リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


審判は絶対、だけど神様ではない!!

南アフリカワールドカップ、ヨーロッパ予選のプレイオフで、ハンドによりゴールをアシストしたフランス代表のアンリ選手が、国内外から非難が集中しています。

アンリは、ハンドを認めており反則を犯したことを悔いていますが、試合中のハンドは故意的ではあっても、反応してでてしまうので、罪人のように扱うのは酷だと思います。

スポーツの中で、審判は絶対であり、たとえ誤審があったとしても、それを細かく異義を唱えると試合に支障が起きてしまいます。
だから、この問題は難しいのです。

ウインブルドン・テニスでは、「チャレンジシステム」という1セット3回まで判定に異義を唱えられ、最新技術のビデオカメラにより、ジャッジを確認できる画期的なシステムを導入しました。
これは、賛否両論あると思いますが、私は現代スポーツでは、このシステムはあってもいいと思うのです。

大相撲でも「物言い」というシステムもあり、古い文化を継承する大相撲でも行事の判定を再度チェックするということがなされているので、野球やサッカーもビデオ判定を導入してもいいと思うのです。

すべてのケースに適用するのではなく、試合を左右するような重要な時だけに稀に適用することにし、野球のアウト、セーフやストライク、ボールの微妙な判定は適用せず、捕球やホームランの判定などに適用すればいいと思うのです。

サッカーにおいては、主に反則の有無が問題視されるのですが、オフサイド確認の適用はせず、アンリの場合のように、ハンドがあったのかという場合に適用すべきだと思うのです。

だから、延長から再試合するのが、一番いいと思うのですが、もうすぐワールドカップの対戦カードの抽選がはじまってしまうので、抽選がある前に、試合をするのは無理なので、抽選の変更をして、年内に再試合をすべきだと思うのです。

審判は神様ではなく、ミスジャッジも人間ですから、有るのは当然です。
ミスジャッジも含め、それがスポーツなんだと思いますが、明らかなミスジャッジは正して、双方が納得がいく
試合をするべきだと思います。

アイルランドは良い選手を持ちながらも、ヨーロッパの厚い壁により、出場が難しく、ワールドカップ出場は、国民の夢だと思うのです。
だから、こんな形で、夢を壊すのは可愛そう過ぎると思うのです。

それに、これはサッカーだけにとどまらず、政治にまでも波及する恐れもあるので、両国が納得できる決断をFIFAはとらなければいけないと私は思います。
[PR]

by KURUKURUTOMO | 2009-11-28 12:38

学生時代の交友関係に感謝!

(今回はmixiの日記と同じの日記を載せました)

19日(木)の夜に、神戸市立の定時制高校3校合同の芸術鑑賞祭で、リピート山中のサポートとしてイベントに参加させてもらいました。

この日のメンバーは、声優(俳優)の卵であるリピート山中の長男と私は初めてである教育大学生でクラシックに精通している21歳の女子大生との4人のユニットでしたが、個人的には年の差を感じない心地よいユニットでした。

この芸術祭で、今回主催する神戸工科高校のT校長先生が、なんとリピート山中と私の出身高校の新任の先生だったのです。

私らが入学した時に、新任で赴任し、確か私らの副担任だったと思うのです。

先生の中では年が一番近かったので、兄貴的存在であり、授業でもバカバカしい生徒の突っ込みも流さず受け止めてくれたいい先生でした。

その初々しい先生が、今は校長先生になっており、
去年、出身高校合併による最後の文化祭で、リピート山中とともに、演奏をさせてもらい、その時にT先生も観覧していて、今回の出演となりました。

リピート山中の歌声は、多くの生徒たちにも思いが伝わり、先生方も大変喜んでいました。

特に、当日の朝、作った歌は、生徒達から詩を提供してもらい、それを編集してリピート山中が曲をつけたのですが、なかなかいい歌になっており、テーマと思われる「夜空に太陽を」というフレーズは、とても好きですね!

打ち上げの席でも先生方の生徒に対する思いを聞いたりして、多くの感銘を受けました。

昼間働き、夜学ぶという全日制の生徒には無い、個々に背負うものが大きい生徒達を受け入れる先生達は、個性的であり心が熱いですね!

昔の学園ドラマに出てくるような先生のようにも私は思えました。
兎に角、リピート山中と出会った高校時代の交友関係は、他にも多くあり、30年以上も色んな形で続いています。

社会人になってから現在も、色んないい出会いがあり、本当に感謝ですが、アマチュアバンドとして歌を歌っていた頃を知る学生時代の友達や先生は、お金では買えない財産だとつくづく感じました。
[PR]

by kurukurutomo | 2009-11-21 12:39

井上陽水のラブソング(1970年代)

昨日の夜、NHK「SONGS」にう井上陽水が、出ていた。
4週連続で放送されるみたいですが、最近と言うか、個人的に20年くらい井上陽水の活動にはあまり興味が湧きませんでした。

私の音楽の原点とも言える大好きな井上陽水は、常に進化をし、若い世代にも受け入れられましたが、
私は、どうしても70年代の「センチメンタル」「氷の世界」などフォークソング時代の中で、繊細な感性が豊富な歌詞が魅力的だった頃の井上陽水を追い求めていたように思えます。

昨日の放送でも私が好きだった頃の歌は、あまり歌わないだろうと思っていたら、第1回目は、70年代の歌ばかりで、しかも、アレンジが当時のアレンジに近かったので、感動しました。

アレンジを手がけているのは(全曲ではありませんが)星勝で、当時の井上陽水サウンドに不可欠なのは、アレンジャー星勝なのです。

間に有名人のコメントがありましたが、オダギリジョーのコメントに、すごく共感しました。
彼は井上陽水の歌詞に衝撃を受けたようで、「Jポップの歌詞は、好きや嫌いとか、どうでもいいことを言い方をかえて同じようなことを歌っているけど、井上陽水さんの歌詞は、日常の出来事を違った視点でとらえている」という風なことを述べていました。

来週は、ラブソング特集らしいですが、井上陽水と言えば、「アジアの純真」の歌詞などのイメージで、理解しがたい意味不明のように思える歌詞が特徴のように思われがちですが、井上陽水の初期は、ラブソングも多くあり、切なく、どこか寂しげな憂いのある詞を書いているのです。

ファンの中では、「あどけない君のしぐさ」が)人気がありますが、私は「FUN」「能古島の片思い」がずっと好きですね。

井上陽水のラブソングは、ベタなこそばいラブソングでは無く、かと言ってユーミンのようなおしゃれなラブソングでも無く、竹内まりやのような現実的な共感的なラブソングでは無いのですが、例えようも無くいいのです!

中学生の頃、井上陽水のラブソングに憧れ、その歌のような恋愛を夢見ていたような気がします・
[PR]

by kurukurutomo | 2009-11-12 10:57

中国残留孤児の方たちの為に…

昨日の深夜フジ系列のテレビで、ある中国残留孤児の方のドキュメントをやっていました。
孤児を含め、中国残留邦人の方たちのケアがほとんどされず、やっと帰国しても高齢で、日本語も不自由な為、就労もうまくいかず、生活保護を受けている世帯も多かったそうです。

平成19年に新たな支援策が作られ、生活保護ではなく、それに相当する額と国負担の国民年金が、収入の度合いにより、支給されることになりました。

遅すぎますが、生活保護を適用するよりかは大部ましな支援策だと思われます。
ただ、全国で訴訟されたこの問題で、神戸地裁のみが国の責任を認め、勝訴を勝ち取ったのですが、この支援策は、そういった流れから止む負えず決められた制度といった感じもします。

このドキュメントで、兵庫の原告団代表をされている方は、以前から生活保護も拒み、今も新たな支援策の申請もしていないので、アルミ缶を拾いながら、ギリギリの生活を送っています。

この方は、この支援策には納得しておらず、「お金ではなく、個人の尊厳と自分を日本人であることを真に認めてもらいたい」という思いが強く持たれているみたいです。

テレビで、右より評論家や政治家は、「拉致問題」についてはよく語りますが、中国残留邦人については、ほとんど触れないのはどういうことなんでしょうか?
愛国心が強い気持ちが強いなら、中国残留邦人の方の苦しい生活状況を改善する為に、訴えるべきではなかったのでしょうか?

私も含め戦後生まれの者は、中国残留孤児ってあまり知らないというか?関心が薄いのだけれど、
中国東北地方で、終戦後、旧ソ連が日ソ不可侵条約を破り、侵攻してきた為、その地に住んでいた一般日本人が、逃げ遅れ、混乱の中、子供とはぐれたり、中国人に子供を預けたりして、中国人の養父母が日本人の子供を自分の子供のように育てたのです。

養父母の生活も裕福ではない家庭がほとんどで、文化大革命時に、日本人ということで、ひどい差別と試練を強いられ、故郷である日本へ戻ることを切望しつづけ、日中の国交が実現され、長い年月をかけて日本に戻った方たちが、憧れていた日本の地で、金銭的にも精神的にも辛い日々を過ごして来たのです・

国の責任問題は難しい問題ですが、後手後手になり帰国が大幅に遅れたことや当時の軍隊(関東軍)の住民を守らず、撤退したことは国の責任だと言えると思います。

やはり、手厚い配慮を最初からしてあげるべきだったし、中国の養父母に対する感謝の気持ちも配慮するべきだったと思います。

生活保護をもらっている人は、勿論、中国に入ることは許されず、養父母と会うことさえも出来なかったのです。

中国残留孤児の方たちは、日本という国に裏切られたという気持ちと自分の帰国により養父母を見捨てたという後ろめいた気持ちで、心労は想像を超えるものだったと思われます。

話は少しずれますが、生活保護を受ける世帯が急増し、ケースワーカーが不足しているみたいですが、
生活保護を受けるべき人が受けられず、受ける必要の無い者が不正に受けていたりします。
これからは、本当に必要なのかを見極め、生活保護を悪用する者を厳しく取り締まらないと国の負担は爆発してしまいます。

性質の悪い者にも対処できるプロフェッショナルな役人が必要とされるのかもしれませんが、早く、国民年金を整備し、安心できる老後を保障することで、国民年金加入しない者を厳しく対処し、払える者には強制的に
国民年金を払わすべきだと思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2009-11-09 11:20

川崎フロンターレよ、思い上がらず、真の強さを身につけろ!!

先日のナビスコカップ決勝で、FC東京が川崎フロンターレを破り、見事優勝を決めました。
その試合は私もテレビで観戦したのですが、表彰授与までは観ておらず、後でインターネットニュースで、知ったんですけど、川崎の選手の表彰時の態度が悪く、問題になっているらしく、一部の選手に処分がされるという前代未聞の事態になっています。

川崎フロンターレは、豊富なタレント揃いの魅力的なチームで、攻めに関しては、日本のクラブチームの中では、一番と言っても過言ではありません。
だけど、この日の試合は、個々のタレントが機能せず、完敗でした。

アジアクラブチャンピオンズリーグでも優勝候補でありながら、期待はずれに終わり、今まで、タイトルを獲りそうで獲れないという、ここぞという試合で勝てない状況に陥っていました。

このチームは、波があり、調子のいい時と悪い時の差が大きいのは、もしかしたら、メンタル面の弱さがあるのかもしれないです。

試合後に悔しがるのは必要なことで、プロが出来る前のような負けてもなんとも思わないという向上心の無い時代に比べれば、プロとして大切なことですが、その気持ちを自分でコントロールし、相手チームやファンなど自分達を支えている人たちに対する有り難さを感じ、謙虚さを兼ね備えなければいけないのです。

川崎が、勝てない理由は、そのような気持ちが欠け、思い上がっているからだと私は思うのです。
多分、選手、スタッフは猛反省し、心を入れ替えてくれていると思うので、これからは、サッカー選手である前に人として熟成されなければ真の強さは持てないことに気づいてくれるだろうと思います。

Jリーグも大詰めに向かっているので、川崎にはフェアプレイで、頑張って欲しいものです!
[PR]

by kurukurutomo | 2009-11-06 21:12

反対を押しのけ造った神戸空港問題は誰が責任を持つのか?

経営破綻をしている日本航空は、国内、国際線をかなり減らす姿勢をとっており、神戸空港にいたっては、
羽田便など全面撤退が決定し、神戸空港はスカイマークだのみになってしまいました。

スカイマークは、運賃も安く、人気も高いのだが、運行便数(時間帯)も少ないみたいで、安全面でも安い分、
整備のチェックに手抜きがないか?疑問も残ってしまいます。

まぁ、スカイマークはよく企業努力しているので、神戸空港にとって有り難い会社ですが、
日本航空が撤退すると、利用客が激減するのは予想されるし、空港建設の債務を補う土地売却もほとんど進んでおらず、この空港の未来は悲観的に考えるしかないのです。

そもそも神戸空港は、今の矢田市長の前任である笹山市長時代からの計画で、当時、助役だった矢田市長がそれを受け継いで、完成させた空港ですが、多くの神戸市民の反対を押し切り、強引に造った空港です。

当時は、伊丹空港との兼ね合いで、安全面など幾つかの問題点があり、震災以降の神戸の現状から、冒険することに慎重になるべきだという雰囲気もあったのですが、やはり、多くの利権が渦巻き、利権議員によって、議決されてしまいました。

市民運動も行なわれ、住民投票条例の直接請求を求める署名運動が展開されて有効署名は307,797人に達しました。
それも無視し、空港を造りましたが、失敗になる確率も高いと思われたにも関わらず、このような現状になり、誰がこの責任をとるのでしょうか?

推し進めた市長やその関係者は、減俸などして責任をとるべきだと私は思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2009-11-06 10:25

松井選手の活躍にチームリーダー・ジーター選手の心遣いが見えてくる!

アメリカ大リーグのワールドシリーズ第6戦で、ホームランを含む3安打6打点という最高の結果を残し、優勝とシリーズMVPを勝ち取った松井秀喜選手は、本当に素晴らしいです。

ワールドシリーズで、6打点は今までのトップタイの記録だそうです。
もし、4打席目で3塁打を打ち、打点をあげていたら、単独のトップ記録になり、ワールドシリーズ初のサイクル安打になっていたのです。

松井選手は私と世代は違えど、誕生日が一緒で、巨人に入る前は、阪神ファンだったということで、親近感があり、密かに応援していたので、この結果は非常に嬉しいです。

最近の松井選手は怪我の影響もあり、不本意なシーズンを送っていて、4年契約が切れる今オフで、トレードに出される可能性が高いと言われています。

そんな噂も吹っ飛びそうなこの活躍は、ファンでさえも想像出来なかったでしょうね。
松井選手は打った後も冷静な感じて、逆に周りのチームメイトの方が盛り上がっていたので、日本人らしいなぁと思いつつも、これが松井選手の人間性をあらわしているようにも思えました。

私は、シーズン中の時でもこのシリーズの中でも、印象的な光景が心に残っているのです。
それは、松井選手と同じ年で、キャプテンであるデュレック・ジーター選手の松井選手に対する思いやりのある接し方なのです。

他の選手の時もそうだと思うのですが、松井選手がホームランを打った時は、ベンチの前で、暖かく迎えてあげる光景は、観ていて気持ちがいいです。
ヤンキースは、お金でいい選手を集めたイメージがあるチームですが、やはり、このジーター選手のような、偉大なチームリーダーが居るからこそ、それぞれの個性とパワーが発揮されるのだと思うのです。

そう言えば、日本でもお金で、いい選手を集めてくる巨人も寄せ集めだけでなく、若手の底上げもあり、凄くバランスの良いチームになっていると思えます。
今日も最後に阿部選手のサヨナラホームランで勝ちましたが、去年の日本シリーズに出れなかった阿部選手が、巨人をまとめる大きな役割をしているようなのです。

打撃優先のイメージのある阿部選手は、育成枠外国人投手オビスポ投手を日本で活躍出来るように、日本人選手とも行かないお気に入りの焼き鳥屋へ連れて行き、バッテリーとしての信頼感を深めようとしていたのです。

プロと言えども、チームをまとめるチームリーダーがいなければ、バランスがとれず、機能しないようになってきます。

とにかく、今日の松井選手は、どんな球でも打てそうな感じでした、おめでとう!!
[PR]

by kurukurutomo | 2009-11-06 00:36