リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


平和を築き上げ、維持することの大切さ!


数年、続けて行っていた「広島、長崎平和リレーマラソン」のイベントに今年は、個人的な理由で行けず、8月6日の「広島比治山青空音楽祭」も今年は行けそうにないので、平和について、特に領土問題について、自分なりに考えてみました。

世界の歴史を見ても、領土問題は、争いの原因のひとつで、どこまで、時代を遡れば、領土の権利を主張出来るのか、難しいことです。


竹島の歴史教科書の問題は、話し合いで済む問題ではないが、それぞれの国の国粋主義者に踊らされないようにしなければいけないと思います。

確かに、日本の教科書に文句を言い、過剰に反応する韓国は、日本からすれば、信じられないことで、内政干渉だとも言えると思います。

ただ、韓国から見る「竹島」の問題は、日韓併合に象徴される日本からの脱却のシンボルになっているみたいで、近代史を殆ど教えられなかった日本人には、受け入れられないことだと思います。

戦後のGHQの領海線の引き方にも曖昧さがあったように聞きますし、敗戦後、日本は、実質的な植民地状態だったので、李承晩ラインに対し、どれだけの抗議が有効だったのか、私には不明だが、
後に、日韓漁業協定を結ばれてからも、韓国政府による日本漁業への締め出しは、日本人としては納得がいかないです。

私は、韓国が実行支配している竹島を日本が何故、今、教科書に載せる事を認めたのか?
理解が出来ません。
弱腰と言われますが、曖昧な形のままでも良かったと思うし、教科書に載せる事で、日韓関係にひびが入ることも想像できたし、何故、ぞんなリスクをおかしてまで、教科書に載せようとしたのか、不思議でしょうがありません。

日本が、自衛隊をおくって力で奪い取るなら、分からないでもないが、そんな事を出来るはずも無い事なのに、私は、理解しがたい事です。

どうせなら、昔から、竹島は日本の領土と教科書に載せていれば良かったのではないかとも思えるのです。

多分、こんな事を言うと、非国民と言われるかもしれませんが、漁業権だけは、平等にする事をを前提に、竹島は、韓国に譲ってもいいと思うのです。

一部の人は、そんな事をしたら、図に乗って、対馬も取りにくると言っていますが、対馬は、日本人が多く住む島なので、そんな馬鹿な事はしないと思うのです。

今まで、曖昧で弱腰な外交を繰り返してきた日本政府に対し、苛立つ人も多いでしょうが、
その曖昧さで、経済を発展させ、国益を向上させてきたので、平和的な曖昧さは、そんなに悪い事ではないように思えるのです。

勿論、韓国政府や中国政府のように、内政問題の矛先を反日で誤魔化そうとするのは、腹が立ちますが、それだけ、熟成した国家になっていない証拠なので、日本がそれに対し、いちいち怒るのは、次元を合わせる事になるので、大人の国家であるならば、そんな事で、国益を損なう事をすべきではないと思うのです。

日本が、今まで、迷惑をかけてきた韓国、中国に対し、立派な自由主義国家になる為の、手助けをする必要があると思うのです。

成熟した人は、自分の思想や価値観を相手に押し付けず、相手の立場を理解した上で、対処するのが、好ましいと思うので、国家も同様にそんなスタンスで接する事が出来れば、素晴らしいと思うのです。

どんな人も自分自身や自分の身内ばかりを愛する人は、他人を受け入れず、自分だけの価値観の中で生きる事になってしまいます。
国家も同様に、自分達の民族や文化が、一番だと言い、他国家を否定する事を続けていると、
同じ過ちを繰り返す事になると思うのです。

国や国家、国民と言っても、単なる区分けであって、すべての人が反する国だからと言って、すべてを憎しみあって戦うなんて有り得ない事で、同国民でも気が合う人、気が合わない人があり、異国民でも、同じように、気が合う人、気が合わない人がいるので、国同士の戦争は、本当に意味の無い事です。

最近は、親が子を子が親を殺す世の中なのに、同国民と言うだけで、良しとするのは、矛盾があると思うのです。

だから、愛国心は人それぞれの形で持つ事は、当然ですが、国粋的な思想は、意味の無い事です。
やたら、自国民を盲目的にに崇拝し、他国を排除し、やたら、民族的なプライドを過度に言いたがる人も自分自身に誇れるものが無い人なのかもしれません。

私は、自国であれ、他国であれ、偏った考えを持ち、戦争を少しでも肯定する人は、認めるわけにはいきません。
だから、平和利用の為の核兵器保有は信じておらず、被爆により亡くなったり、苦しめられた人を侮辱するものだと思うのです。

そんな被爆国である日本の中で、核保有を肯定するものが増えてきているように思えますが、
広島、長崎のことをもう一度、いや何度も思い返して欲しいのです。

最近観た映画で「夕凪の街 桜の国」という麻生久美子、田中麗奈主演の映画をお勧めします。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-07-21 23:00

動物の歌

最近は、比較的忙しくて、歌を作る時間が無いと言い訳をしていたけど、今まで、暇な時も
歌を作ろうと思っても、上手くいかず、途中でくじけたりします。

動物の歌を中心に歌を作ろうとしても、発想が浮かばず、動物番組を観ても、歌に結びつけるテーマなんて、考えず、楽しく観ているだけで、作ろうという意思が弱すぎることに気がついてしまう。
挙句は、10曲あるのだから、次は、ラブソングを作りたいと思って、テーマが定まらず、
最近、やっと、真剣に、1曲作ろうと思っていたところ、「コバンザメ」の映像がテレビで流れ、
「コバンザメって人に例えて、悪いイメージがあるなぁ」と思った瞬間、「これだ!」と思い、早速、作ってみると、10分ぐらいで出来てしまった。

だけど、出来たのは、1番だけで、2番を作ろうとしても歌詞が1番だけで、完結してしまいました。

何とか、2番を作らねばと思っていたら、以前から、歌にしたかった「ハイエナ」が頭に浮かび、
そう言えば、「ハイエナも人に例えたりして、イメージが悪いなぁ」と思い、2番は、「ハイエナ」で行こうと思い、歌詞を考えると、これも10分ほどで出来ました。

出来る時は、本当に、歌詞とメロディが、同時進行で、すぐ出来てしまうのです。
だけど、出来ない時は、何度、トライしても出来ないので、曲作りは、本当に難しい。

タイトルは「ハイエナとコバンザメ」で、「幻の猛獣」の歌のトラとライオン以来の複数の動物の登場の歌となりました。

ソロで歌う機会もそんなに無いのですが、
施設などで、ボランティア演奏を一緒にしている大学教授の湯川先生とコンサートをする時までに、しっかり、練習をしておこうと思い、そして、また、動物の歌を作ろうと思いました。

動物が好きだと言いながら、ここ数年、動物園も水族園へ行っていないので、今年は、動物園に行きたいと思っております。

王子動物園と同じ神戸に住み、ジャイアントパンダを直ぐ観れるのに、最近は、全然、行っていない事に反省です。

ジャイアントパンダは、レンタルなので、後、数年で、中国に返還しなくてはいけないだろうから、
今のうちに、思う存分観たいのであります。

それから、近いうちに、和歌山のアドベンチャーワールドも是非伺いたいものです。

あっ、それから、8月27日発売予定で、発売が延びていた桂雀三郎withまんぷくブラザーズの
「反逆者のうた」は、カップリング曲も、結構好評で、特に、「あぁ青春の上方落語」は、ドラマの主題歌に向いていると業界の方からも評価を受け、唯一、バンドメンバーのみの一発録音で、収録したので、嬉しい事です。
もう一曲の「寿限無」も子供にも愛着のあるテーマで、雀三郎師匠のロック調の歌が聞ける面白い歌です。

師匠のオリジナルは、食をテーマにした歌以外に、医療や健康に関した歌もあり、お医者さんシリーズの他に、ダイエットと歌や健康為の体操の歌もあるのです。

ちなみに、師匠の持ち歌は、既に、50曲を超えて、落語家兼歌手としては、多分、一番多いデパートリーを持っていると思います。

師匠の歌を手がけるリピート山中の才能には、身内ながら、感心します。

彼のソロシングル「脱!メタボリックロックンロール」も6月25日に全国発売され、カップリング曲は「頑張れ!スイゾウちゃん」という、内臓をテーマに、健康推進を歌った歌が好評です。

リピート山中の持ち歌の中には、アルバムに出来るほどの医療関係の歌があり、そのうち、
医療関係をテーマにしたアルバムを出すでしょう。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-07-08 00:48