リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

満身創痍のkaraは、痛々しいけど頑張って欲しい!!

昨日は、まんぷくブラザーズだけの3人で、ライブをしました。
一部は、個々のソロをして、2部はオリジナルの新曲を15曲ほどし、最後は桂雀三郎師匠とのユニットで演奏している「それぞれの味」「そよ風のラブソング」「ヨーデル食べ放題」で締めくくりましたが、3人でやる歌が出揃ったのが4日前だったので、本当に大変でした。

納得した出来にはなりませんでしたし、個人的にも課題ばかりが見つかったライブでしたが、
いい経験にはなりました。
来場して頂いたお客様には本当に感謝でした。

今日は久しぶりにパソコンを開く時間が出来て、先日、抽選の応募をしていたkaraのコンサートの抽選結果が出ていたので見てみると、やっぱり、落選でした。

ぴあの一般発売も既に、売り切れていて、どうやら、あっといおう間に立ち見まで売り切れたそうです。

先日、ツアーの初っ端だったソウルでのコンサートが噂によると、入りがもうひとつだったみたいなので、
もしかしたら、抽選で当たるのではと思っていましたが、残念な結果になりました。

それでも、会場がガラガラより、チケットが取れないぐらい人気が高い方が、ファンとしては嬉しいので、生で観ることは出来無さそうだけど、落選したことが少し嬉しい気もします。

私は、人前で演奏したりするのですけど、人ごみが苦手で、多くの人が集まるコンサートは行く気持ちには、
なれなかったのに、karaだけはそんな苦手な事以上に、生で観てみたいという気持ちが勝ったのは、自分でも不思議な感じがします。

ただ、メンバーのギュリさんは声帯の手術で喉に不安があるし、二コルさんも足の靭帯を痛めているみたいで、今日のMUSIC JAPANでも踊れない状態なので、日本ツアーが近づいていることを考えると、楽しみな反面、心配にもなってきます。

無理はしないで欲しい気持ちもありますが、ベストのフォーマンスも演じて欲しいし、複雑な気持ちになってしまいます。

karaって何故か、怪我が多いように思えますね、確かスンヨンさんも以前足を怪我していたみたいだし、怪我をしないのもプロとしての条件ですけど、karaの場合は頑張り過ぎている事が、怪我に繋がっているような気がしますね。

私は、「STEP」のような激しいダンス曲より、「アンブレラ」のような可愛いくゆったりとした振りの曲が好きなので、身体に負担の無いような、可愛い振りの曲をもっと歌って欲しいですね。

karaファンの中でも人気の高い歌では無いのですが、「スイートデイズ」(日本語版はウィズ)の歌っている動画を観た事がないので、是非、コンサートで歌って欲しいですね。
そして、コンサートを収録したDVDを発売して欲しいです。

コンサートのチケットが手に入らなかった者のささやかなお願いです。

歌だけでなく、バラエティでも楽しませてくれるkaraは、これからも日本と韓国で活躍して欲しいですね!
[PR]

by kurukurutomo | 2012-03-25 22:40
<< 猫ひろしさんのオリンピック出場... 今日の「たかじんのそこまで言っ... >>