リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


これでいいのか!日本プロ野球とJリーグサッカー

先ほど、北京オリンピック、野球の3位決定戦が終わり、結局、日本は金を目指していたが、
4位に終わりました。
試合後の星野監督のインタビューは、選手に対する優しさを感じる言葉を発し、日本人らしいコメントやなぁと私は、思いました。

当然、選手を責める事は出来ませんが、この結果は、監督の責任ではありますが、この言葉は、「何か、これでいいのかな~」と疑問を持ちました。

私は、「相手が強く、力不足」と言う方が潔いと思うのに、、「野球が不思議でしょうがない」と言った事には、少し怒りが込み上げます。

大体、プロ野球OB選手は、いつも「野球は何が起こるかわからない」とか、「野球はワンプレーで流れが変わる」とか言って、他のスポーツよりも特別な存在のように言いますが、
どんなスポーツも「何が起こるかわからず、流れと言うものも重要なもの」です。

世界の野球人口で日本人が占める割合はかなり多く、今回の選手達も他のスポーツ選手が羨む億単位の高額年俸選手ばかりで、今回の4位という成績は、「よく頑張った、悔いは無い」で済む問題では無いと私は思います。

テレビでの評論家、キャスターも仕方ないとは言え、「みんな、一生懸命頑張ってくれたので、しょうがない」と言っていますが、このオリンピックで、一生懸命頑張らなかった選手は、一人も居なかったと思うし、一生懸命頑張るのは、当たり前のことで、プロの選手にこんな言葉をかける事自体が、おかしいと私は思います。

野球に比べ、世界で一番メジャーなサッカーにおいては、日本サッカーが3戦全敗という結果は、驚く結果ではなく、ある程度予測できた結果でした。

日本のプロサッカーの歴史は浅く、日本でスーパースター扱いする選手でさえ、世界では、そんなに目立つ存在ではありません。
そもそもワールドカップやオリンピックに出れる事自体が、凄い事で、そこで上位に入る事は、簡単な事ではありません。

ただ、日本のJリーグの選手は、実力と比例せず、恵まれすぎる環境でプレーができ、マスメディアも世界で通用する一流選手のように、取り上げたりします。

日本のプロ野球とJリーグを一緒にするのは、違うかもしれませんが、
どちらも、国際的な試合にあると、「グラウンド」「審判」「観客」など言い訳が共通しているように思えるのです。

どちらも恵まれた環境で、周りも寛容で、いつも優しくオブラートに包まれた感じてプレーしているようにも思えます。

特に、日本の男子の団体スポーツは、精神面で、他国より凄く劣っているように思えます。

スポーツと言うものは、きついプレッシャーの中で、どれだけ、普段どおりのプレーが、出来るかが、問題で、練習で高い技術を持っていても、本番で、活かされなければ、意味が無いのです。
この恵まれた日本のプロ野球とJリーグサッカーは、いかにハングリー精神を高めてゆくかが問題であると思います。

恵まれない環境の女子ソフトボールの金メダルや女子サッカーの4位は、技術だけでなく、精神面の力強さを証明してくれました。

私は、日本の団体スポーツはチームワークばかり重んじて、個々の力というものに、重点をおかなかった事が良くないと思うのです。

個々の力が集まり、その中で、必要最小限のチームワークがあればいいのではと考えてしまいます。

日本では、自分をアピールするプレーや自分が試合を決めようとする一見ワガママに思えるプレーを嫌い、チームの輪を大切にしてきましたが、それが、個々の責任感というものを薄めてしまい、「いい試合は出来たが、負けてしまった」という事が多くなってしまうのだと私は思います。

先ほどのオリンピック野球3位決定戦で勝ったアメリカはマイナーリーグの選手ばかりなのに、
日本の最高の選手は、圧倒されてしまい、韓国には、予選、準決勝で負けたので、日本がアジアの一番だと言えなくなってしまいました。
このオリンピックに出ていないプエルトルコ、ベネズエラなど日本よりも強いかも知れない国もあり、そんな国々が集まるアメリカメジャーリーグの魅力に日本のプロ野球は、衰退するかもしれません。
そして、Jリーグサッカーも最近は、伸び悩み、後退している感じもあり、欧州サッカーや南米サッカーを知った人からみると、つまらないプロリーグになってしまう恐れもあります。

日本のプロ野球とJリーグサッカーを愛する私にとって、このオリンピックの結果は、日本の両スポーツの死活問題になるのではと危惧しております。
だから、ちゃんと批判すべき事は批判し、プロとしての心の強さを身につけて欲しいのです。

特に、9月から「南アフリカ、ワールドカップサッカー」の最終予選がある日本サッカーは、とても心配です。

女子ソフトで最後の3試合を投げきった上野投手や心臓病を克服し、命がけでボールを追う西山選手やアメリカ投手の打てそうも無いライジングボールを狙い撃ちし、ホームランした山田選手を見習い謙虚に頑張って欲しいものです。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-08-23 16:30

障害者に向けられる犯罪は、絶対に許さない!

犯罪に良いも悪いも無いですが、最近は、無差別的なものも多くなり、老人や女性、子供と言った弱い立場の人を狙う犯罪が増えつつあるように思えます。

以前から、中学生などが、ホームレスの人を狙う犯罪が、そのうち、障害者にも向けられるのではと危惧していましたが、やはり、その予感は、不幸にも現実のものとなってしまいました。

その犯人は、14歳から16歳の8人の少年達で、知的障害者を狙い暴行や恐喝を繰り返しており、捕まった後も、「障害者をいじめて何が悪い!」と反省の態度がないようです。

多分、この少年達は、真に反省もせずに、社会に戻る事になり、未成年で犯した罪を教訓にも出来ず、世の中をナメテ生きてゆくのだと私は思います。

確かに、若気の至りという事もあるでしょうが、このような人の心を踏みにじるような犯罪は、凶悪犯罪と同様に、許される事では無いと私は思います。

少年法で守る意義というのは、こんなケースの為にあるのでは無いと私は思います。
少年法で扱うのは、年齢では無く、犯罪の質で判断すべきだと私は思います。

現在の少年犯罪が、どれだけ更生によって改善されているかは、私には分かりませんが、昔あった女子高生コンクリート詰め事件の犯人の一人は、反省どころか、犯罪を繰り返すという有り様でした。

私は、こんな愚劣な犯罪をする少年達を産んだのは、今の社会のせいだとは、言いませんが、
「勝ち組、負け組み」「セレブ」など世の中の価値観の偏りが、子供のも影響を与えているように思えます。

神経質かも知れませんが、私は、言葉の乱れから、人間の本質も低下してゆくと信じています。
日常でも、若い母親が、子供を叱るのでは無く、子供を感情で怒ると言う状況をよく見ます。
丁寧な言葉で叱るのでは無く、乱暴な言葉で怒る母親からは、正しい言葉遣いは、身につかないし、怠惰な言葉を使うことで、心も安易な方へ流されてゆくと思うのです。

安易な方へ流される事で、欲しいものを簡単な方法で、しかも、弱いものを餌食にしてお金を得ようとしてしまうと思うのです。

子供の時代には、お金よりも魅力的なものがあり、弱いものは守らないといけないものだと教え込まないといけないと思います。
ただ、その教える立場の大人達から教育してゆかないといけないとは思いますが...
[PR]

by kurukurutomo | 2008-08-22 14:47

終戦の日に思うこと

今日は終戦記念日で、国会議員の靖国参拝の映像を流していました。

靖国神社へ行くのは、個人の自由なので、それぞれの思いはあると思いますが、
多くの国会議員が、「靖国神社参拝の会」を集い、大勢で参拝するのは、私は個人的に
不快感を感じます。

この人達は、本当に戦没者の慰霊の為だけに、参拝しているのか、疑問を感じます。
何か、思想的なものを私は感じます。

こんなことを書くと、日本の為に死んでいった人達を参拝し、偲ぶのは悪い事かと、言う人がいますが、それは、話のすり替えで、あの戦争で亡くなられた人は、日本人、外国人に関係なく、忘れてはならないし、感謝し、良い教訓にする事で、2度と戦争を起こさず、巻き込まれないようにしてゆかなければいけないと思います。

だから、国会議員が、連れ立って、靖国へ行くよりも、沖縄を始め、サイパン、グアム、インパールなど玉砕など戦死した軍人、一般人の方々の所へ行き、慰霊の念を捧げるのが、自然だと思うのです。

しかも、南太平洋や東南アジアで、戦死した人の遺骨さえも未だに全部が、見つけられていないみたいで、本当に気持ちがある国会議員がいるならば、その地へ出向き、遺骨回収の手助けをするべきだと思います。

戦争体験者が、少なくなる中、戦争の悲惨さや無意味さを伝えることよりも国の威信や誇りをああおるのは、嘆かわしい事です。

私は、反戦の気持ちとは、真逆に、戦艦や戦闘機に対する関心もありますが、そういった憧れとそれを使って人を殺す事の線引きがしっかりしていないと、愛国心を利用し、戦争を肯定するものの思想に感化されてしまいます。

戦争は例外なく、無駄で、悲惨で、やってはいけないことであるのは、明白な事です。
アメリカや中国、ロシアなど軍事大国を見ていて、腰抜けに思える日本は、その姿勢を変えてはいけないと深く思うのです。

もし、日本があの戦争に勝っていたら、今の日本社会は存在していなかったし、徴兵制度があり、世界屈指の軍事大国として、アジアの数カ国を傘下にし、核保有国になっていたでしょう。

戦争に勝利したアメリカは、未だに、原爆投下を正当化し、定期的に正義を装い戦争を起こしています。

戦争に勝つことが素晴らしいなんてことは無いのです。
原爆犠牲者や最前線で惨たらしく死んでいった人達を真剣に直視し、それでも、戦争を肯定できる人はいないと思います。

戦争を恐れることを弱虫と言われるなら、私は、その弱さを誇りに思います。
国や家族を守る為と言って、戦争に借り出された人の純粋な気持ちは、分かりますが、
もし、そんな状況下になったとしたら、大事な人の傍にいる事が一番大事だと私は思います。

今、世界は大変な時なので、宗教や民族や国家などという対立に振り回されず、
地球そのものの危機をみんなで乗り越えていかないといけないと思います。

例えば、人に感染する鳥インフルエンザ、温暖化、投機マネーによる穀物、原油先物買い、世界的な餓死など、人類が抱える問題は多いです。

戦争は、純粋な人達を利用し、一部の人間が恩恵を得る矛盾した行為なので、すべての人が、戦争を否定しなければいけないと私は思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-08-15 13:13

女子サッカーもけっこう面白い!そして、マスメディアに喝!!

[北京オリンピック]日本女子サッカーの予選最終戦は、強豪ノルウエーだったので、多分、負けるだろうと思いながら、何となく観ていました。                              
                                                          今まで、まともに女子サッカーを観た事の無かった私にとって、プレーの精度の高さにビックリしました。

確かに、男子とは違うプレスの甘さはあるにしても 
今の日本男子サッカーよりも前にいく姿勢が強く、運動量も多く、ゴールを狙う貪欲さは、男子も見習うべきだと思います。

ロングパスやトラップにしても、日本男子よりも基本に忠実で、無駄なパス回しは、あまり見られなかった。

確かに、パワーも技術も男子と女子とは比べ物にならないくらいの差はあると思いますが、
メンタル面は、男子以上のものがあるように思えます。

特に、シュートに関しては、上にすかすようなシュートは少なく、出来るだけグラウンダーのシュートを心がけ、押さえの利いたシュートを打っているように観えました。

日本男子のある中心選手が、「サッカーでは、勝っていたが、試合に負けた」と言ったことを言っていたとインターネットで見ましたが、これが、本当なら、これからの日本サッカーが、心配です。

悔しさより言い訳を探しているように私は思えるからです。

監督にしても、悔いは無いようなことを言っていましたが、オーバーエージを使わなかった事も含め、悔いだらけのオリンピックだったのではないのかと私は、疑います。

解説も海外の試合でおなじみの「グランドや天候」のせいにする寛容な評価をしますが、
やはり、プロなので、悪い事は悪いといい、名指しで批判してもいいと思うのです。

名指しで批判される事は、ある意味、期待が含まれているので、悔しさの中で、より一層の頑張りを助長できると思うのです。

柔道の谷本選手や水泳の北島選手も大きな挫折と屈辱があったからこそ、今回の金メダルが取れたと思うので、日本サッカーを愛する私は、敢えて、名指しで批判します。

本田圭佑よ、もう一度、オリンピックでの自分の試合を観て、現在所属するオランダのリーグで、通用するのか、謙虚に見つめ直して欲しい。

ハッキリ言って、日本のサッカーは強くも無ければ、美しくも無く、オランダやスペインのサッカーを模倣しているだけのもので、日本のパスワークは、攻めを遅くし、無駄が多い為、シュートで終われず、その為、カウンターを食らうケースが多く、致命的なミスを犯す危険性が高いのです。

兎に角、点を取らなければ勝てないので、誰もが、シュートの意識を高めないと面白くないし、勝つことが出来ないと思います。

日本のスポーツ感として、内容は勝っていたが、試合に負けたという表現を使いますが、
私は、これが大嫌いです。

今回の男子体操でも、中国は難易度の高い技で勝負しているが、日本は美しさで勝負すると言っているコメントをよく聞きますが、観る側としえは、難易度の高い技を観れる方が、いいに決まっているし、採点形式に文句を言うのは、おかしな事です。

難易度の高い技を披露出来る事自体が、美しいことであり、素晴らしいことなのですから!

それから,バドミントンで、金星をとった女子ペアーの前田、末綱選手は、「オグ、シオ」よりも最近の実力は上だったにも拘らず、殆ど取り上げられず、悔しい思いをしたことでしょう。

マスメディアが、小椋、潮田選手が、敗退し、前田、末綱選手が、中国の最強ペアーに勝ったとたん、手のひらを返すように、「スエ,マエ」と名づけ、人気をあおろうとした時に、彼女達は、短縮せずに、「末綱」、前田」と呼んで下さいと言ったそうです。

小椋、潮田選手に、当然、責任もないし、これからも頑張って欲しいですが、
マスメディアの脳天気ぶりは、呆れてしまいます。

兎に角、頑張れ日本!そして、日本以外の国も頑張れ!!
[PR]

by kurukurutomo | 2008-08-13 12:21

オリンピック開会式前に終わった日本サッカー

今日の北京オリンピック、日本サッカーの初戦は、何もせず、大して強くも無いアメリカに惜敗しました。
サッカーに詳しい人なら分かると思いますが、予選を通過するには、アメリカに勝つことは最低条件であったので、この敗戦で、日本サッカー(男子)は、予選敗退が、確定したと言っても言い過ぎではないと思います。

次に繋がるような試合なら、この後のナイジェリアとオランダの試合も多少は、期待が持てるのですが、万全を期したチームと思えない試合内容で、観ていて、時間の無駄でした。

そもそも、強豪国もオーバーエージを使用し、ブラジルはロナウジーニョ、アルゼンチンはリケルメと、より一層のタレントを揃い挑んでいるのに、日本は、色々ありましたが、結局は、オーバーエージは、使用しませんでした。

それでも、チームの輪が保たれ、連携が上手くいくなら、それでもいいかなぁとも思ったのですが、今日の試合内容を観て、愕然としました。

中盤の選手とフォワードが、全くかみ合わず、受け手が悪いのか、パスの出しどころを探しながら、プレーをしていました。

若いのに、ひたむきなプレーは無く、適当にサッカーをやっているようにも思えます。
確かに、高温多湿で芝の状態も良くは無いですが、相手も同条件で戦っているし、本当に強いチームは、どんな悪条件でも、基本プレーは確実にしっかりとしているのです。

日本は、ハッキリ言って、基本プレーも雑で、トラップ、パスの精度は、これがプロなのかと疑問を感じます。
結局は、国際舞台で、実力が出せないというより、普段の練習の取り組み方に問題があるのではないでしょうか?
恵まれた環境で、若くして天狗になり、謙虚な姿勢を失っているように私は思えるのです。

テレビの解説でもやたら、グランドコンデェションや天候やレフリーのジャッジに対して文句を言ったりして、選手を擁護するような事ばかりいいますが、
私は、敢えて、これから伸びてもらう為に、思いっきり批評すべきだと思うのです。

日本サッカーの悪い面を全部受け継いだようなオリンピック代表は、責めは遅く、シュートで終わる意識が薄く、無駄なパスがあまりに多すぎて、ボールを奪われて致命的なカウンターを受けてしまうのは、上の世代から、伝染しているように思えます。

横パス、バックパスの多用で、リスクも増え、当然、責めるのも遅くなってしまうので、この点だけでも改善しないと世界では勝てないと思えます。

それに、予選リーグで一番弱いアメリカに対し、何で、ワントップなのか、理解できません。
森本はワントップで君臨するタイプではないし、キープ力にも問題があります。
それに、若いのに、日本選手は、ゴール前で、反則を貰う事を意識しすぎて、簡単に転んでしまうので、こんなスタイルの選手は、多少ファールされても、審判はとってくれないのです。

なんとしても、ゴールを奪うと言う気迫が全然見られないのは、この世代だけでなく、日本サッカーの一番の課題だと思います。

どの世代の攻撃的ミッドフィルダーは、アシストすることばかり意識し、自分がセカンドアタッカーとして、ゴールを決めるという意識が薄すぎます。
Jリーグでは、ゴールを狙うのに、代表になると消極的になってしまいます。
オリンピックだけでなく、オリンピック後に控えるワールドカップ予選は、本当に厳しいものになってしまいます。

その為にも、オリンピックで悪い膿みを全部だし、ワールドカップ予選にプラスになるようにしてもらいたいです。

兎に角、スーパープレーでなく、基本的なプレーをしっかりと確実にやれるように心がけて欲しいです。

スペインやオランダサッカーを模倣するのは、まだまだ早すぎるので、トラップ、インサイドキックの確実性から、始めるべきだと私は思います。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-08-08 00:14