リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

何故、サッカー日本代表の試合は面白くないのだろう

私は、サッカーファンであり、Jリーグだけでなく、日本代表も当然応援してはいるのだけれど、
最近は、日本代表の試合を観て、勝っても負けても面白いと感じないのです。
Jリーグは、つまらない試合も多いですが、面白い試合も多く観れるのですが、
何故か、日本代表の試合は、監督が変わっても面白くないのです。
よくイタリアのサッカーは、守り中心で面白くないと言われますが、日本のサッカーは、そんなレベルの話ではなく、もっと初歩的な部分で問題があるように思えます。
昨日のアウェイでのバーレーン戦は、全部は観れませんでしたが、前半を観ただけで、日本が得点するのは難しく、引き分けならOKだと思っていました。
試合前に、ちょっと気になったのは、川口を起用する事に私は異論があり、川口は、大活躍する事もあるのですが、安定感に欠けるところがあり、ポジショニングが悪く、二アを開けすぎてゴールされる場面を何度か観ました。
それに、川口は判断ミスをする事も多く、昨日の失点もその判断ミスが大きな原因だと思います。
川口のように小柄なキーパーは、ハイボールの対処にリスクがあり、前に出た時は、必ず、ボールに触らないといけない鉄則を行えないリスクがあります。
昨日の失点もキーパーが絶対にやってはいけない事で、確実にパンチング出来るかどうかを判断する能力が必要になります。
川口にはそれが欠けているのです。それに、キャッチイングにも問題があるので、日本代表のレギュラーに定着すべきかを考え直して欲しいものです。
だけど、日本代表の試合が面白くないのは、川口のせいではありません。
相変わらず、ゴール前での無駄なパスが多く、シュートまで至らず、カウンター食らう事も少なくありません。
中盤でもいつもパスの出しどころを考えながら、プレーしているのは、パスの出してが悪いのか、周りのものが的確に動けていないのか、不明ですが、ワンタッチ、ツータッチでパスをまわし、少ない時間でゴール前に行き、シュートで終わるという練習をしているのを観ましたが、その練習が活きている試合は殆どありません。
だから、ロングボール蹴ったり、一発で通す縦パスばかり目立ち、一か八かというプレーが多い為、運任せ的なパスのように観えます。
日本のサッカーは兎に角、基本が駄目です。
トラップ、パスの精度、シュートの精度など実践では、ミスが多すぎます。
なのに、難しいパスを出したり、トリッキーなプレーをしようとします。
本当に面白いサッカーは、シンプルでシュートを沢山観れる試合が面白いサッカーだと思うので、日本代表の選手は、意識から変えてゆかないといけないと思います。
厳しいようですが、シュートの少ないフォワードは要らないです。
昔から、日本では、運動量が多く、守りも積極的にするフォワードを評価しますが、守りを評価するなら、その選手の変わりに、ディフェンスをいれればいい事と同じなので、極端なことを言うと、殆ど、ゴール前にいて、遊んでいるように思えるフォワードでも、確実に点をとるフォワードが必要なのです。
実際、ロナウドのように、素晴らしいストライカーには、こう言った選手も少なくないのです。
ディフェンスもしっかり出来る方がいいですが、フォワードの仕事はシュートを打ち、点を取ることです。
それから、トップ下の選手もセカンドアタッカーとして、ゴールの意識を高め、アシストする事だけを考えず、自分でゴールする意識も強くしてゆく必要があると思います。
日本代表の試合では、みんなシュートを打つのが嫌いなのかと疑う時が多くあります。
本来、サッカー選手はシュートを打つ事の喜びを持っているはずなので、いい意味での自己中的なプレーが日本には必要です。
ワールドカップ3次予選で2位になれば、最終予選に行けますが、2位になると強い相手と戦わないといけない事も考えられますので、1位通過を目指して欲しいです。
ワールドカップに出るだけでなく、そこで、心躍る観ていて楽しいサッカーをやってもらいたいです。
[PR]

by kurukurutomo | 2008-03-27 10:37
<< 政治の腐敗は、国民にまで伝染す... 知事の気持ちも分かるけれど... >>