リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貴重な外国人介護士候補をもっと大切に考えるべきだ!

【介護福祉士の国家試験が29日、全国各地で行われ、EPA(経済連携協定)に基づいて、インドネシアなどから来日した外国人介護福祉士候補者95人が初めて受験した。

日本人でも合格率は例年50%程度にとどまっており、候補者の合格率が焦点になっている。合格発表は3月28日。

 受験したのは2008年8月に来日し、介護施設で3年以上の実務経験を積んだインドネシア人らで、日本人と同じ筆記試験問題に臨んだ。問題文は外国人も理解しやすいように、難解な漢字に仮名を振るなど配慮されている。

 EPAの介護福祉士候補者は原則、4年間の滞在中に1回だけ受験が可能で、合格すれば日本で働き続けられる。ただ、今回の受験者は不合格でも、一定の試験成績などを条件に、政府が例外的に1年間の滞在延長を認めるため、来年も受験できる。現在、インドネシア人とフィリピン人の計約570人が、就労しながら資格取得を目指している。】

このニュースを聞くと、日本政府も少しは譲歩したように思えますが、介護の現場で人手不足が問題となっているのに、日本という国はアジアの小国には強気な姿勢が覗えると思う。

本来、日本で真面目に日本語と仕事と習慣に馴染もうと一生懸命に頑張る外国人に対して、貴重な人材という観念が全く見受けられないのです。

引き受ける施設も労働時間外に語学や介護の勉強をしてあげているのに、厳しい条件の試験に落ちたからといって、母国に帰してしまうことは、施設にとって無駄骨になってしまうし、大きな損失になり、これからのEPAという制度にも悪影響を及ぼすと思われるのです。

それに、今の日本は超高齢化社会に向かう一方で、少子化問題を抱えています。
今でも年金制度の破綻が噂される中で、この先、少ない働き手で多くの高齢者を支える日本の現状を考えると大きな岐路に立たされていると思うのです。

多くの日本人は日本の技術力と勤勉さがあれば、必ず日本は再生されると言うでしょうが、
確実に日本の消費市場は狭くなるのに、内向きのままでは、小さな市場のお金をみんなで取り合うことになり、富む者と貧しい者という2極化した世の中になってしまうような気がします。

日本人は、外国人を受け入れることに消極的で、外国人=不法労働=犯罪というイメージが強いように思えます。

確かに、犯罪目的に日本に入る悪い外国人も要るでしょうが、看護士や介護士を目指して頑張る外国人は貴重な人材として扱わなければいけないと私は思うのです。

私の考えは日本人の中では、少数派なので、反論は多いでしょうが、やはり、これからの日本は外国人移民を受け入れてゆくべきだと思うのです。

確かに、リスクはあると思うので、希望すれば誰でも受け入れるというのではなく、EPAや外国人研修員制度や留学などで、日本に対する思いや姿勢に問題が無ければ受け入れてゆくべきだと思うのです。

そして、住みやすい日本という地で子供を生み、育ててゆくことで、少しでも少子化の流れを良い方向に変えてゆくべきだと思うのです。

日本に置かれている状況を日本人自身が理解していないことを度々気づくことがあります。
震災後、外国人観光客が激減する中、最近になりようやく中国人の観光客は増え、旧正月の連休の中、多くの中国人観光客が日本を訪れました。

その様子をニュースでみると、「爆買い」という表現の中国人韓国客に対し、ちょっと失礼な表現な感じがします。
日本で、多くのお金を落としてくれること自体、有難いことなのに、「爆買い」という表現は、とても好意的には受け止められないのです。

以前、日本が高度成長期だった頃のアメリカが日本に対する嫌悪感が混ざった見方に似ているように思えるのです。

中国というイメージは日本人にとって、あまり良く無いですが、中国国家を背負う中国共産党や軍部とは一線を引かないと良い面までも潰してしまうような気がします。

日本に来る中国人観光客は、原発事故においても「ちゃんと対応しているから心配していない」と言っていたり、
日本の製品に対する信用度は高く、日本に対して好意的な中国人も少なくないようにも思えてきます。

まぁ、日本が大嫌いなら日本に来て、お金を使わないでしょうし、中国、韓国が反日の教育で偏りすぎてるというイメージは、逆に日本人の方が強いのかもしれないです。

インターネットの普及で、限られたメディアから幅広く世界を見れるのだから、今の日本が軍国主義の時代の日本とは全く違うことは、浸透していると思うので、対立する部分と相互理解をする部分を分けて考えるべきだと思うのです。

いい意味で、競い合い、お互いの市場を刺激しあうことが大切だと思うのです。
ユニクロやコンビニやそしてAKBといった芸能の部分でもお互いの国にとって、メリットの大きいことは、多々あると思うのです。

内向きにならず、外にも目を向き、日本の基盤を支えるのは、日本人だけでなく、日本を愛する外国人にも支えてもらうことを考えてゆくべきだと私は思うのです。

それから、「難民の受け入れ」ももっと積極的にする義務はあるでしょうね!
[PR]

by kurukurutomo | 2012-01-30 23:37
<< 日本代表のシリア戦を終えて... 把瑠都への「帰れコール」は間違... >>