リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本国民よりアメリカを優先した原発にかかわる役人たち!

私は、福島原発事故後、政府は何故速やかに「SPEEDI」(放射性物質飛散予測)を国民に公開しなかったのかを考えていましたが、大金をかけて研究してきたこのシステムは国民の為のものではなく、一部の者たちのシステムなんだと確信していました。

それは、日本特有の天下り利権の温床の1つだと思われていましたが、今日のネットニュースを見て、日本がアメリカの属国であることを再認識してしまいました。


そのニュースは次のとおりです。
『東京電力福島第一原子力発電所の事故原因を究明する国会の「事故調査委員会」は、初めての本格的な質疑を行い、参考人として招致された文部省の担当者が、放射性物質の拡散を予測する「SPEEDI」と呼ばれるシステムによる予測データを、事故の直後に、アメリカ軍に提供していたことを明らかにしました。

国会の事故調査委員会は、16日、政府の事故調査・検証委員会の畑村委員長や東京電力の事故調査委員会の委員長を務める山崎副社長らを参考人として招致し、公開で初めての本格的な質疑を行いました。この中で、文部科学省科学技術・学術政策局の渡辺次長は、放射性物質の拡散を予測する「SPEEDI」と呼ばれるシステムで、事故の直後に行った予測のデータについて、外務省を通じて直ちにアメリカ軍に提供していたことを明らかにしました。SPEEDIのデータは、文部科学省が「実態を正確に反映していない予測データの公表は、無用の混乱を招きかねない」として、一部を除き、事故の発生から2か月近く公表しませんでしたが、アメリカ軍に提供した理由について、渡辺次長は「緊急事態に対応してもらう機関に、情報提供する一環として連絡した」と説明しました。』

そもそも、「実態を正確に反映していない予測データの公表は、無用の混乱を招きかねない」こんなことを言うこと自体、国民を馬鹿にしていると思うのです。

100年に一度あるかないかの、ここぞという時の「SPEEDI」というシステムが、実態を正確に反映していないというならば、何故大金を使って研究してきたのかと疑問に思うのです。
それに、無用の混乱を招きかねないという発想は、放射性物質に被曝する恐れがあるのに、呑気にこんなことを言うのは、犯罪に近いと思うのです。

実際、避難する方向に誤りがあり、この情報を公開していれば、多くの被曝をしなかった人が、知らずに放射性物質が飛散する方向に避難し、被害を受けてしまったのです。

それに、「SPEEDI」の飛散予測は正しく機能していて、被災地には何の意味も無いものになってしまいました。

事後後、アメリカの空母が日本から早々に離れて行きましたが、日本がこの情報を提供したから危険を感じ離れて行ったと思われるので、政府や東京電力、安全委員会、安全保安院、文部科学省は大きな罪を犯したことになると思うのです。

この他にも東京大学の御用学者たちの発言も結果的に間違いが多く、もしかしたら自分たちの保身の為に、嘘をついたのではと思ってしまうのです。

この原発推進する役人たちは美味しい汁をすするだけで、責任は誰も取らないのです。
先日、NHKで海の汚染の実態を調査するドキュメントをやっていましたが、役人は海に流れ出たセシウムは拡散され薄れてゆくので、海の汚染はしないと述べていましたが、実際は、拡散されず海底に沈み、ホットスポット的に高い数値を出していたようです。

拡散せず、福島の近辺でおさまっているなら、まだ対応も可能ですが、このホットスポットは東京湾にも及び、江戸川の河口などは、高い数値を出しているので、汚染された海は予測がつかない状況になっているのかもしれないです。

原発の安全性どころか、原子力発電で生まれる核廃棄物の処理方法もちゃんと出来ないのに、推進してゆくやり方は、無茶苦茶だと思うのです。

未だに関係者たちは安全性を崩さず、想定外という言葉で逃げていますが、そんなに安全というなら、関係者は家族で原発の近くに住めばいいのです。

それか、都市部にのみ原発を造ればいいのです。どうせ、電力を多く使用するのは都市部なのだから、その方が効率がいいと思うのです。

ただ、その時に市民の賛否をちゃんと検証して建てて欲しいものです。
それが出来ないなら原子力に頼らない道を選ぶべきだと思うのです!
[PR]

by kurukurutomo | 2012-01-17 21:24
<< 把瑠都への「帰れコール」は間違... 賢い評論家たちもテレビの中のた... >>