リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本の中でカメルーンを応援する村とデンマークを応援する町

もうすぐ、南アフリカワールドカップが開催されますが、日本中の殆どの日本人が日本を代表を応援しているとは思いますが、大分県(旧)中津江村は、今回対戦するカメルーンを応援するみたいです。

カメルーンと中津江村は、テレビでもよく報道され、キャンプ入りするのが5日ほど遅れ、話題の代表チームでした。
だけど、村民との交流の中で心が通じ合い今でもカメルーンに対し、親しみを持ち続けているみたいです。
その交流の牽引者の一人でもある当時留学生だったカメルーン人の若者が、その後、交通事故で若くして亡くなり、よりいっそう絆が深くなったそうです。

一方、和歌山県和歌山市では、デンマークを応援しているらしく、和歌山県民とデンマークとの繋がりは、50年ほどまえの漁船転覆事故で、通りかかったデンマーク船が救助をしようとし、一人の日本人が海に落ちた時に、一人のデンマークの船員が助けようとして海に飛び込み、亡くなってしまったそうです。

その方の銅像も立てられるほど、和歌山の人々には、デンマークの人への思いが強かったそうです。
そして、日韓ワールドカップのキャンプ地になった時に、練習をすべて公開し、サイン会や少年サッカースクールなど、試合の調整で忙しい中、県民との交流に時間を割いたらしいのです。

そして、ある親子がサイン会で、サインがもらえず、宿舎に戻る選手を乗せたバスを自転車で追いかけ、それを知っていた監督や選手たちがランチの時間を中断し、みんなでボールにサインをしてあげたというエピソードがあったそうです。
その上、デンマーク代表が決勝トーナメントで、イングランドに負けて母国に帰る時に、直接帰国せずに、和歌山に戻ったそうです。

そういう事から、お互いの優しさに絆が深められ、今回のワールドカップで、デンマークも応援しようとしているそうです。

逆に、オランダのフェンローはロシアに移籍した後も本田を応援し、日本代表も応援してくれるみたいです。

スコットランドのセルティックもいまだに、中村俊輔を応援していて、ワールドカップに出れない自国の代わりに中村のいる日本を応援してくれるそうです。

ワールドカップはオリンピック同様に自国を応援する愛国心が盛り上がる大会ですが、人と人の暖かい交流により、心で繋がる絆を強めているようです。

試合は厳しい戦いですが、ワールドカップで、互いの国を認め合い、優しい心で接し合えるきっかけにして欲しいです。
[PR]

by kurukurutomo | 2010-05-23 23:25
<< 戦術も何も無い代表に、岡田監督... インテルミラノ、欧州の頂上に! >>