リストーラ久留島の言いたい放題


自分の歌の紹介、動物に対する思いや社会問題、スポーツなどについて語ります
by kurukurutomo
以前の記事
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
さようなら、パンダのコウ..
from 模糊の旅人ex
何やってんだ
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

WBCの変則トーナメントに文句を言う!

もうすぐ、WBCが始まりますが、この大会の1次トーナメントは、変則でトーナメントにする意味が私には分からないのです。

16の国が4つのトーナメントに別れるのですが、このトーナメントは、ソフトボールの変則トーナメントを参考にしたのか、それ以上の奇怪なトーナメントです。

参考:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/wbc/2009/data/tournament/round1_a.html

日本は、最初中国と戦い、勝てば、韓国と台湾の勝者と戦いそれに勝つと1次トーナメントの1位を決める最後の試合に臨めます。
初戦で負けた2チームが戦い、その勝者が、2試合目で負けたチームと戦い、その勝者が、最初に勝ち進んだチームと1位と2位をかけて戦うのです。

分かりやすく言うと敗者復活がすべてのチームに存在し、強いチームが、不運で負けても1次トーナメントの1位になれる可能性を作るという複雑なトーナメントです。

それに、この4つのトーナメントの国分けは、恐らくクジで決めたわけではなく、しかも、1次トーナメントの対戦相手も勝手に決められているのです。

日本は、幸いにも初戦は中国で、1位、2位になれば、メキシコシティラウンドの1位、2位とまた、トーナメントをするのです。
もしかすると、ライバルである韓国と対戦する事が無いかもしれないのです。

メキシコシティラウンドは、メキシコ、オーストラリア、キューバ、南アフリカの4カ国なので、最後の決勝トーナメントまでは、日本は、アメリカ、ベネズエラ、ドミニカ、プエルトリコという強豪とは、対戦しないのです。
上にあげたアメリカ大陸近辺の4カ国の半分は、対戦する事は無いのです。

前回のWBCでも日本は、2回も韓国に負けながら、優勝するという運の良さがありましたが、ルール上は、立派な世界1と言えますが、何か、納得しがたいところがあります。

それに、WBCが、他のスポーツのワールドカップと同様に威厳のある大会ならば、有利、不利な条件は無く、フェアーなルールをつくるべきだと思います。

確か、前回も日本で1次ラウンドをしたと思うし、今回も1次ラウンドは、日本でするのは、フェアーでは無いと思います。
これが、前回も、今回も韓国で1次ラウンドをやるとしたら、スポーツ番組で、そのアンフェアーなルールに対し、文句を言うと思うのです。

日本が、有利になるなら、それでいいじゃないかと言うかもしれませんが、やっぱり、同条件下で、見事に優勝してくれた方が、絶対に嬉しいと思うのです。

せめて、シード国を決め、抽選で、国をグループ分けし、総当り戦を行い、上位2チームが次のトーナメントへ進み、勝ち上がった国が、単純に優勝とすれば、すべての人が納得すると思うのです。

こんな、観方をするのは、日本人で私だけでしょうか?

野球が、世界でメジャーなスポーツになるには、色んな弊害があるでしょうが、オリンピックの競技に復活させるには、そんなところも考えてゆかないといけないと私は思います。
【追加分】
昨日の日本の勝利に水をさすようだが、ダルビッシュの投球数が、50球未満という事で、中1日あれば、明日の試合に投げれるそうです。何か、変なルールをつくるけど、今日の韓国と台湾の投手は、このルールからみると、50球未満の投球数でも明日は、投げれないということになりますよね。
なんで、昨日に試合日程を組まなかったのか不思議です。
こんな不平等な大会になった裏には、やはり、お金を多く出している国への配慮があるのでしょうか?
[PR]

by kurukurutomo | 2009-03-04 23:37
<< お金の為では無く、国民の為の政... 有能な経営者とは... >>