になったら、現在の責任者たちは、今の地位を離れているだろうから、「ただちに影響はありません」と適当にあしらっているでしょうが、東京電力をはじめ、原子力発電を擁護する者たちの隠蔽体質は、
怒りがつのるばかりです。

中国のことを隠蔽体質の身勝手な国家だと日本人は思っていましたが、日本国家もその体質は似たり寄ったりということが分かりました。
一番悲しいのは、中国は独裁国家なので、マスメディアの自由が無いのは仕方ないかもしれないのですが、
民主主義で自由な日本のマスメディアが、真実の情報をすべて流していないことです。

各局が同じような映像で同様のニュースを流し、独自の色が見えず、どうでもいいようなニュースで時間を費やして、大切なことはあまり取り上げないことです。

確かに、私たちが民法テレビを無料で観れるのは、CMを提供するスポンサーのおかげですが、国民の生活や命に関わることでさえも、スポンサーの意向を優先にし、国民の為の放送をしないのは残念です。

スピ-ディーの情報が無くても、海外の風による放射性物質の飛散予測は天気予報でアメダスのように、情報を提供することは出来たはずです。

それに、原発デモでドラマを降板させられた俳優や原発の危険性を述べた者を排除するようなメディアの対応は、凄く怖さを感じます。

日本が一流の民主主義の国になるには、大きな壁があるように私は思えます!
[PR]

by kurukurutomo | 2011-06-04 12:30