リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


アナログタイプの私の悩み!テレビの規制緩和を!!

今日、仕事が休みということで、何となく近くの大型電器店へ行きました。
私は、衛星放送を観る為に(長年使っていたBSチューナーが壊れた為)、去年とりあえず、手頃のデジタルチューナーを買いました。

東芝の製品で同時録画が出来るタイプでした.
その録画方式が、[RE]と[TS]で、TSの方が互換性が無く、このレコーダーで録画しても
他のプレイヤーで観れないのです。

買う時に、販売員に説明を受けたときに、この事はいっさい教えてくれませんでした。
私みたいに激動するデジタル化の波に対応し切れていない者にとって互換性の有無には
意識が薄く、2年後の完全デジタル放送化の時に、年配の方は、ちゃんと理解してデジタル製品を購入出来るのか、心配してしまいます。

それに、やっとデジタルチューナーやDVDソフトも値段が安くなってきたのに、
今は、ブルーレイのチューナーがどんどん増えてきています。
どうやら、従来のデジタルチューナーは、メーカー各社も生産を少なくする方向で、
遅かれ早かれ、ブルーレイに全部移行するみたいです。

ブルーレイは、確かに容量も増え、映像、音声もより一層良くなるでしょうが、
高価なブルーレイを新たに消費者は、選択の余地無く買わなくてはいけなくなります。
おまけに、今は、まだ値段が高いブルーレイ用のDVDを使わなくてはなりません。

アナログ放送に関しても、個人的には、デジタル放送と自由に選択出来ればいいと思うのです。
まぁ、これは、仕方ないにしても、せめてブルーレイを使いたい人と従来のDVDを使いたい人の両方を尊重してもらいたいものです。

そして、ブルーレイが普及して落ち着くと次世代のDVDが発売されるでしょうから、
古いタイプのものも、不自由なく使えるようにしてもらいたいです。(観る事だけは大丈夫そうですが)

デジタルに関し、互換性という壁が無ければ、メーカー側も好きにすればいいですが、
互換性というものは、最低限度守って欲しいと思うのです。

それから、デジタル放送の著作権問題で、ワンスコピーからダビング10に緩和されましたが、
肝心なのは、ハードディスクからDVDにダビングされたものから更にダビング出来ないということは、
一旦、DVDにダビングすると編集できなくなるのです。

まぁ、ダビングしたDVDを更に編集する人はそんなに多くないでしょうけど、
半永久的だと思われているDVDは、ソフト自体の耐久性に問題があり、10年以降はトラブルが起きる可能性があるので、大事なものは、10年ぐらいしたら再度ダビングした方が安心だと専門家が言っていました。

だけど、今の規制方法では、それが出来ないのです。
早く、ダビングの規制を解除すべきだと思います。

海賊版防止や番組の著作権という問題は軽視出来ませんが、
実際は、ダビングを悪用して商売にする者は、コピーを解除して対応してゆくでしょう。
結局は、一般の人の不自由さを生むだけで、弊害の方が多いと私は思います。

テレビの好きな私には、テレビにおける電波の権利関係は本当に鬱陶しいです。
少数派の意見かもしれませんが、テレビ局を新たに作れないテレビ業界で、全国の番組がどこでも観れるようになれば、地方局の活性化にも繋がるし、もしかしたら、インターネットに流れつつあるスポンサー達が、また、テレビに戻ってくるかもしれないです。
テレビの規制緩和を是非行なって欲しいと思うのであります。
[PR]

by kurukurutomo | 2009-05-29 22:09

欧州チャンピオンズリーグも終わり、これからは、ワールドカップ予選が面白くなる!

昨日のチャンピオンズリーグ決勝は、見事スペインのFCバルセロナが優勝しました。
バルセロナは、準決勝で、奇跡の逆転でイングランドのチェルシーを下し、決勝で同じくイングランドのマンチェスターユナイテッドを破りました。
前回の優勝、準優勝の強豪2チームを撃破しての、優勝は価値あるものです。

クリスチャーノロナウドやルーニーというスーパースターを封じ込めたディフェンスは見事でしたが、
エトオの先制弾は大きな力になりましたね。
エトオのシュートは、インサイドでフォアに蹴ると思いきや、アウトフロントで二アーを狙うとは、鉄壁のゴールキーパー、ファンデルサールの反応が、僅かの差で遅れてしまったように見えました。

バルセロナと言えば、メッシですが、この試合は、中盤まで下がって試合をコントロールし、ドリブルで中央突破する場面を多く見たかった私にとって、マンUのディフェンダーは、そんなに甘くなかったようです。
だけど、シャビやイニエスタが、試合を作っていました。
特に、イニエスタは、素晴らしかったです。

ドリブルなど技術の高いプレーは、メッシに引けを取らないプレーでした。
バルセロナの攻撃の中枢を担うメッシ、シャビ、イニエスタのこの3人は、170センチ前後という小柄な選手ですが、ボデイバランスが良く、相手は反則をしないとなかなか止めることが出来ないです。

日本人選手が目指すサッカースタイルの一番の見本になりますね。
兎に角、パスの精度や速さは見ていて、惚れ惚れします。
スペインサッカーは、観る側を楽しませてくれる憧れのサッカーです。
そのスペインが、2008ユーロで優勝したので、来年の南アフリカワールドカップは、スペインの優勝の可能性が高いように思えます。

今まで、ワールドカップでいい成績を残せなかったスペインですが、古豪が本当の実力を魅せてくれるだろうと私は思っています。

アルゼンチンもメッシ、テベスなど技術の高い選手が揃っているので、優勝候補になるでしょうね。
この2チームにオランダが割って入れば、攻撃的サッカーの面白いワールドカップになるでしょうね。
イングランドは、ランパード、ジェラード、ルーニーが、上手く噛み合えば、とてつもない力を発揮すると思われますが、不安は残りますね。

それから、ちょっと気になるのが、王者ブラジルです。
ロナウジーニョやカカの活躍があまり見られない感じがするし、予選での代表も往年の王様サッカーが見られてないようです。
それでも、ブラジル、ドイツ、イタリアは、本大会になると上位に残ってくるので、自力がありますね。

チャンピオンズリーグで優勝したバルセロナですが、今年のクラブワールドカップは、日本開催ではないので、ちょっと寂しいです。
何とか、日本のチームがアジアチャンピオンになり、バルセロナと対戦して欲しいです。

そこで、決勝トーナメントに進む日本の4チームを分析すると
川崎フロンターレは、グループ2位になり、ガンバ大阪と対戦しますが、両チームも攻撃力が、持ち味ですが、
フロンターレは、好不調の差が大きいので、安定した力を持つガンバの方が有利かもしれません。
名古屋グランパスは、攻撃力に少し不安があります。ダビィが孤立しないようにストイコビッチが目指すサッカーが出来れば、いいのですが、司令塔である小川の出来が気になります。
鹿島アントラーズはマルキーニョスがやはり鍵になるでしょうね。
若手フォワードも伸びてきているので、期待は高いです。
小笠原が上手くゲームを組み立てれば、一番の優勝候補ですが、Jリーグの優勝争いで、アジアチャンピオンズリーグに疲労が出たりして影響が出るかもしれないですね。

これから各地区でワールドカップ予選が激化しますが、6月6日にあるウズベキスタン対日本戦で、日本が勝てば、世界で最初の南アフリカ一番乗りが決定します(開催国を除く)。
アウエーで、しかも急速に伸びているウズベキスタンとの試合は、過酷な戦いになると思うので、
みんなで、応援しましょう!!
[PR]

by kurukurutomo | 2009-05-29 01:50

キリンカップではずみをつけ、いざワールドカップへ!

今日の「キリンカップ」サッカーは、久しぶりにいい試合をしてくれた。
2得点をあげた岡崎は当然良かったのですが、代表で久しぶりに見る本田がオランダ2部リーグMVPを取りったことを証明するようないいプレーをしていました。

北京五輪では、悲惨な状態の日本代表でしたが、この本田は、自信過剰のわりにはプレーに精彩をかき、
これでは、世界では通用しないだろうと思っていたのですが、オランダで一皮剥けたみたいで、
力強さを感じるボールさばきで、ゴールを狙う意識を持ってプレーしていました。

私は、正直、フォワードの岡崎は、何となく弱々しくて地味な感じがしていたので、あまり期待をしていなかったのです。
だけど、岡崎は私の予想に反し、ポジショニングが良く、何よりも決定力があるのです。
日本代表には欠かせない存在になりましたね。

それから、途中から出て、最後に本田へラストパスを出した若き期待の星である山田直輝は、消極的なプレーやミスもあったが、あの若さで、しかも初代表戦で、落ち着いたプレーをしていました。
浦和レッズと同様に、視野が広く、パスセンスに長けたプレーを見せてくれました。
次のベルギー戦では、先発で使ってもらいたいです。

ディフェンスは、トゥーリオが居ない中、中沢がよくやっていましたが、相変わらず、サイドを攻められると弱さを露呈してしまいます。
私は、日本のサイドバックは、多少守りが弱くても速さがあり、アグレッシブルなプレーをする選手がいいと思うのです。

鹿島の内田もいいのですが、FC東京の石川を起用してもいいのではないかと思うのです。
石川はサイドもえぐれるし、中に入り、積極的にゴールを狙える速さのある選手なので、日本代表に入れば、必ずプラスになると思うのです。

兎に角、今日の試合は良かった、問題は中村(俊)が入った時に、誰を下げるかですね。
同じ左の本田下げれば、良くないと思うので、中村(憲)を下げるかもしれないですね。

私は、日本代表の柱である中村(俊)と遠藤が、代表ではあまり活きていないと思うのです。
2人ともクラブチームでは、積極的なプレーをするのですが、代表になるとチームのバランスを重んじるのか、
輝きを見せてくれないのです。

それに、現在の遠藤のフリーキックの精度はあまり良くないです。
中村(憲)や阿部の方が、もっといいキックをするような感じがします。

私は、フォワードは岡崎のワントップで、その下に山田を置き、その後ろに中村(俊)とを布陣するのがいいと思います。
右サイドに本田、左には無謀かも知れませんが松井を使ったら面白いと思います。ボランチには長谷部と中村(憲)と今野で、遠藤を入れるならば中村(憲)を下げる形で、ディフェンスには中沢とトゥーリオがいいですね。

遠藤と中村(俊)を隣通しで使うとフォワードの布陣を変える必要があります。
この2人は、代表になると、パサーとフリーキックだけの人になってしまう傾向があり、
フォワードを追い越すような現代サッカーの2列目のミッドフィルダーの役目をあまり果せていないからです。

それに、フリーキックでもこの2人は、小細工をしたがるので私は、この2人を同時にフォワードの後ろに使うのは反対です。
遠藤がボランチになり、舵取りをするなら、中村(俊」は、積極的にペナルティエリアの中に入り、シュートを打つ必要があります。
その為には、序盤にミドルシュートを打ち、相手にゴール前を固められないようにしなければならないと思います。

ミドルシュートと言えば、本田の無回転ボールや両足でも精度の高いキックのできる中村(憲)が、重要になってくると思います。

何とか、遠藤と中村(俊)、中村(憲)が、代表の中で、それぞれ活きるプレーが出来るようにならなければいけないと思います。

それに、日本のフォワードは、ワールドカップ本大会まで、誰がレギュラーになるのか、分からない状況ですね。
大久保も海外でのプレーで活躍できれば、ポジションを取れると思うし、怪我を完璧に克服したらきっと活躍してくれるだろう田中達也、それに、イタリアで頑張る森本もこの調子でいけば、代表に呼ばれるでしょうね。
それに、鹿島の興梠、ミッドフィルダーであるけれども名古屋の小川、横浜の山瀬も期待できそうです。

ワールドカップ出場は、目の前に来ていますが、本大会で、ベスト8に入るには、もっと変わらなければ難しいと思われます。
勝手なことを書きましたが、日本代表頑張れ!!
[PR]

by kurukurutomo | 2009-05-27 23:26

731部隊とミドリ十字(薬害エイズ)

NHkドラマ「遥かなる絆」のことをブログで書いた際に、関東軍の731部隊の人体実験の疑いがあるとの記載で、私のことを「虚言、死ね、無知」とかと罵倒されました。
基本的に、礼儀と常識をわきまえた批判なら、ちゃんとコメントをさせて頂きますが、
私は、凡人なので、そこまで寛容に対処することは出来ませんので、かわりに日記を書かせてもらいます。

私は、731部隊の石井四郎氏が証拠隠滅を計り、東京裁判で、戦犯として裁かれることを避ける為に、アメリカと取引をし、日本の医学会のトップに残った731部隊にいた医師の一部が、薬害エイズで問題となった「ミドリ十字」(ブラッドバンク)をつくり、利権の為には人の命を軽んじる体制を引き継いでいったことは、本当に許されないことだと思っております。

私は、中国政府が南京虐殺(真偽はこの際、問わないで下さい)の件で、規模を誇張し、外交手段や内政への思想教育に利用するのは、感心しませんが、何故、そんな中国政府が731部隊の「人体実験」を切り札に利用しないのか?疑問でした。

当時、人体実験の疑いを一番持っていた旧ソ連でさえ、あまり主張した感じがしないのです。
当然、日本政府もあまりこの事には触れないので、何故だろうかと考えました。
そして、たどり着いたところが「アメリカへの配慮」ではないかと思われるのです。
アメリカは、データを取得し、免責を与えたことで、汚点を負ってしまったのだと思うのです。

また、お叱りを受けるので、「全日本民医連」のシンポジウムのホームページを参考にして下さい。
http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/genki/188/genki188-02.html

この日記に関して、異論のある方もあるでしょうが、多分、思想的に相容れないところが有ると思うので、
私からのコメントは控えさせて頂きます。
(思想のデイスカッションは押し付け合いになるので)
[PR]

by kurukurutomo | 2009-05-26 21:15

インフルエンザも怖いが、本当に怖いのは人間かも!

新型インフルエンザが拡がり、色んな面で経済的な損害が出ていますが、
神経質過ぎるのもどうかと思うし、かと言って楽観視も出来ないし、先行きが少し不安になってしまいます。

インフルエンザは、人間にとっては、悪であり、無くなって欲しいものですが、インフルエンザの脅威は
もしかしたら、自然を破壊し、動植物を無駄に死滅させている人類へのメッセージかもしれないですね。

地球という星を人間だけのエゴで汚し、同じ人間同士で、差別したり、虐待したりして愚かな行為を繰り返していることを神様は嘆いて、罰としてインフルエンザという進化する病原体を地球に放ったのかもしれないですね。

戦争など、人間は愚かな過ちを繰り返しているし、何時になったら、お互いの違いを認め合い、尊重しあえる世界になるのでしょうか?

こんなことを書くと「平和ボケ」していると言われそうですが、決して「平和ボケ」は悪いことではないのですが、
それにつけこむ人がいるので、悪いことのように言われてしまいます。
すべての人が、「平和ボケ」になれば、武器も要らないし、軍事に莫大なお金を費やさないで済むのに...
と嘆いてしまいます。

ちょっと気になったニュースで、大手ゼネコン2社の会社と現場に弾丸を郵送された事件ですが、
未だに、ゼネコンと暴力団との公共工事にまつわるお金の因果関係は続いているのかと感じてしまいます。

それから、漢字検定でダミー会社を作り、何億ものお金を騙し取った事件で見られるように、公益法人、独立行政法人などの利権の問題は、ほとんど改善されず、農林関係の基金を設け、役人における税金の浪費は
減るどころか、増えているようにも思えます。

インフルエンザよりも目に見えぬ利権による税金の無駄使いの方が、日本を蝕んでいるような気がします。
[PR]

by kurukurutomo | 2009-05-21 16:34

制度を悪用する企業たち

最近、障害者団体が使える第3種郵便(割引制度)を悪用した企業が摘発されていますが、
このような制度を悪用する企業が、まだ沢山あるような感じがします。
この悪用の為に、障害者団体の優遇制度が、見直される傾向になると一部の悪徳企業は、自分達の身勝手な詐欺行為によって、障害者団体を苦しめる事になるので、通常の詐欺罪よりも罪を重くするべきだと私は思います。

それから、以前書いた事があると思いますが、外国人研修制度も多くの企業が、脅しや暴力、過酷労働、軟禁、賃金未払いなど人権無視的な事を行なっていました。

特に中国人の研修生は、中国の仲介会社に紹介料を払い、おまけに期間を満了せずに帰国すると、どんな理由があっても、大金を違反料として支払う契約を無理矢理結ばされていたのです。
だから、不満があっても訴えることが出来なかったので、相当な我慢をさせられていたのです。

中国の仲介会社も当然悪いとは思いますが、日本政府が決定した制度を建前は「日本の良き技術を伝承する」為としていますが、実際は、低賃金で使える単純労働の提供でしかありませんでした。

それに、ここでも「JITCO」という公益法人に31億円ものお金が投入されていて、利権の為に作った制度のように思えてしかたありません。

日本が行なう海外開発援助でもその地の利益の為ではなく、日本のゼネコンが絡み、やはり、利権が生まれています。

国内でもETC制度で、かなりの利権が発生してるようで、国内外での利権が伴う行政は止まることはありません。

そう言えば、牛肉偽装も、狂牛病を防ぐ為のものだったのに、産地偽装のいい道具にされました。
利権も無く、詐欺行為も許さない制度を政府は真剣に考えて決めなくては、無節操な企業が増えているこの世の中では対応できないと思われます。
[PR]

by kurukurutomo | 2009-05-09 00:14

ライブ告知

5月23日(土)、24日(日)に、桂雀三郎withまんぷくブラザーズの恒例ライブがあります。
大阪、千日前にある「ANOTHER DREAM」 18:30~ 前売り3500(当日3800):1ドリンク付きです。

今年の新曲は雀三郎師匠の還暦を称え、熟年を意識したおもしろい歌と
「恐い夜」に続く、恐い歌の第2弾みたいな歌です。

「ヨーデル食べ放題」や「やぐらシリーズ」、「鍋シリーズ」などで、食べ物ネタが多く、
高田文夫先生に「フードシンガー」という言葉を頂きましたが、
最近は、カーナビ、花粉など、食に関するテーマ以外の歌を出しています。

当然、食べ物ネタの歌が基本ですので、楽しめるライブになると思います。


それから、6月11日(木)には、大阪の大学教授である湯川先生が主催するコンサート
「つづけてれば」が、大阪、吹田メイシアター(小ホール)で(18:30~)あります。
エルエール田中氏と私とでサポートするこのコンサートは、今回で4回目となります。
テーマである「つづけてれば」という言葉が本当にぴったりな先生の人柄が伺えるコンサートになっています。

先生とは障害者施設等での小さいコンサートもやらせて頂き、これからもその活動は続けて行きたいと思っております。



b0115914_1422129.jpg
[PR]

by kurukurutomo | 2009-05-08 14:20

NHkより保守的な民放の番組づくり

国営放送とも呼ばれるNHKですが、スポンサーへの配慮が要らない分、ある意味自由な放送局だと私は思います。

先日、放送された「「NHKスペシャルシリーズJAPANデビュー」は、民放では出来ないような奥の深い内容でした。

特に第1回の「アジアの“一等国”」は、保守派論客から、偏向性強いと厳しい批判を受けましたが、日韓併合よりもあまり取り上げられない台湾統一の皇民化運動の流れが、よく分かりました。

一部の内容に、保守派から、怒りをかうようなところもありましたが、NHKがこのような番組を作ることに感銘を受けました。

現在の民放各局は、資金面で苦しんでおり、スポンサーの意向に逆らうような番組づくりはされず、兎に角、
内容より視聴率を求められる為、制作費を削り、旬の芸人を揃えて関心度だけで番組作りをしているように思えます。

この前のスマップのメンバーである草彅剛の公然わいせつ(私はこの件は公然わいせつではなく、公務執行妨害だと思うのですが)のニュースを毎日、何度もトップで放送し、重大ニュースのように取り上げました。

有名アイドルが、飲みすぎて悪酔いした事を一大事のように取り上げるのは、情けない話です。
それより、補正予算による莫大な歳出で、国債発行も大量に発行し、国民総生産に匹敵する国の借金が膨れ上がることになったニュースをもっと取り上げるべきです。

それに小泉政権でストップさせた無駄な高速道路の建設もまた振り出しにもどり、大量のお金がまた高速道路に費やされることになりました。
それに加え、農林関係の基金にも大量の予算がつくことになりそうで、定額給付金やETC割引制度などのサービスで、国民の支持率を上げたのをいい事に、無駄な歳出を大量にしようとしています。

消費税を上げることを前提にしていますが、次の選挙で、もし、民主党に政権を奪われても財政の面で、重荷を負わせる事で、政権をまた奪い返す要素を作ったようにも思えます。

話は、テレビの事に戻り、NHKは、民放より内容の濃い番組作りをしています。
ドキュメントだけでなく、エンターテイメント番組でも、音楽では「SONGS],動物では「ダーウィンが来る」、お笑いでは「サラリーマンNEO」など、番組の意図する本質を貫き、余計な脚色の無い、素の良さを追求しています。
特に「サラリーマンNEO」は、お笑い芸人無しの俳優だけで演じるお笑いは、斬新さを感じます。
NHKの番組は他局に無いチャレンジ感を私は感じます。

これからの民放局は、スポンサー至上主義に走らず、制作局としてのプライドを持ち、大口スポンサー頼みではなく、一時的な風潮に流されず、シンプルに面白い番組作りを目指すべきだと思います。

兎に角、制作費を削ると言う発想ではなく、有効なお金を使い、無駄な労力は捨てるべきだと思います。
特に、編集面では、誇張したテロップの貼り付けなどは、要らないと思うので、画面に色んな文字や擬音を付ける事を止めたほうがいいです。

これからのテレビは、DVDのように音声、字幕を選択できるようにすればいいと思います。
そして、原則、生放送中心に放送するのが、一番いいと思います。

不必要な発言の問題もありますが、それは、話し手側の責任と判断力を高めると思うので、悪いことではないと思います。

日本テレビのゴールデン帯番組「サプライズ」は、確か生放送を売りにしていたと思うので、大歓迎です。
何故、生に拘るのかと言うと、同じタレントばかりが出る傾向を防ぎ、編集に頼る傾向が強いタレントの姿勢を改めて欲しいからです。
例えば、放送に流せない誰かの秘密や悪口は、スタジオの中だけで盛り上がり、視聴者は、おいてけぼりになり、消化不良のような気持ちになってしまいます。

テレビに対し、これだけ注文をつける私は、完全にテレビ依存症ですね!
[PR]

by kurukurutomo | 2009-05-07 00:18