リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本人のターニングポイント!中国に頼らない経済に!!

昨日、大相撲で、全勝優勝をした白鵬は、心技体すべてにおいて完璧と言っていいほどですが、横綱以外の力士の不甲斐無さも感じる結果です。

特に、角番を乗り切った魁皇が、もし負け越して引退してしまえば、日本人の大関は居なくなってしまいます。
千秋楽の3役揃い踏みも殆どが外国人力士で変な感じさえします。

私は個人的に外国人力士が上位に来るのは歓迎していますが、相撲だけでなく日本人自身のハングリーさが欠け、悔しいという精神が無くなりつつあると思うのです。
当然、私もその一人なのですが、そろそろ日本人も変わらなければ世界に取り残されてしまうような気がします。

外交面の失敗で中国にやりたい放題されていますが、私は出来れば中国とは上辺だけでも親交を深めるべきだと思っていました。

だけど、民主党の計画性の無い船長逮捕から楽観的で安易な外交をした為、中国の強硬派に有効なカードを渡してしまいました。

パンドラの箱を開けたからには、友好関係を修復するのは難しく、中国と仲良くするには対等な立場ではなく、
中国の言いなりになるしかないのかもしれないです。

この事件をきっかけに、日本は悔しさを胸に抱き、本当に怒り、新たな方向性を進むべきだと思います。
こんなことを書くと、憲法9条を改正し、軍備を増大にして中国に対抗することを言っているようですが、
私は、日本が軍事大国になることも反対で、日中で戦争が起これば、アジアは終わりだと思います。

中国に対抗するのは、軍備ではなく、経済面の方で、中国に頼りすぎる分野を見直し、野菜など食料自給率を本気で上げ、低工賃を求めて中国に委託する姿勢を改め、日本で物づくりをするという原点に戻すのです。
と言っても、日本人が安い賃金で肉体労働をすすんでやらないと思うので、中国以外のアジアなどの後進国の労働力を増やし、生産性を上げてゆくのです。

ここで肝心なのは、外国人の待遇です、都合のいい労働力として扱うと中国と変わらないので、人権など権利はちゃんと守り、移民としても快く、受け入れるのです。

少子化問題も外国人移民で多少は解消されると思うし、中国、北朝鮮以外(在日コリアンは別)のアジアで協力関係を深め、アジアで中国を精神的に孤立させるのです。

レア・アースも当面は不都合はあるでしょうが、中国からは輸入せず、カナダなどの国から輸入し、日本の技術で代替鉱物を製品化し、日本だけで賄えるように出来れば最高です。

中国は、日本を本気に怒らせ、寝た子を起こす結果になるように、今こそ頑張るべきだと思います。
だけど、日本に居る中国人を攻撃することは絶対に駄目です。
精神的にも肉体的にも在日中国人を傷つけことは中国と変わらないことをやっていることとなってしまうので、
日本人として誇りがあるならば、その点は絶対に守るべきです。
「やったら、やりかえす」は愚か者のすることです。

日本がやるべきことは、軍事力ではなく、中国に依存しないことです。
そして、世界に中国と付き合うとこんな酷い目に合うので、積極的に貿易をしないというメッセージを送ることです。

中国も貿易が出来なくなれば、国力は弱くなり、体制は傾くことになるでしょう。
兎に角、中国とは貿易はしないという方向性がいいと思います!
[PR]

by kurukurutomo | 2010-09-27 10:46
<< 怒りに任せず、ナショナリズムに... 中国と向き合うこれからの日本像! >>